イノシシで大怪我の事故が発生


茨城県でイノシシに襲われた男性が指を切断する大怪我を負いました。

70歳男性イノシシに襲われ指切断

2018年1月28日

茨城県つくば市沼田のサイクリングロード「つくば霞ケ浦りんりんロード」で28日、利用者ら2人が相次いでイノシシに襲われ、けがをした。イノシシが同一かどうかは不明。つくば北署はパトカーで周辺住民に注意を呼び掛けた。

署によると、午前10時半ごろ、自転車の同市国松の男性(70)が後ろからイノシシ(体長約1メートル)に襲われた。降車して逃げようとしたがもみ合いになり、右手の親指をかまれて切断するなどの重傷を負った。

約40分後には付近を散歩していた同市筑波のパート従業員の女性(73)も似たような体形のイノシシに襲われ、右手の薬指をかまれた。いずれも、イノシシは逃走した。

イノシシの事故は、噛まれる怪我が多いという特徴があります。

過去のイノシシ被害のニュースでも、多くの被害で手や足を噛まれています。

イノシシの象徴的なあの牙は伊達ではありません。噛む能力に特化しているからこそあの特徴的な牙があるといえるでしょう。

そして、真っ直ぐ生えずに後退した角度で生えている牙は、一度噛んで獲物を貫通すると、そう易々と獲物を逃さないような構造となっています。

噛む力も相当なものと推測します。

野生動物ではとかくクマ対策ばかりに目を向けがちですが、イノシシでも過去に襲われた人が死亡した例もあるほど危険な存在です。

イノシシは足も速く、敵意を感じれば動いているものに突進します。仮に自転車に乗っていても安心はできません。

環境省事前環境局によると、平成27年の時点でのイノシシの全国個体数はおよそ94万頭です。これと比較して、2000年以降のツキノワグマの個体数は約1.5万頭。ざっくりですし、生息個体数については正確性に疑問も残るのですが、それでもおよそツキノワグマの60倍以上のイノシシがいると考えることができます。

これは決して軽視できない数字です。

イノシシは危険です。そして日本全国広範囲に生息しています。

万一の遭遇や襲撃にしっかりと備えておくことが大切です。

イノシシも撃退できる当店の熊撃退スプレーはこちら


注意!リチウム電池のスタンガンを持ってませんか?


爆発するリチウム電池

中国でリチウム電池が爆発する様子が公開されました。

なんだか驚きを持って伝えられたようですが、これは当たり前です。珍しくもなんともありません。

リチウム電池とうものはこういうものなのです。

公開された動画はこちら。

少し噛んだだけでこの爆発。反応すれば爆発すら起こす。これがリチウム電池です。 続きを読む


通り魔的な事件が続いてます


通り魔的な事件が連続しています。

こういう事件って、犯行自体が報道に影響されるのか、それとも偶然に過ぎないのか、やたら続いて発生したりします。

通り魔に気を付けるといっても難しいのですが、注意するに超したことはありません。

外出時は周囲には特別に気を配ったり、不審な悲鳴や物音などを聞いたらすぐに離れる、見に行かない、といった防犯の基本を普段から心がけておきましょう。


【Q&A】充電式スタンガンの充電方法は?


当店の充電式電池対応スタンガンは、充電式電池とアルカリ乾電池との併用が可能で、どちらの電池でも使用できます。

そのため、スタンガンには充電式電池でも、アルカリ乾電池でもどちらでも入れることができます。また、充電式電池を2セット用意すれば、充電中にも別の電池でスタンガンの運用が可能です。

充電の際には充電式電池をスタンガンから取り出し、専用の充電器で充電してください。

= 豆知識 =

充電式スタンガンの中には充電用電池が内蔵されていて、充電器を直接スタンガンに接続して充電するものも存在します。でも、これだと外出先で電池が切れたときや、充電中にはスタンガンが使用できません。

当店の充電式電池対応スタンガンは、電池を外して電池単体を充電するタイプです。そのため電池が充電中でも他の電池を使用しての運用が可能です。また、外出先などで電池が切れた場合には市販のアルカリ電池でも運用できます。


ボウガンとか規制したほうがいいんじゃないの?


