イノシシで大怪我の事故が発生


茨城県でイノシシに襲われた男性が指を切断する大怪我を負いました。

70歳男性イノシシに襲われ指切断

2018年1月28日

茨城県つくば市沼田のサイクリングロード「つくば霞ケ浦りんりんロード」で28日、利用者ら2人が相次いでイノシシに襲われ、けがをした。イノシシが同一かどうかは不明。つくば北署はパトカーで周辺住民に注意を呼び掛けた。

署によると、午前10時半ごろ、自転車の同市国松の男性(70)が後ろからイノシシ(体長約1メートル)に襲われた。降車して逃げようとしたがもみ合いになり、右手の親指をかまれて切断するなどの重傷を負った。

約40分後には付近を散歩していた同市筑波のパート従業員の女性(73)も似たような体形のイノシシに襲われ、右手の薬指をかまれた。いずれも、イノシシは逃走した。

イノシシの事故は、噛まれる怪我が多いという特徴があります。

過去のイノシシ被害のニュースでも、多くの被害で手や足を噛まれています。

イノシシの象徴的なあの牙は伊達ではありません。噛む能力に特化しているからこそあの特徴的な牙があるといえるでしょう。

そして、真っ直ぐ生えずに後退した角度で生えている牙は、一度噛んで獲物を貫通すると、そう易々と獲物を逃さないような構造となっています。

噛む力も相当なものと推測します。

野生動物ではとかくクマ対策ばかりに目を向けがちですが、イノシシでも過去に襲われた人が死亡した例もあるほど危険な存在です。

イノシシは足も速く、敵意を感じれば動いているものに突進します。仮に自転車に乗っていても安心はできません。

環境省事前環境局によると、平成27年の時点でのイノシシの全国個体数はおよそ94万頭です。これと比較して、2000年以降のツキノワグマの個体数は約1.5万頭。ざっくりですし、生息個体数については正確性に疑問も残るのですが、それでもおよそツキノワグマの60倍以上のイノシシがいると考えることができます。

これは決して軽視できない数字です。

イノシシは危険です。そして日本全国広範囲に生息しています。

万一の遭遇や襲撃にしっかりと備えておくことが大切です。

イノシシも撃退できる当店の熊撃退スプレーはこちら


お求めやすく!熊撃退スプレー正式値下げのお知らせ


これまで期間限定の特別値下げとお知らせしてきました熊撃退スプレーB-609B-610ですが、期間限定ではなく正式に販売価格の値下げを決定しましたのでお知らせします。

熊撃退スプレーは熊に留まらず、イノシシ、野犬、猿、鹿、猫などあらゆる動物の撃退が可能です。

熊は現在冬眠の季節ですが、春先には活動を開始し、毎年日本各地に被害を及ぼします。大きな事故になる前に、熊撃退スプレーを備えましょう。

※北海道にだけ生息が確認されているエゾヒグマには、当店の熊撃退スプレーは使用できませんのでご注意ください。


熊撃退スプレー(大型)B-610完売しました


去年熊撃退スプレー大型タイプ B-610 長期欠品の見込みでご案内してました、熊撃退スプレー大型タイプのB-610が完売となりました。

次回の入荷予定は・・・まだはっきりとはしていませんが、1月末頃に数量限定で入荷の予定です。

入荷の時期が確定するまでは、ホームページでは完売状態とさせていただきます。

入荷時期が近づきましたら、予約注文の受け付けを開始予定です。

年も明け、熊被害の恐れのある地域の方々は、春の熊対策シーズンに向けて準備をされることと思います。

このような大事な時期に欠品となりまして、申し訳ありません。

なお、中型タイプの熊撃退スプレーB-609は在庫が十分にございますので、熊撃退スプレーが必要な方はB-609もあわせてご検討ください。


熊撃退スプレー大型タイプ B-610 長期欠品の見込み


熊撃退スプレー 大型 B-610 残りわずか

人気の大型熊撃退スプレー(B-610)ですが、店頭在庫残りわずか+製造工場の定期点検による製造停止が重なり、在庫限りで長期欠品の見通しです。

現在の在庫が完売となると、次の入荷予定は来年の1月下旬〜2月上旬です。

厳冬期で熊被害のリスクは減るとはいえ、熊撃退スプレーは常に一定の需要がある製品です。

ご必要な方は早めのご注文をお勧めします。


【重要】JSDPAクマよけスプレー正式値下げのお知らせ


2018/01/09 更新
熊撃退スプレーのB-609とB-610は期間限定値下げではなく、正式値下げとなりました。

クマよけスプレー値下げ

この度、日本護身用品協会認定のクマよけスプレーB-609並びにB-610におきまして、期間限定値下げ販売を実施することとなりましたので、ここにお知らせいたします。 2018/01/09 販売価格正式値下げとなりました。

【重要】この特別価格販売は、危険なヒグマ専用クマよけスプレーを本州・四国に生息するツキノワグマに使用することによる被害の拡大を防ぐための緊急特別措置です。 続きを読む


危険なイノシシの対処法(危険なのはクマだけじゃない!)


