山菜、タケノコ・・・皆さん熊に気を付けて(>_<)


今日も熊のニュースです。

タケノコ採り自粛を 去年クマに襲われ4人死亡の秋田 鹿角市

5月18日 13時02分

去年タケノコ採りに来た人が相次いでクマに襲われ4人が死亡した秋田県鹿角市の山林の近くで被害から1年になるのを前に、警察が検問を行ってクマへの注意を呼びかけました。

青森との県境に近い秋田県鹿角市の山林では去年の5月から6月にかけて、タケノコ採りに来た男女4人が相次いでクマに襲われて死亡し、警察が今もタケノコ採りなどの自粛を求めています。

最初の被害から1年になるのを前に、18日朝秋田県と青森県の警察が山林に通じる道路で検問を行ってクマへの注意を呼びかけました。1台1台車を止めては行き先を尋ね、ほとんどの人は通勤の途中でしたが、山菜採りに来た人がいると、山に入らないよう声をかけていました。

北秋田市の66歳の女性は「10年近くこの場所に山菜採りに来ていたので、ことしもつい来てしまった」と話していました。

警察が17日現場の周辺をヘリコプターから見たところ、クマ1頭がいるのが確認されたということです。

鹿角警察署の高橋俊之地域課長は「検問では山菜採りの人をほとんど見かけず、これまでの呼びかけに一定の効果があったと思う。周辺が危険なのは変わらないので今後も入らないでほしい」と話していました。

警察によりますと、秋田県内では、ことしに入って17日までにクマを目撃したという情報は、去年の同じ時期より7件少ない45件だということです。

NHK NEWS WEB

去年発生した痛ましい熊による死亡事件から1年が経ちました。それでもあの時の受けた衝撃は少しも薄れていません。

熊に襲われても、瞬時に殺されるわけではないはずです。他の熊被害ニュースなどでは、ひっかかれたり、かみつかれたり、数十メートル引きずられたりしていますが、それでも生還しています。この死亡事件の被害者が、もし十分に熊を警戒し、万一の時のために熊スプレーを携行していれば、助かる可能性はあったはずです。

何度考えても、それが悔やまれてなりません。

みなさん本当に、山菜、タケノコ取りには気を付けてください(>_<)


メールの件名に付いた”[Virus Error] “(ついでにウイルス感染予防の簡単な方法2つ)


KSPでは、ホームページからの注文をサーバーからメールで通知をうけてますが、今日の注文メールの中に、件名の先頭に[Virus Error]と挿入されたものがありました。Virus Errorとは直訳するとウイルスエラー。そうあの怖いウイルスでエラーだよってことみたい。

つい数日前まで新しいPC乗っ取り型ウイルスが世間を騒がせていたし、でもKSPのホームページのサーバーから自動送信されるメールにウイルスなんか付いているわけないし、とても不思議。

そこで、その理由を探してみたけどほぼ情報がない状態で、その中で唯一の情報は海外のページでした。

その内容を見てみると、どうやらappleのサポート系ページらしい。読み進めていくと、

  • 政府機関から来たメールの件名にも[Virus Error]が挿入されていた
  • amazonで買い物をしたらamazonから来たメールの件名に[Virus Error]が挿入されていた
  • [Virus Error]の件名への挿入はicloudメール(appleのメールサービス)の機能らしい
  • appleに問い合わせたが「心配し過ぎなくて良い」という回答だった

などなど・・多少の情報は得られました。

皆さんのメール、特にiPhoneやmacで使用しているドメインが「me.com」や「icloud.com」のメールはいかがですか?これらのメールはicloudメールサーバーを経由してるから、もしかしたらしばらくの間はappleのウイルス判定の誤動作で[Virus Error]という文字がメール件名に挿入されてくるかもです。

この[Virus Error]を消したり、このメールはウイルスではないと設定して今後は表示されないようにしたり、そういった手段は今のところ無いようです。少なくとも当店からのメールについては、ウイルスの心配は一切ありませんのでご安心くださいね。

