週刊SPA!に掲載されました


週刊SPA!

当店が週刊SPA!に掲載されました。

掲載されたのは7月10日発売の週刊SPA!7月17日・24日合併号です。

同誌の「危険人物」対策マニュアル内で、最も使える護身用品は?というタイトルで、当店の取材内容と推奨する護身用品が掲載されています。

※もちろんこれは広告ではなく正式な記事です。(記事っぽい有料広告を、さも雑誌に載ったと宣伝するショップもあるので念のため)

週刊SPA!からは正式に取材の申し入れがあり、ギャラも頂いております。

しかし、この「危険人物」対策マニュアルは、全体としては護身術の紹介のような構成で。。

そもそもは新幹線3人殺傷事件の発生がきっかけで今回の特集が組まれたはずなのですが、果たして護身術で誰もが皆、本気で刃物を持った凶器じみた相手に対処できると思っているのか?疑問すぎる。

内容の中で唯一賛同できるとすれば、カバンなど何でもいいので盾として使用して、相手の刃物から身を守るとう内容くらいです。

護身術なんて聞こえはいいし、本当にプロレベルに会得し、精神面でも刃物を持った相手に素手で立ち向かえるほど訓練すれば、もしかしたら怪我を負いながらも対処できるものかもしれません。

でも、現実は絶対にそんなにうまくはいかないと断言できます。

雑誌でも紹介されていますが、やはり刃物を持った相手に対処するときは、離れた位置から反撃できる唯一の護身用品である催涙スプレーしかありません。この一言に尽きます。

カバンやバッグを体の前に抱いて盾にする、そして催涙スプレーを浴びせる。これが最も現実的です。催涙スプレーを浴びせさえすれば、相手は1時間以上は立ち上がることすら出来ず、どんなに興奮状態にあろうとも、身動きできなくなります。催涙スプレーは誰でも簡単に、十分以上の効力を発揮でき、安全な距離で対処できる唯一の護身用品です。

新幹線や船など密室での自己防衛については、以下の記事でも詳しく説明しています。

新幹線3人殺傷事件について考える

今回の週刊SPA!の特集は、凶悪事件が頻発する昨今では、広く注意を喚起する意味ではとても貴重だと思います。

しかし、雑誌はあくまで1次的な情報源としてとらえ、興味を持ったときはさらに自分なりに良く調べ考えていく、そういった意識をしっかり持つようにしましょう。

 

当店の催涙スプレーはこちらです。

催涙スプレー


災害に便乗した犯罪にはくれぐれも注意を!


西日本豪雨の被災地で、被災者を狙った犯罪が発生したようです。被災地のコンビニATMが狙われました。

男ら3人を逮捕 豪雨被害のコンビニで窃盗未遂

 今回の豪雨で被災した岡山県内のコンビニエンスストアから現金を盗もうとしたとして、男ら3人が逮捕されました。

 窃盗未遂や建造物侵入の疑いで逮捕された岡山県倉敷市の建設業・杉本一史容疑者(22)と19歳の少年2人は、9日午前11時半から10日午前4時ごろまでの間に岡山県高梁市のコンビニに侵入し、店にあったATMをこじ開けて現金を盗もうとした疑いです。このコンビニは豪雨による浸水被害で店を閉めていて、当時は無人でした。警備会社からの110番通報で事件が発覚したもので、調べに対して少年2人は容疑を認め、杉本容疑者は「事実と違う」と否認しています。

出典:テレ朝ニュース

東日本大震災でもそうでしたが、大きな災害の後には必ず被災者を狙った犯罪が発生します。

ただでさえ災害で大きな痛手を受けた被災者から、追い打ちをかけるように窃盗を行うこのような犯罪は許せません。

犯罪者は善悪の観念がありませんし、良心の欠けらもありません。洪水や津波、原発事故などで被災者が避難をすると、今がチャンスとばかりに空き巣を働きます。特に大きな災害の後は通信網や交通網も寸断され、110番が機能しなくなることがあります。こういった社会の弱みにつけ込むのが災害時の犯罪者たちです。

東日本大震災では、マスコミは災害の被害ばかりを取り上げました。しかし、その裏では治安の急速な悪化があり、沢山の被災者の方々が自己防衛のために護身用品を購入されました。送り先が避難所というケースが多く、輸送のインフラも破壊されていたため、配送や受け取りも混乱しました。しかし、自然だけでなく人までもが危害を加えてくるという窮地に置かれたお客様のため、必死に配送対応をしました。このとき、当店では通常の10倍を超える注文が長期間に渡り殺到しました。

東北被災地からの注文次々(当時の当店のブログ記事)