危険なイノシシの対処法

九州の長崎でイノシシによる被害が起きています。重傷の怪我人も出ました。

クマばかりに囚われがちな危険動物対策ですが、イノシシはクマと比べ頭数も多く、日本全国の広範囲に生息しています。農作物の被害が多いことからも、イノシシの分布の広さと頭数の多さがわかります。

今回は、イノシシによる重軽傷被害の事故とともに、イノシシの対策について解説します。 続きを読む


学校、保育園の熊など危険動物侵入には万全の対策を


通学路の熊対策、安全対策

学校や幼稚園・保育園での子供たちの安全対策には万全を期するのは当然ですが、近年急激に増加している熊やイノシシ、野犬への対策は万全でしょうか?

今回は、大人ですら避けられずに被害に遭う危険動物被害について、「子供たちを守る」という視点から解説します。 続きを読む


動物撃退スプレーB-609入荷しました!


大変お待たせしました。

人気の動物撃退スプレー(ツキノワグマ対応品)B-609が本日入荷しました(^-^)

ホームページでは在庫有りにモードを変更しましたので、カートからご注文いただけます。

熊よけ催涙スプレー 中型 B-609

動物撃退催涙スプレー 中型 B-609

また、同時に欠品していたB-609専用のホルスターケースも入荷しました。

携帯を考えている方はケースもご検討ください。お得なセット商品もあります。

動物用催涙スプレーB-609専用ホルスターケース

B-609専用補するターケース

熊よけ中型催涙スプレー ケース付きセット B-609-CS

動物撃退催涙スプレーB-609+専用ホルスターケースのセット商品

 

このB-609は、専用のホルスターケースを利用して少し工夫すると、リュックのショルダーにも装着できます。興味のある方は以下をご覧ください。

クマよけスプレーB-609をリュックサックの肩ショルダーに装着する方法

 


山菜、タケノコ・・・皆さん熊に気を付けて(>_<)


今日も熊のニュースです。

タケノコ採り自粛を 去年クマに襲われ4人死亡の秋田 鹿角市

5月18日 13時02分

去年タケノコ採りに来た人が相次いでクマに襲われ4人が死亡した秋田県鹿角市の山林の近くで被害から1年になるのを前に、警察が検問を行ってクマへの注意を呼びかけました。

青森との県境に近い秋田県鹿角市の山林では去年の5月から6月にかけて、タケノコ採りに来た男女4人が相次いでクマに襲われて死亡し、警察が今もタケノコ採りなどの自粛を求めています。

最初の被害から1年になるのを前に、18日朝秋田県と青森県の警察が山林に通じる道路で検問を行ってクマへの注意を呼びかけました。1台1台車を止めては行き先を尋ね、ほとんどの人は通勤の途中でしたが、山菜採りに来た人がいると、山に入らないよう声をかけていました。

北秋田市の66歳の女性は「10年近くこの場所に山菜採りに来ていたので、ことしもつい来てしまった」と話していました。

警察が17日現場の周辺をヘリコプターから見たところ、クマ1頭がいるのが確認されたということです。

鹿角警察署の高橋俊之地域課長は「検問では山菜採りの人をほとんど見かけず、これまでの呼びかけに一定の効果があったと思う。周辺が危険なのは変わらないので今後も入らないでほしい」と話していました。

警察によりますと、秋田県内では、ことしに入って17日までにクマを目撃したという情報は、去年の同じ時期より7件少ない45件だということです。

NHK NEWS WEB

去年発生した痛ましい熊による死亡事件から1年が経ちました。それでもあの時の受けた衝撃は少しも薄れていません。

熊に襲われても、瞬時に殺されるわけではないはずです。他の熊被害ニュースなどでは、ひっかかれたり、かみつかれたり、数十メートル引きずられたりしていますが、それでも生還しています。この死亡事件の被害者が、もし十分に熊を警戒し、万一の時のために熊スプレーを携行していれば、助かる可能性はあったはずです。

何度考えても、それが悔やまれてなりません。

みなさん本当に、山菜、タケノコ取りには気を付けてください(>_<)