未分類

空き巣と強盗の対策はドアと窓から

「近所で強盗事件が発生したって…」
このような話を耳にしたら、誰もが不安に思います。
「自分の家は狙われていないだろうか」
「強盗対策はできているのか」
強盗対策を行っても、事件は起こり続けていますよね。
そのため、強盗を防げる完璧な方法は未だ存在しないと言えるでしょう。

しかし、強盗に狙われにくくする方法は多数存在します。
強盗も侵入しづらい家よりも、簡単に侵入できる家を狙うのです。
強盗に狙われにくい家にして、少しでも事件に巻き込まれる可能性を減らしましょう。

今回は、強盗から家が狙われないようになる防犯対策についてお伝えします。

窓ガラスには忘れず鍵をかける

外出したり、就寝したりする際には、全ての窓に必ず鍵をかけてください。
強盗は人が居ないときだけではなく、人が居ても侵入することがあるのです。
「気が付くから大丈夫でしょ」という慢心から、最悪の朝を迎えないようにしてください。

また、窓ガラスには補助錠を設けるようにしてください。
一般的な三日月の形をした鍵は、防犯性能が高くありません。
そこで必要となるのが、補助錠です。

補助錠を購入したら、サッシの上部に設けましょう。
そうすることで、強盗が窓から侵入する可能性を減らすことができます。
強盗の侵入経路を予測して、欠かさずにその対策をしておきましょう。

ドアのセキュリティを高める

鍵穴の種類によって、ピッキングのされやすさが異なるのです。
最もピッキングがされにくい鍵穴は、ディンプルシリンダー錠とされています。
賃貸であれば、大家さんと相談して、ディンプルシリンダー錠を設けてみてはいかがでしょうか。

また、ドアスコープにも工夫をしておいてください。
ドアスコープの居室側に、目隠しを設けておきましょう。

現在では、強盗がドアスコープから部屋の中を覗くことが知られてきたため、簡易的なドアスコープカバーが販売されています。
それらを利用して、ドアのセキュリティを向上させるのがよいでしょう。

まとめ

今回は、強盗から家が狙われないようになる、窓とドアの防犯対策をご説明しました。
強盗の侵入経路から窓と玄関を取り除ければ、その家は余程のことがない限り狙われないでしょう。
時間があれば、強盗の目線からどこから侵入できそうか確認してみてはいかがでしょうか。

防犯は少しの意識で結果が変わります。
自分の家と人生を守るためにも、窓とドアのセキュリティを高めておいて下さい。
狙われにくい家にして、強盗が近寄らない家にしていきましょう!

 

未分類

ストーカーから身を守る防犯方法

「最近、誰かにつきまとわれている気がする…」
このような事はありませんでしたか?
女性に限らず、男性でも誰かからストーカーされるというのは、怖いですよね。
もしもの時に備えて、警察に相談された方もいらっしゃるでしょう。

しかし、彼らもあなたを24時間見守ってくれるわけではありません。
そのため、自分でストーカー対策をしておくことが大きな手立てとなるのです。
この記事を参考に、被害に遭う可能性を減らしませんか。
今回は、ストーカーの危険から身を守るための方法についてお伝えします。

規則正しい行動を避ける

多くの方々は、規則正しい生活を心がけていらっしゃいますよね。
確かに、それは社会人としての基本ですが、防犯面からみると、必ずしも好ましいとは言えません。

なぜなら、規則正しい行動はストーカーに自分の行動を伝えてしまっているからです。
行きつけの店やコンビニがあると、そこからストーキングされてしまい、家の場所を把握されてしまうこともあります。

もし、いつも通っているお店に行く場合は、人通りが多かったり、日が昇っている時間帯に行ったりして、少しでも危険を減らしましょう。

公共料金は自動で引き落とせるようにする

公共料金の払込票には、多くの個人情報が記載されていますよね。
時代の進歩に伴い、コンビニでも公共料金が支払えるようになりましたが、その分、危険性も増えてしまっているのです。
列で待っている間に住所が盗み見されたり、レジで開示した時に誰かに見られてしまったりすることもあるでしょう。

