17時間57分以内の注文で明日出荷します

護身用品専門店KSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒)
護身用品専門店

女性・初心者から業務用までフルカバー

当店は本当に使用できる護身用品を責任をもって販売しています

神奈川県横浜市港北区
横浜でコンビニ強盗 18万8千円奪い逃走

横浜でコンビニ強盗 18万8千円奪い逃走

2014年6月26日

26日午後2時35分ごろ、横浜市港北区新吉田東の「セブンイレブン横浜新吉田町貝塚店」で、男がレジにいたアルバイトの女性店員(32)に刃物のようなものを突きつけて脅し、現金約18万8千円を奪って逃走した。神奈川県警港北署で、強盗事件として男の行方を追っている。

同署によると、店内には別の女性店員もいたが、いずれもけがはなかった。男は20代前半くらいで身長約175センチ、黒色の上下を着ていた。

店長コメント

女性店員に怪我がなくてなによりでした。刃物を突き付けられ、さぞ恐ろしかったものと思います。

店内には他にも女性の店員がいたということですが、店員が複数いても女性のみというのはどうなのでしょう。強盗の思考で想像すると、男性店員がいるコンビニよりも女性店員のみのコンビニのほうが狙いやすいような機がしてしまいます。

今回は怪我がなくて良かったのですが、相手によっては怪我を負う危険も当然あります。そういった危険から店員を守るためにも何か対策は必要です。防犯カメラや通報装置は事後のもの、強盗を前にしているその瞬間に身を守ってくれるものではありません。

コンビニや24時間営業の飲食店などは強盗のリスクが高い傾向にあります。従業員の安全のためにも強盗から身を守る手段を準備し、備えることが必要なのではないでしょうか。

コンビニ防犯に関するコンテンツ

コンビニの防犯に関する当店のオリジナルコンテンツです。あわせてご覧ください。