防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)

0
ログイン 新規会員登録

KSP会員になるとポイントが貯まります

防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)
日本護身用品協会加盟

おかげさまで13周年・全品在庫・即日発送  公官庁/警察/自衛隊/学校/教育機関/各種団体納入店

[商品カテゴリ] スタンガン催涙スプレー特殊警棒防弾・防刃チョッキ防犯盾金属探知器セット商品商品一覧 [商品カテゴリ]

当店はテレビ放送されました/フジテレビ「坂上ジュニアの日本アブナいいね!大賞」大賞受賞/フジテレビ「本当に使用できる護身用品の専門店」全国放送 >> 他出演多数

注目の最新型スタンガン S-315 S-314 S-170 S-171 S-365

クマよけスプレー期間限定大幅値下げ B-609 B-610 詳しく

コンビニ強盗とその対策

多発するコンビニ強盗

コンビニ強盗事件は、近年テレビや新聞でも頻繁に目にするようになりました。

当店では、毎日全国の主な事件をチェックしていますが、その中でも特にコンビニ強盗は数が多く目立つ傾向にあり、ほぼ毎日どこかの地域で発生しているという状況です。(画像はイメージ)

なぜコンビニが狙われるのか

強盗が狙いやすい物件には条件があります。

以下はその主な条件です。(【】内はコンビニに該当する条件)

  • 必ず現金がある 【必ず売上金や釣銭がある】
  • 入りやすい 【通常客にまぎれて出入り。開錠やガラス破りの必要なし】
  • 逃げやすい 【出口の直近に堂々と逃走用の車を用意できる】
  • 内部の様子が事前にわかる 【コンビニは外から丸見え】
  • 深夜でも入れる 【24時間営業のため、深夜ひと気がない時でも入れる】
  • 人数が少ない 【深夜には従業員が1人になるコンビニも珍しくない】
  • 郊外にもある 【郊外型のコンビニであればさらに人目に付かず、逃走も楽】

こういった様々な強盗に都合の良い条件が揃っているターゲット、それがコンビニなのです

そして、日本のコンビニはまだまだ防犯対策を行っていない店舗がほとんどです。

これらの油断も強盗の格好の的となる要因のひとつです。

従業員と財産を守るためのコンビニ防犯対策

コンビニの防犯にはいろいろな目的があります。売上金を守る、店舗を守る、従業員の人命を守るなど。

これらの目的を達成させるために肝心なのは「強盗に何もとらせず退散させる」です。

防犯カメラは強盗の抑止力や証拠能力があります。

しかし、覆面やヘルメットを被って入ってきた強盗には効果がありません。

警察や警備会社への通報設備は、最も短時間に通報し、支援を求める事ができます。

しかし、強盗事件はほんの数分という短時間に発生するため、警官や警備員が駆けつけてもほとんどの場合は手遅れです。

カラーボールは逃走する強盗自身や逃走用車両に投げつけ、特殊塗料でマーキングし、事後の捜査に役立ちます。

しかし、そのマーキング自体が従業員の命や売上金を守る役目を果たすものではありません。

では、最適なコンビニ強盗対策用の防犯グッズとはなんでしょう。

コンビニの防犯に最適なのは催涙スプレー

大型催涙スプレー B-610 大型催涙スプレー B-610

大型の催涙スプレーは小型の消火器くらいの大きさがあり、置いておくだけで目立ちます。そして、とっさの時でもあわてず噴射できるように操作がシンプルです。

コンビニ強盗対策に最適な催涙スプレー/ポリスマグナムB-610

こういった催涙スプレーをレジの後ろなど、店員にしか届かない、しかも目立つ所に置きます。そして「防犯対策実施店」のような大きめの警告プレートを催涙スプレーのそばの壁に貼ります。そうする事で非常に高い「犯罪抑止力」が期待できます。防犯は事件を未然に防ぐ事が何より大切で、強盗を考えている人に「強盗は無理だ」とあきらめるように仕向けるのです。

さらに、実際に催涙スプレーを使用しなければならない状況になってしまった場合、この催涙スプレーは市販の催涙スプレーの中ではトップクラスに当たる高い撃退力を発揮します。

強盗が金を要求したら、瞬時に催涙スプレーを持ち、強盗に向かって噴射します。

この催涙スプレーは高圧ガスを使用して霧状の催涙ガスを5m前後の距離まで霧状に大量噴射します。大容量品なので内容量も十分にあり、強烈な撃退力を発揮ます。

このガスを受けた強盗は、ほぼ瞬間的に目に強烈な痛みを感じ、目が開けられなくなり逃走どころか立っている事もできなくなります。この効果は高圧噴射の威力と相まって、マスクやヘルメットを着用している強盗にも同様に効果があります。

この催涙効果は60分以上は十分に持続するため、その間に通報すれば犯人を警察へ引き渡す事ができ、しかも事件は「未遂」で損害は最小限に抑える事ができます。

そしてなにより、強盗現場でまさに命の危険にさらされている従業員にとって、催涙スプレーは自分の命を守る唯一の武器なのです。

強盗事件の現場で命が危険にさらされる時、防犯カメラやカラーボールは何の役にも立たないのです。

最後に

全国で頻発するコンビニ強盗。いつどこのコンビニが襲われるかわからない状況です。

売上金や従業員の生命を守るため、これからのコンビニ経営にとって防犯対策は欠かせない必須要素です。

実際の事件・ニュース


コンビニ防犯に関するコンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加