大震災によって発生した停電すら、犯罪者は利用します。

注意!停電(災害)に便乗し女子学生に暴行した事件が発生

被災地や避難後の住宅・店舗の窃盗、暴行行為、防犯カメラが機能していないことの悪用、100番通報の無効化を利用した犯罪、さらには被災者を語るオレオレ詐欺、災害見舞金給付詐欺、家宅の修理点検を装う訪問販売詐欺など、思わず感心してしまうほど犯罪者はありとあらゆる弱みにつけ込んで来ます。

今回の西日本豪雨では、九州から四国・関西まで広範囲に渡り甚大な被害をもたらしました。未だ主要交通インフラも回復せず、被災地では復興どころか必死の生存者の捜索が続いています。このような状況ですら、犯罪者は着々とチャンスを伺っているはずです。

災害で気持ちに余裕が無くなり、正しい判断力も鈍ることと思います。しかし、ここで犯罪の被害に遭えばさらにダメージを受けることになります。被災者の皆さんはくれぐれもご注意ください。

 

護身用品専門店KSP 店長 白石

 


西日本豪雨被害の影響で配達遅延が発生


大雨被害

西日本の各地で豪雨による土砂災害が発生した。写真は広島市安芸区

西日本各地に被害を与えた記録的な豪雨で、9日までに死者の数は90人を超え、安否不明の人も50人を超すなど、被害者の数が増え続けている。

気象庁は数十年に一度の重大な災害が予想される「大雨特別警報」を6日から8日にかけて、計11府県に出した。気象庁は、6日に福岡県、佐賀県、長崎県に大雨特別警報を発表した後の記者会見で、「これまでに経験したことのないような大雨となっている。重大な危険が差し迫った異常事態。砂崩れや浸水による重大な災害がすでに発生していてもおかしくない状況」と警戒を呼びかけていた。

出典:BBC

今回の記録的大雨の影響で、発送した荷物の配達遅延が発生しています。

当店は配送に佐川急便を使用していますが、佐川急便に現在の状況を確認したところ、拠点間の運送に使用している高速道路に問題はなく、荷物の輸送は出来ているとのことです。しかし、大雨の最中に遅延、保留した荷物が大量にあるらしく、その影響で通常の配達予定日にプラスして4日から最大7日程度の遅延が発生していること回答でした。

当店から発送した荷物も輸送はされますが、配達自体は通常のお届け予定よりも最大1週間ほど遅延する可能性がありますので予めご了承ください。

この遅れは徐々に快方に向かっているようですが、実際に大雨で大きな被害を受けたエリアでは、その他のエリアよりも遅延の影響が長く残る恐れもあります。この点もご了承ください。

それにしても日本がこんなに水害に弱いとは思ってもみませんでした。

たかが雨と思わずに、警報や勧告にはしっかりと対応し、早めの避難対応が大切ですね。


メカニカルロックアルミ特殊警棒H-202B入荷しました ご注文はお早めに


メカニカルロックアルミ特殊警棒H-202B

大変お待たせしました!

人気のメカニカルロックアルミ特殊警棒H-202Bが本日入荷しました。

予約いただいていたお客様へは順次発送いたします。

ホームページでは欠品を解除し、注文できる状態になっています。

入荷数量が少ないので、ご注文はお早めに!

H-202Bのページはこちら


Yahoo!ニュースに掲載されました


Yahoo!ニュース

先日の共同通信から受けた取材について、その記事が公開されました。

タイトルは「外出時の護身用品って必要?不要? 携帯時に注意することは・・・」です。

記事では、現在どれくらいの日本人が護身用品に関心を持っているのか、実際のアンケートを基に数値として公開しながら護身用品について考察されています。

文中で、護身用品の専門家として私(白石)への取材内容が盛り込まれています。

このようにニュース配信元から取材を受けることは大変光栄ですし、社会が護身用品に関心を示している事実を大変嬉しく思います。

記事は各社ニュースサイトで公開されました。興味のある方は是非ご覧ください(^-^)

 

共同通信社 OVO(オーヴォ)

共同通信社

ヤフーニュース

Yahoo!ニュース

livedoorニュース

livedoorニュース

exciteニュース

exciteニュース

biglobeニュース

biglobeニュース

so-netニュース

so-net

gooニュース

gooニュース

docomoニュース

docomoニュース

infoseek.ニュース

infoseek


共同通信の取材をうけました


共同通信

共同通信の取材をうけました。

取材の主題は新幹線3人殺傷事件と護身用品についてでした。

通り魔事件のこと、その他の日常的な危険について、護身用品の役割や欠点、法律面のことなど、多岐に渡る内容でした。

自分で自分の身を最低限守るという中で、護身用品が注目されています。

作成される記事には、私の名前と護身用品専門店KSPの名前も掲載するそうです。

共同通信で記事になると、Yahoo!ニュースなど大手ニュースサイトにも掲載される可能性があるので楽しみです。

公開されたら記事のURLを連絡もらえるので、改めてこのブログで紹介したいと思います。