そのため、公共料金の引き落としは、設定を変えて、自動でできるようにしておいてください。
自分の身を守るためにも、欠かさず行いましょう。

外に居る時間を短くする

ストーカーの被害に遭わない有効的な方法は、外に出ないことです。
しかし、会社に勤めている方からすれば、そんなわけにはいきませんよね。
その折衷案として、外に居る時間を短くしましょう。

足早に帰ったり、買い物は休日にまとめて行ったりして、意識して外に居る時間帯を短くしてください。
意識をするだけでも、結末は大きく変わります。
今の生活を見直して、外出している時間を減らしましょう。

最後に

今回は、ストーカーの危険から身を守るための方法をご説明しました。
ストーカーは様々な手口で、あなたに近づいてきます。
それらに対抗できるのは、あなたの防犯意識だけです。
自分の身は自分で守って、危険に巻き込まれる可能性を減らしましょう。

 

未分類

護身用品で身を守る2つの武器

耳を疑うような事件は何時に成っても絶えませんよね。
「自分に関係ない事だ」と思って、何も備えなければ、明日はその被害者に成ってしまうかもしれませんよ。
それを避けるために、セキュリティサービスに加入したり、防犯意識を高められたりされることでしょう。

しかし、それでも不安は残ってしまいますよね。
それを完全に解消する方法はありません。
そのためにも、できることをしっかりと行いましょう。

今回は、できることの一つである、備えて頂きたい護身用具を2つお伝えします。

スタンガン

護身用スタンガン

数ある護身用具の中でも、スタンガンは有名ですよね。
危険な護身用品のように思えるスタンガンですが、実は比較的安全な道具とされています。
なぜなら、他の護身用品と違い、基本的に相手に後遺症を与えたり、死亡させてしまったりする恐れがないからです。

その理由として、スタンガンの使い方が挙げられます。
意外かもしれませんが、スタンガンは相手に当てる護身用品ではありません。
「相手を威嚇して、距離を取る」のがスタンガンの正しい使い方です。

どんなスタンガンも基本的にはリーチが短く作成されています。
最初からを相手に当てようとしてスタンガンを構えれば、高い確率で襲われてしまうでしょう。
そのため、基本的には威嚇して、それでも近づいてくるようであれば接触させて、相手の動きを封じてください。
スタンガンを備えて、犯罪に巻き込まれる可能性を下げましょう。

催眠スプレー

催涙スプレー

催涙スプレーは知名度でスタンガンに引けを取らない護身用具ですよね。
勿論、性能面においても引けを取りません。
スタンガンよりも相手に直接的な防衛手段を行えるため、ぜひとも備えて頂きたい道具の一つです。
催涙スプレーを購入されるお客様は、「催涙スプレーの携帯が合法かどうか」をよく確認されます。

その答えは合法です。
正当な理由があれば、護身用具を携帯することができます。

しかし、この「正当な理由」に、自らの手による護身が認められない含まれないことがあるのです。
警察官の中には「数分待てば警察が来るのだから、それまで待つべき」といって、護身用具の携帯を認めないことがあります。

認められないからと言って、その場で逮捕されることはありませんが、安全を確保するための行動が注意されるのは気分が悪いですよね。
皆さんは「命の危険」と「法律を守る」のどちらが優先されるべきだとお考えですか?