ではではここで最後に、もはや常識ともいえるウイルスメールに感染しないとっておきの方法を。知っている人は「当たり前だろ(笑)」って笑わず優しい眼差しで読んでください。だって未だにウイルスに感染しては情報を漏らしてしまう官公庁や企業が多過ぎなので(苦笑)

 

メールウイルスに感染しないコツ

1、メールに添付されている添付ファイルは安全でない限り開かない

2、メール本文にある不審なURLは開かない

以上、この2つ。なんて簡単。これがなんで出来ないのか逆に不思議。

1の添付ファイルについて

拡張子が.exeのファイル(インストールなど単体で実行するwindows用のファイルは拡張子がexe)は十分に警戒してください。というか、今どきexeファイルを添付してくるなんて、自分がウイルスメールだってことを宣伝しているようなもの。ほぼ「開かない」の対処でOKです。なお、添付ファイルさえ開かなければメールを開いたところで問題はありません。さっさとゴミ箱にポイしましょう。

もう一つ注意なのは.xlsなどのExcelファイルですね。こちらは開こうとするとExcelが起動してファイルを開こうとしますが、問題なのはExcelファイルに仕込まれたマクロというプログラム機能。ただし、Excelもバカではないのでマクロを含むExcelファイルを開くときは「マクロを含んだファイルだけど本当に開いていい?」って聞いてくれるから、そこでOKを押さなければ大丈夫。なのでこちらもよほど安全が確認できないかぎりゴミ箱にポイしましょう。

2の不審なURLについて

そもそも身に覚えのないメールが送られてくる場合、そのメールには良くない意図が必ずあると思ってください。友達を装ったり(携帯無くしちゃってメアド変えたんだっ。連絡先登録してね♪みたいな怪しすぎるメール)、さも本物っぽい件名と本文(あなたの銀行口座から出金がありました、至急ご確認ください。などなど)で、銀行や大手企業に成りすます場合もあります。こういったメールの最大の目的は、悪意をもったサイトを開かせること。なので本文のどこかに必ずここをクリックしろみたいなリンクがあります。それを絶対に開かないこと。メール内のリンクURLはインターネット上のWEBページ内リンクのように誰かが責任を持って表示しているものではありません。そのことを忘れずに、開く必要があるときはURLをしっかりと読み、調べ、信頼できると確信できるまで開かないようにしましょう。特に、来る予定もないメールであり、差出人も記憶になく、リンクを促すような内容の場合は、詳しい知人に相談するかゴミ箱にポイしてください。

ウイルスは恐れず冷静に、そして基本はゴミ箱にポイ

ウイルスという言葉と怖さばかりが先行し、インターネットに不慣れな方にとっては神経質になってしまう世の中です。特にmacと違ってwindowsは攻撃するウイルスが桁違いに多く、大変だと思います。ウイルス対策ソフトなど自動的に守ってくれる対策も、windowsマシンには必須です。

でも、実際問題として一番多い感染経路は、ユーザーが自分の指でマウスのボタンを押し、何かを開き、自ら感染してしまうという行動です。そういったトラブルを避けるためには先ほどの2つの対策が効果てきめんです。

さあ皆さん、ウイルスを怖がりすぎず、世界一楽しく便利なインターネットを存分に活用しましょう。そして、「あれ?と思ったらゴミ箱にポイ」だけは決して忘れず記憶の隅に置いておいてください。


護身用品の存在価値


護身用品って具体的にどういうものだと思いますか?

護身用品は、誰でも自分だけの力で相手を撃退し、自分自身を守ることができるグッズです。

一般的には防犯用品と混同されがちですが、実際には防犯用品という広いジャンルの中の、自分自身を守る道具という分野を指します。

例えば、防犯用品として有名なのが防犯カメラや防犯ブザーなど。だれでも知っている防犯用品ですね。

でもよく考えてみると、防犯カメラで犯人を撃退できるでしょうか?

