また野生動物による死亡事故が発生


また害獣の被害による死亡者が出ました。

群馬県の桐生市で、ワナにかかったイノシシがワナから逃れ人を襲い、被害者が死亡した事故です。

自宅敷地でイノシシに襲われ男性死亡、妻もけが

2016年11月12日

11日午後9時半頃、群馬県桐生市広沢町、酪農業丹羽正雄さん(67)が、自宅敷地内でイノシシに襲われた。

丹羽さんは両脚の太ももをかまれ、出血性ショックで死亡。妻(60)も腰などにけがをした。

桐生署の発表によると、倉庫に保管している米や牧草などが動物に荒らされる被害があったため、丹羽さんが同日午後4時頃にわなを仕掛けた。物音に気付いて2人で外に出ると、わなにイノシシがかかって暴れていた。丹羽さんが牧草などを集める農業用フォークを持って近づいたところ、わなが外れ、イノシシが2人を襲ったという。イノシシは体長約1・5メートルとみられ、現場から逃走した。

続きを読む


お届け時間帯指定の一部変更のご案内


通信販売における荷物お届け時間帯指定につきまして、次の通り変更となりました。

関西4県(大阪、兵庫、奈良、京都)

大阪府、兵庫県、奈良県、京都府宛の荷物につきましては翌日配達が可能ですが、翌日配達分のみ時間帯指定が不可となりました。

該当エリアで受取になるお客様は、配達時間帯に指定がなければ翌日配達をご利用ください。

配達時間帯を指定したい場合には、ご注文時に翌々日以降の日時をご指定ください。

業務用途でのご購入

佐川急便の配達体制に起因し、業務用途でご注文いただいた荷物につきましては時間帯指定ができなくなりましたので、予めご了承ください。


スタンガンの保管と電池の交換・維持


護身用品スタンガンの性能を常にベストに保つには、電池の管理はとても大切です。

スタンガンの電池の交換時期や保管方法について、日頃から沢山の質問を受けます。スタンガンは電池で作動しますし、電池がなければ護身用品として役に立ちません。スタンガンを護身用として備えるうえで、電池の管理方法は気になることろですね。

護身用品スタンガンの電池管理におけるルールは次の2つです。

  • 予備電池の保管期限は最大2年
  • スタンガンにセットしている電池は2ヶ月に一度新品と交換する

それでは、なぜこのようなルールがあるのか、詳しく説明します。

充電式スタンガンについて詳しくは充電式電池が使用できるハイブリッドスタンガンをご覧ください。

続きを読む


破棄して欲しい催涙スプレーの発送方法は?


 破棄して欲しい催涙スプレーの発送方法は?

催涙スプレーの処分に困っていました。KSPさんのサイトを見て催涙スプレーの無料処分をうけてくれるそうなので送りたいのですが、どうやって送ったらいいですか?
続きを読む


催涙スプレーの交換タイミングとメンテナンス(詰め替えやボンベの交換)


催涙スプレーの買い替え交換のタイミングには、実際に使用した場合と、使用せず有効期限を迎えた場合があります。

ここでは具体的に、催涙スプレーはどういった場合に買い替え交換をしたほうがいいのかと、普段から注意すべき管理ポイントを、具体的に説明します。 続きを読む