ご自身が選んだ考えのもと、護身用具を購入するようにしてください。

最後に

今回は、不安を和らげるためにも備えて頂きたい護身用具を2つご説明しました。
命は何事にも代えられません。
それぞれの護身用具を正しく使って、自分の安全を確保しましょう。

 

未分類

通学路の防犯対策

近所に不審者が出たという噂を耳にしませんでしたか?
きっと小さなお子様の親御さんは、心配で仕方がないでしょう。
子供の周りは様々な危険が溢れています。

その中でも、特に気になるのが通学路ではないでしょうか。
大人の目が離れた道を、お子様だけで歩かせたくはないですよね。

これを機に、お子様の通学路について見直してみませんか。
今回は、お子様の通学路に潜む危険とお子様の安全を守る方法をお伝えします。

 

まずは、通学路に潜む危険からです。
犯罪に巻き込まれやすい通学路には、以下のような特徴があります。

危険な通学路の条件

  • 見通しが悪い
  • 人気が少ない
  • 不特定多数が出入りしやすい

「通学路は学校が安全な道を選んで決めたんだから、そんなに心配しないでも大丈夫でしょ」
このように思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それは間違いです。

季節の移り変わりによって木が伸びてしまっていたり、時代の進行によって建物が変わってしまっていたりすることは、珍しい事ではありません。
過去の事例の中には、通学路で襲われてしまった子もいるのです。
不審者が出没したという話を聞いたら、現在の通学路における状況を確認しましょう。

危険が多いようであれば、学校に通学路の変更を申し出てください。
お子様の安全を学校に一任するのではなく、親も積極的に関わりましょう。

お子様の安全を守る方法

お子様の安全を守るためにも、以下の事を遵守するように伝えてください。

「通学路を守って登下校する」
通学路にも危険はありますが、通学路外には、それ以上の危険が溢れています。
「近道したいから」、「なんとなく歩いて見たかったから」などの理由で、通学路から外れることが無いようにしてください。
通学路なら、不審者の話を聞いたら学校側も先生を配置するなどして、安全な状況を作る取り組みをしてくれることでしょう。

しかし、気まぐれで通学路を変えてしまう生徒の安全までは保障されません。
少しの気の緩みによって、危険な犯罪に巻き込まれてしまうのです。
子供にしっかりと通学路を守ってもらって、少しでも危険な事に巻き込まれる可能性を減らしましょう。

最後に

今回は、お子様の通学路に潜む危険とお子様の安全を守る方法をご説明しました。
「危険を意識する」
この基本的な事を守れば、お子様の周りに溢れている危険を減らすことが出来るでしょう。
お子様の安全を守れるのは、親しかいません。
しっかり安全を確認して、健やかな成長を願いましょう。

 

オススメ

KSPがオススメする通学路の見守りや防犯パトロールに最適な催涙スプレー

強力催涙スプレーF-605

強力催涙スプレー F-605

未分類

学校の防犯

「学校に不審者が入り込む」という事件は毎年ニュースで耳にしますよね。
そのような事件が起こる理由としては、多くの人が「学校は安全な場所」として思い込んでしまっていることが挙げられるでしょう。
親は子供の通学路についてばかり気になってしまいますが、子供が長い時間過ごす学校にも危険は潜んでいます。

では、どのような所に危険が潜んでいるのでしょうか。
今回は、お子さんの通っている学校が防犯対策を行っているかどうかを確認する方法をお伝えします。

見通しは良いか、死角はないか

文部科学省が定めている「学校施設における防犯対策の原則」の中には、視認性、領域性を確保することについて記載されています。
校庭及び校舎から死角を無くして、犯罪を行う人が心理的に近づきづらい、入りづらい環境を形成することを重要としているのです。

死角になりやすい場所として、プールが挙げられます。
自然が豊かな土地にある学校では、木にも注意を向けてください。
それらがあると、人の目に付くことなく、簡単に学校に入ることができてしまうためです。
死角を見つけたら、子供に注意を促すだけでなく、学校にも相談して協力して、死角を少しでも減らすようにしてください。

不審者の接近、侵入を防げるか

近年の不審者増加に伴い、校門に防犯設備を設ける学校が増えてきました。
それらの学校の多くは、出入口の集中管理を行っています。
複数の門が設けられていても、登下校時以外は施錠したり、来校者の出入口を一か所に絞ったりしているでしょうか。