防犯ブザーも同じです。防犯ブザーの音だけで、相手を確実に撃退できる保証はありません。

大きな事件、特に犯人が「捕まってもいい、死刑になりたい」など常軌を逸した考えで犯行に及んでいる場合、ただその場を撮影する防犯カメラに犯人を撃退する能力はありません。

防犯ブザーも同様で、音がしたからといって、凶器を振り下ろす犯人にはなんの抵抗にもなりません。

防犯用品は、決して無駄ではありまえせんし、犯罪抑止効果があるのも事実です。防犯用品にはそれなりの役割と効果があり、生活の安全性を高めるためには有効です。

世間で頻発している犯罪被害から身を守るために、私たちが考えないといけないことは、どうやって生活の安全性を高めるかです。そして、安全対策というものは、何か一つで解決するものではなく。様々な手段や対策の積み重ねによって高めていくものです。

複数の様々な防犯対策を講じ、それによって安全性がより高まるということです。

例えば家や店舗、事務所の防犯であれば、基本はやはり侵入防止でしょう。

  • 周囲の塀を越えにくいものにする(現在は塀のない敷地が流行っているみたいですが、防犯面から見るとまったくナンセンス!)
  • 窓に割れにくい対策をしたり窓に格子をいれる(防災の側面から考えると窓は重要な避難経路なので注意!)
  • セコムなどセキュリティ会社のサービスを受ける(ただし警報の発報から警備員の到着までは数十分かかりますので過信は禁物!)
  • 2重カギやピッキング防止カバーなどセキュリティ性の高いカギにする
  • 庭は防犯砂利にする(こっそり歩いてもすごい音!)
  • 番犬を飼う

などなど、これ以外にも侵入を防止する防犯用品は沢山あります。

また、意識の持ち方も防犯にとって大切です。これを防犯意識といいます。

  • 窓を開けたまま寝ない
  • 出かけるときは施錠をよく確認する
  • 昼夜を問わず人気のない場所を歩くときは周囲に注意する
  • 近道だからと人がいない公園を通り抜けない
  • 夜間の外出は控える
  • 通勤や通学は、毎日のルートや時間帯のパターン化を避ける(待ち伏せ対策)
  • 請求書や利用明細など個人情報が載っているものは細かくやぶいて捨てる(ゴミは変質者によって個人情報の宝庫です)
  • 郵便受けに郵便物を溢れさせない、郵便受けは施錠する(同じく個人情報を守る)

簡単に書き出してもこれくらいありますが、防犯意識の向上においても、まだまだ沢山あります。

このように、防犯には防犯用品の活用、防犯意識の向上などを重ねていき、生活の安全を向上させていきますが、どのような対策をして、意識を持っていても、犯罪は100%防げるものではありません。安心は禁物です。

例えばDV。加害者が同じ家に住んでいる場合では、防犯用品における侵入防止の対策は全て無意味になります。

世の中には沢山の防犯対策がありますが、同じように無数の犯罪形態があり、その全てに対処するのは困難です。

そして、侵入防止策を破られ、しっかりとした防犯意識を持っていたにも関わらず、犯罪の被害に遭う可能性は誰にでも存在します。

傷害や殺人など、最悪の結末を迎えるとき、結局のところ自分と犯人は1体1で対峙しており、その時点では一般的な防犯用品はすべて約に立ちません。

その最後の瞬間にこそ役に立つのが、だれでも自分だけの力で相手を撃退できる「護身用品」なのです。護身用催涙スプレーや護身用スタンガンはそのために存在します。

最後の最後に、私たちが命を守るために反撃できる唯一の手段が護身用品なのです。

護身用品は防犯用品と相反するものでもありませんし、どちらかに偏った対策では生活の安全性は大きく低下します。

十分な防犯対策と防犯意識を持ち、最後の手段として護身用品を備える。こうすることで生活の安全性は大幅に向上します。

世間を騒がせる様々な凶悪事件において、現在のところ誰一人として護身用品で対抗していません。そして最悪の場合は無残な最期を迎えています。本当に悔しくてなりません。

防犯について考えるときは、最後の手段があるのか、追い詰められて命の危険を感じたときに、犯人と対峙したときにどうすべきなのか、そういった最悪のシナリオを考え、最後の手段としての護身用品の有用性をしっかりと理解し、役立ててください。