爪楊枝ボウガンで従業員を暴行したという事件が起きました。

従業員の顔につまようじボウガン…度々暴行

2018年1月12日 00:29

小型ながら缶に穴を開けるほどの威力がある、手のひらサイズでつまようじを使うボウガンなどで、焼き肉店の経営者らが従業員に暴行をくり返していたことがわかった。

焼き肉店を経営する向井正男容疑者(42)、妻の岬容疑者(26)、焼き肉店の店長を務める御園生裕貴容疑者(25)の3人による、むごい暴行の数々が明らかになった。

被害者は焼き肉店の男性従業員(35)で、去年7月から約3か月にわたり暴行を受けていたという。

事件が起きた大阪・泉大津市の焼き肉店は車通りの多い道路に面していて、店前では被害者の男性が暴行される様子が周辺の住民に目撃されていたという。

去年7月の早朝、向井容疑者と妻の岬容疑者の2人は、男性の顔に角材をつきつけると、「わかってんのか」と語気を強め、角材で、顔を十数回殴打。さらに去年10月の未明、今度は御園生容疑者を加えた3人で、被害者の両手首を針金で縛ると、鼻の中にティッシュを押し込み、ライターで火をつけたという。

暴行について、岬容疑者は、「角材で背中や足などを殴ったことはありますが、顔は殴っていない」と一部否認。向井容疑者と御園生容疑者は容疑を認めている。

そして向井容疑者と御園生容疑者は、男性に対する別の暴行の罪でも起訴されている。10センチほどの大きさの「つまようじボウガン」で、男性の顔に数十本のつまようじを刺したという。

「つまようじボウガン」は、去年、中国で流行。当初は、店頭やインターネットで購入できたが、中国当局が危険性を問題視。現在は販売が禁止されている。

大阪府警の鑑定では、凶器となったボウガンは時速100キロほどの威力で発射されたという。中国の場合、公安当局は、販売が禁止される前に購入したものを所持することは問題はないが、使用してけがをした場合、傷害事件として取り締まるとしている。

向井容疑者らの携帯電話には、男性の顔につまようじが刺さった画像などが保存されていた。つまようじボウガンについては、「スマホの通販サイトで買った」と供述している。

一方、被害者の男性は「ラジオペンチで歯を抜かれた」と、ほかの暴行についても話しているという。

出典:http://www.news24.jp/articles/2018/01/12/07382718.html

移動する物体のエネルギー、破壊力というものは、移動速度で決まります。爪楊枝とはいえ、高速で射出すればとんでもない凶器。目に刺されば失明の危険もあるし、大きな血管に刺さったり、重要な神経に刺さっても恐ろしいことになるかもしれません。

そもそも、ネットで盛んに販売されているボウガンやコンパウンドボウは、鹿を殺すほどの威力があります。もちろん人も殺せます。

こんな危険なものが、なぜ販売が許されているのか本当に謎です。

いったい何に使うのか?まったくわかりません。

エアーガンですら威力のあるものは法律で年齢制限(18歳以上)が設けられています。

エアーガンの比ではないくらいの殺傷力をもつボウガンが、なぜ全く規制無しなの?