その他にも、校内に不審者が侵入してしまった場合の対処法を確認しておいてください。
催涙スプレーが各教室に備えられていれば、万が一の際にも、被害を最小限に抑えられるでしょう。

また、催涙スプレーであれば、不審者の他にもクマなどを追い払うことができます。
不審者から子供を守れるように、学校の防犯対策を必ず確認しましょう。

最後に

今回は、お子さんの通っている学校が防犯対策を行っているかどうかを確認する方法を説明いたしました。
学校の防犯体制は、設備などのハード面、運営体制などのソフト面の双方から確認しなければなりません。

今回お伝えした内容の他にも、防犯グッズは建物の構造と合っているのか、緊急時のマニュアルは充実しているかなど、確認しなければならないことはたくさんあります。
保護者と学校が協力すれば、学校に近づく危険を排除することができるのです。
学校に任せっきりにせず、親もお子さんの安全を守れるように行動しましょう。

 

オススメ

KSPがオススメする学校の防犯に最適な催涙スプレー

強力催涙スプレーF-605

強力催涙スプレー F-605

未分類

夜道の女性の防犯と安全対策

最近、近所に不審者が居るという話を耳にしませんでしたか?
そのような通報があれば、警察も目撃証言のあった所を捜査してくれます。
だからと言って、あなたの安全が保障されたわけではありません。
自分の体は自分で守るしかないのです。

しかし、誰もが護身術など、自分の身を守る手段を持っているわけではありませんよね。
特に、被害に遭いやすい女性には、護身術を学んでいても、力で押し込まれてしまうかもしれません。
「じゃあ、一体どうすれば…」

その答えは、防犯グッズを携帯することです。
今回は、女性を対象に、人通りが少ない夜道において重宝する防犯グッズをご紹介します。

催涙スプレー

催涙スプレー

不審者に直接的な防衛ができる防犯グッズの1つが、この催涙スプレーです。
有事の際、相手の顔に向けてスプレーをかけることによって、催涙効果を持った液体が相手の鼻や粘膜に付着します。
それによって、相手に長時間の激しい痛みを与えたり、涙を流させ続けたりすることが出るのです。

顔にスプレーをかけるのが一番効果的ですが、緊急時でもしっかりと狙える人はそう多くはないでしょう。
そのため、顔を狙うのが難しい場合は、胸などの顔に近い所に発射してください。
そうすることで、胸に付いた液体が蒸発して、相手の顔を痛めつけることができます。
催涙スプレーを使って、自分の安全を確保できるようにしましょう。

 

意外と危ない!?防犯ブザーの危険性

防犯ブザー

皆さんご存知の防犯ブザー。
防犯グッズとして、一番有名ですよね。
しかし、そんな防犯ブザーも近年の電子音の増加により、鳴らしても周辺の人から助けてもらえないという話があるのです。
その上、防犯ブザーでは、不審者に対して直接的な防衛ができません。

以上の点を踏まえると、防犯ブザーには防犯グッズとしての期待はしない事をオススメします。
けれども、防犯ブザーを見える所に付けるだけでも、狙われにくくなるのです。
不審者からしたら、防犯対策を意識している人と、何にも対策をしていない人とでは、後者の方が安全に襲えますよね。

子供であれば他の防犯グッズを用途通りに使えないため、防犯ブザーを所持していますが、大人であるなら、そのような心配はないでしょう。
防犯ブザーの効果を過信し過ぎず、他の防犯グッズも携帯するようにして、事件に巻き込まれてしまう可能性を少しでも下げましょう。

最後に

今回は、女性を対象に、人通りが少ない夜道において重宝する防犯グッズをご紹介しました。
防犯の基本は、「自分の身は自分で守る」です。
自分の安全を確保できるように、様々な状況に対応できる防犯グッズを携帯しましょう。

 

オススメ

KSPがオススメする女性に最適な催涙スプレー

強力催涙スプレーF-605

オールマイティに使用できる強力催涙スプレー F-605