熊被害が急増 くれぐれもご注意を


季節も春となり、熊の被害が増える季節になりました。

今年は昨年にも増して熊に襲われる被害が増えているようです。

2017/05/14 山菜採りの男性 クマに襲われる 阿賀町

2017/05/07 クマにかまれ男性重傷 南会津の山林で猟友会メンバー

2017/05/07 宮城、岩手でクマ被害相次ぐ 2人けが

2017/05/07 クマに襲われ男性重傷 県内人身被害は今年初、大仙市協和

2017/05/03 クマに襲われ男性けが 会津美里、山菜採りで2頭に遭遇

2017/04/26 別のクマ目撃情報 高山の住宅街

皆さん、くれぐれも熊や猪にはご注意を。


宅配業者の再配達の負担と思いやり


皆さんご存じの通り、今宅配業者は過酷な配達業務でギブアップ寸前の状態に追い込まれています。

ニュースなどではよくヤマト運輸(クロネコヤマト)が話題になっていますが、佐川急便も例外ではありません。

ニュースでは、宅配業者の配達数のうち半数近くが「再配達」なのだそうです。指定通りの住所に、指定通りの時間帯に配達しても留守で、荷物を持ち戻り、後日に改めて配達するわけですね。

留守で荷物を受け取れないという場合、受取人さまそれぞれにも様々な事情があり、避けようがない場合もあるとは思います。

しかし、ニュースではアンケート調査をした不在の理由のなかで、驚くことに「テレビドラマを見てたいから」とか「すっぴんだから」、「部屋着だから」といった理由で居留守を使う場合があるとのこと。愕然としました。

みなさん、こういった居留守の理由をどう思いますか?

いま、日本の宅配業者はうなぎ登りの荷物量の中で悲鳴をあげています。

料金を受けとって荷物の配送をしているのだから苦労して当然ですか?

こっちはお客様だから、再配達の1度や2度は当然受ける権利のあるサービスだと思いますか?

もう一度よく思い直してみませんか?

宅配便は、間違いなく日本の経済と私たちの便利な生活を支えてる物流の土台です。

当たり前のように利用している宅配便ですが、そのサービスがなくなったらどれだけ困るでしょう。

一つ届いた荷物には、その荷物が届くまでの沢山の人たちの汗と努力がつまっています。

有料のサービスで、料金を払う以上、私たちはそのサービスをうける権利があります。でも、それを当たり前と思ってしまうのは少し違和感があると思うのです。

私自身が日頃から、宅配便業者の負担軽減のために微力ながら実践していることがあります。

これです。

  • 出来るだけ宅配ボックスを指定する
  • 多少待ち時間があっても荷物は1回目の配達受け取る
  • 配達日がわかっていてやむを得ず不在になる場合にはあらかじめ宅配業者に連絡する

シンプルなたった3つの努力です。この努力が目標とするものは、再配達をさせないということです。これをみんなで実践すれば、きっと宅配業者は今以上に負担が軽減され、時間帯配達の遅れが減ったり、料金がもっと安くなったり、いろいろと私たちに対しても良い結果が生まれるはずです。

注文した荷物が届くわくわく感を忘れずに、これからも利用量がますます増える宅配便ですから、利用する私たちにもできる事を実践していきませんか?