いつもボウガンなどで事件が起きるたび、こういったことをグルグル考えてしまいます。


買う立場から見たスタンガンの判断ポイント


スタンガンという普段慣れていない護身用品は、選び方が大変ですよね。

メーカーもよくわからないし、どこをどう見たらちゃんとしたスタンガンが買えるのか。

今回は、もし私がスタンガンを買う立場だとしたら、いったいどういった部分を重視し、判断材料にしていくべきなのかを考えてみます。 続きを読む


遠近両用メガネデビューしたのはいいけど


遠近両用メガネ

最近手元が見づらくなってきて、眼科に行って処方をもらい、眼鏡屋さんでメガネを作った。

今まで裸眼だったので、これが本格的なメガネデビューです。

近くも見たい、パソコンのモニターも見たいって言ったら、眼鏡屋さんが勧めてきたのがこの遠近両用タイプ。

視界でいうところの、中央から上にかけての範囲が度数が弱く、視界下部分はしっかり老眼鏡になってる。

でもこれ、ゆがみ、ぼやけがハンパない。

ちゃんと眼科で測定して、それに合ったメガネのはずなのに、パソコンのモニターなんか裸眼ではくっきりなのに、メガネをすると中心部以外がぼやけて見える。

これってこのまま掛けてたら慣れるものなのか、眼鏡屋さんで手直ししてもらうべきものなのか、全然わかりません。

うーん、どうしよう。

数日使ってみて、それでも違和感が解消されなければ、来週にでも眼鏡屋さんに相談してみることにします。

生まれてこのかた裸眼で過ごしてきたのもあるのか、視界の異物感がすごいなあメガネ。

早く慣れることを期待しつつ、頑張ってみます(^_^;)


お求めやすく!熊撃退スプレー正式値下げのお知らせ


これまで期間限定の特別値下げとお知らせしてきました熊撃退スプレーB-609B-610ですが、期間限定ではなく正式に販売価格の値下げを決定しましたのでお知らせします。

熊撃退スプレーは熊に留まらず、イノシシ、野犬、猿、鹿、猫などあらゆる動物の撃退が可能です。

熊は現在冬眠の季節ですが、春先には活動を開始し、毎年日本各地に被害を及ぼします。大きな事故になる前に、熊撃退スプレーを備えましょう。

※北海道にだけ生息が確認されているエゾヒグマには、当店の熊撃退スプレーは使用できませんのでご注意ください。

熊撃退スプレーはこちら


年賀状が差し戻された(郵便局の失態)


昨年の年末、いろいろバタバタしながらなんとか出した年賀状だけど、そのうち一つが差し戻されてきた。

あれ、住所も宛名も合ってるのに、なんでだろう?

どうしても原因がわからず、差し戻した郵便局に確認をとった。

すると、

「住所、宛名とも間違いありません。私どもの配達ミスです。もう一度郵便局に持ってきてください。配達しますので。」

は?意味がわからない。

普通に配達できる住所なのに、それを配達もせずに、しかも差し戻しに1週間もかかってるし。

もうお正月終わってんですけど。。。

ということで郵便局に持って行きました。

これだから郵便局は・・・(以下省略)

年賀状だから、元旦か、せいぜい1月7日までには届かないと、出してないって思われるよ。

まったくもう・・。

 

実は郵便にはこれまで何度か痛い目に遭っていて、過去にサラリーマンをしてた頃は、郵便が届かないといった事が数回ありました。大事な書類なのに届かない。

それからというもの、大事な書類は送料がかかっても佐川やヤマト運輸で宅配便を使って送るようになりました。

その流れから、独立後に大事な手紙を佐川急便で送ったことがあって、それはそれで取引先から失礼などと指摘された事もあり、物を失礼なく確実に送るのって、そのさじ加減は難しいものなんです。

 

今回の年賀状、多分相手先に届くのは10日か11日になると思う。

せめて郵便局が事情を説明しお詫びしてくれたらいいんだけど、天下の郵便局だし、そんなことしないだろなあ。

なんだか切ない年賀状の差し戻しでした。


2017年12月度 KSP人気護身用品ランキング公開


2017年12月度人気護身用品ランキング12月度の護身用品人気ランキングBEST5を公開しました!

護身用品人気ランキングは、護身用品専門店KSPが、毎月の実際の護身用品販売実績からランキングした、正真正銘の人気ランキングです。

当店のランキングは、巷で言われているような「ショップが売りたい商品を勝手に並べただけ」のランキングとは訳が違います。

実際に販売した護身用品を集計し、ランキングしているため、その月の社会情勢や出来事なども色濃く反映されます。

そのため、人気商品の順位は毎月変化しますし、一番人気の商品が長期欠品すれば、あっという間に圏外に落ちたりします。

当店の人気ランキングこそが、今日本で売れている護身用品のランキングと思って間違いありません。

護身用品には沢山の種類やタイプがあり、とても迷う方もいると思います。護身用品ご購入の際には、是非当店の最新人気ランキングも参考にしてみてください。

12月度のKSP護身用品人気ランキングBEST5 続きを読む