週刊SPA!に掲載されました


週刊SPA!

当店が週刊SPA!に掲載されました。

掲載されたのは7月10日発売の週刊SPA!7月17日・24日合併号です。

同誌の「危険人物」対策マニュアル内で、最も使える護身用品は?というタイトルで、当店の取材内容と推奨する護身用品が掲載されています。

※もちろんこれは広告ではなく正式な記事です。(記事っぽい有料広告を、さも雑誌に載ったと宣伝するショップもあるので念のため)

週刊SPA!からは正式に取材の申し入れがあり、ギャラも頂いております。

しかし、この「危険人物」対策マニュアルは、全体としては護身術の紹介のような構成で。。

そもそもは新幹線3人殺傷事件の発生がきっかけで今回の特集が組まれたはずなのですが、果たして護身術で誰もが皆、本気で刃物を持った凶器じみた相手に対処できると思っているのか?疑問すぎる。

内容の中で唯一賛同できるとすれば、カバンなど何でもいいので盾として使用して、相手の刃物から身を守るとう内容くらいです。

護身術なんて聞こえはいいし、本当にプロレベルに会得し、精神面でも刃物を持った相手に素手で立ち向かえるほど訓練すれば、もしかしたら怪我を負いながらも対処できるものかもしれません。

でも、現実は絶対にそんなにうまくはいかないと断言できます。

雑誌でも紹介されていますが、やはり刃物を持った相手に対処するときは、離れた位置から反撃できる唯一の護身用品である催涙スプレーしかありません。この一言に尽きます。

カバンやバッグを体の前に抱いて盾にする、そして催涙スプレーを浴びせる。これが最も現実的です。催涙スプレーを浴びせさえすれば、相手は1時間以上は立ち上がることすら出来ず、どんなに興奮状態にあろうとも、身動きできなくなります。催涙スプレーは誰でも簡単に、十分以上の効力を発揮でき、安全な距離で対処できる唯一の護身用品です。

新幹線や船など密室での自己防衛については、以下の記事でも詳しく説明しています。

新幹線3人殺傷事件について考える

今回の週刊SPA!の特集は、凶悪事件が頻発する昨今では、広く注意を喚起する意味ではとても貴重だと思います。

しかし、雑誌はあくまで1次的な情報源としてとらえ、興味を持ったときはさらに自分なりに良く調べ考えていく、そういった意識をしっかり持つようにしましょう。

 

当店の催涙スプレーはこちらです。

催涙スプレー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です