是非皆さんも、スムーズな物流の維持のため、ご協力をお願いいたします。


ホームページのアドレスを変更しました


KSPのホームページのアドレスを変更しました。

(旧URL)http://www.s-web.or.tv/

(新URL)https://www.ksp-web.com/

サイトの内容や、会員情報などはそのまま変更ありません。

創業13年にして、やっと独自ドメインのサイトになりました。

お気に入りやブックマークに登録している方は、URLの変更をお願いいたします。

今後ともKSPをよろしくお願いいたします。


本日最新型のスタンガンが入荷しました!


本日、最新型スタンガン全機種が入荷しました。

前回、5年の時を経て 最新型スタンガン登場 史上最強のフルラインナップで紹介した新発売のスタンガンです。

メーカーのほうも発注がかなりの量のようで、かなり無理をお願いして少量づつですが仕入れができました。

まだ豊富といえる在庫量ではありませんし、供給が安定するまではしばらくかかりそうです。

お急ぎのかたは早めのご注文をおすすめします(^-^)


5年の時を経て 最新型スタンガン登場 史上最強のフルラインナップ


次の次元へ 世界最強スタンガンの最新型がフルラインナップ

新型スタンガンフルラインナップ

2011年8月のS-313発売から実に5年半の時を経て、いよいよ最新型スタンガンが登場しました!

今回の新型発売は、メインとなるレギュラーハンディタイプに加え、ロングバトンタイプ、ショートバトンタイプ、コンパクトタイプ、ペンタイプと全ての機種において最新型最強モデルのフルラインナップとなります。

5年半前、当時は電気理論上の限界とされていたそれぞれのスタンガンが、今回は技術革新によって限界を突破し、電圧・電流ともにパワーアップしています。 続きを読む


iPhoneにおけるカード決済の機能の改善を実施


iPhoneで、メインブラウザにgoogleのchrome(クローム)をご利用のかた、お待たせしました。

当店では本日、iPhoneでchromeブラウザによるカード決済に完全に対応いたしました。

googleのchromeは、セキュリティ機能の強化によって、昨年末頃からカード決済ページが開けないという不具合が一部の端末により発生していました。今回KSPサイトにて対応を完了しましたので、今後はiPhoneでchromeブラウザを使用したご注文であっても、問題なく快適にカード決済をご利用いただけます。

皆様のご利用をお待ちしております。

護身用品専門店KSP https://www.ksp-web.com/

 


私たちは津久井やまゆり園の46人殺傷事件を決して忘れない


2016年7月26日に神奈川県相模原市緑区の知的障害者施設、 「津久井やまゆり園」で入所者など46人が次々に刃物で刺された殺傷事件は日本中に衝撃を与えました。

知的障害者という社会的弱者を狙った犯行は卑劣極まりなく、その動機も常軌を逸するものでした。

この事件を伝えるためのサイトが公開されています。

19のいのち(障害者殺傷事件)

http://www.nhk.or.jp/d-navi/19inochi/

この事件は、狂気かつ自暴自棄な犯人にとって、防犯カメラや警報装置などは何の役にも立たず、何の抑止効果もないことを痛感させるものでした。

そして、催涙スプレーや防犯盾など護身用品さえあれば防げた犯行、救えた命を考えるとき、護身用品業界の一員として、護身用品の日本国内への浸透に十分な力が及んでいないことを考えると悔やんでも悔やみきれません。

紹介した19のいのちのサイトでは、亡くなった入所者の方々ひとりひとりを、暖かい水彩画とともに紹介されています。そのひとつひとつを見て、改めて失った命の大切さと、護身用品業界人として守れた命を守れなかった後悔の念が押し寄せます。

今後ともKSPでは、より広く皆様に護身用品の存在と価値を知ってもらい、救える命を一人でも多く救うため、全力をもって努力して参ります。

最後に、津久井やまゆり園で命を落とされた19人のかたたちのご冥福を、心よりお祈りいたします。