他人事ではない 実際のクルマでの交通トラブルと対処方法


交通トラブルと護身用品

今年6月に発生した死亡事故で、その原因が交通トラブルにあったのではないかと話題になっています。

ワゴン車追突され2人死亡 別の車が進路妨害か

10月10日

 ことし6月、神奈川県内の東名高速道路でワゴン車がトラックに追突され、乗っていた夫婦が死亡した事故で、事故の直前、ワゴン車が別の乗用車に進路を塞がれていた疑いがあることが、警察への取材でわかりました。その直後に事故が起きていて、警察は車の進路妨害が事故につながった疑いがあると見て調べています。

この後に事件の続報があり、被害者のクルマの進路を塞いで路上に停車させたクルマの運転手は、手前のパーキングエリアで注意をされたことに腹を立て、進路妨害を行い事故の原因を作ったことを認めているようです。

決して許される行為ではありません。

今回は、クルマの運転中における路上トラブルと身の安全について考えてみましょう。 続きを読む


テレビ局から出演オファー


日本の職人さんが出る、某有名TV番組からオファーがありました。

でも私は残念ながら、職人さんでもなければ匠でもありません(^_^;)

護身や防犯については人一倍強い気持ちを持っていますが、それでも何かを造ってるわけでも開発しているわけでもなく、単にこだわりの護身用品を販売しているという、ただそれだけのことです。

譲れない気持ち、確たる信念とか、そういったものはいくらでも持っていますが、それは職人とは違うものかと。(苦笑)

先日は、別のテレビ局からスタジオに来てテレビ討論に参加してくれと言われるし。

こういった声をかけてもらえることは、業界の代表としてとても光栄なことではありますね。

有り難いことです。

スタンガンや催涙スプレーの販売者というと、少し前までは怪しい業者というイメージでしたが、ただひたすら真面目に防犯と安全の向上だけを目的に運営していると、社会的にも認知されるものです。

これからも、ひたすら真面目に正直に、護身用品と生活の安全について追求していきたいと思います。

今後ともKSPをよろしくお願いします(^-^)


危険なイノシシの対処法(危険なのはクマだけじゃない!)


危険なイノシシの対処法

九州の長崎でイノシシによる被害が起きています。重傷の怪我人も出ました。

クマばかりに囚われがちな危険動物対策ですが、イノシシはクマと比べ頭数も多く、日本全国の広範囲に生息しています。農作物の被害が多いことからも、イノシシの分布の広さと頭数の多さがわかります。

今回は、イノシシによる重軽傷被害の事故とともに、イノシシの対策について解説します。 続きを読む