あなたの防犯対策は十分?一人暮らしの女性が意識・導入すべき防犯対策

2017年10月11日

一人暮らしの防犯と安全対策

一人暮らしをしている・あるいはこれから一人暮らしを始める女性のみなさま。「防犯」対策は十分でしょうか?犯罪者にとって一人暮らしの女性は絶好のターゲットです。今回は、犯罪の被害に遭う前に、注意すべきことと適切な防犯対策をご紹介いたします。

部屋選びで気をつけるべきこと

まず初めに、物件を選ぶ段階で気をつけるべきことがあります。

できれば女性専用物件を選ぶ

女性専用物件

女性しか入れない領域に男性が侵入するとかなり目立ちます。ですので、被害はかなり起きにくくなります。

監視カメラ・オートロック付き

カメラ付きオートロック

エントランスに監視カメラが付いていたり、オートロックで住んでいる人以外は入れない建物ならばかなり安心です。部屋の扉もオートロックならば、施錠忘れも防げます。

ツーロック式のドア

2重ロックのドア

犯罪者の中にはピッキングをしてでも部屋に侵入する人もいるので、二重施錠のドアの物件を選ぶ・あるいは取り付けることが有効です。

普段の生活の中で気をつけるべきこと

上記のような物件の安全性が担保しきれない方は特に、普段の生活の中で注意すべきことがたくさんあります。もちろん、防犯対策が万全な物件に住む方もこれらは意識しておかなければなりません。

表札を出さない

表札を出さない

郵便物は部屋番号さえあれば届くので、名前を書いた表札を出す必要はありません。手書きは特にNGです。

ポストは毎日チェックする

郵便受け

ポストに郵便物を溜めていると、個人情報を盗まれやすくなります。ポストは毎日チェックし、空にすることを心がけましょう。手間にはなりますが、取り出し口に鍵をかけると安全性は非常に高まります。

泥酔した状態で一人で帰らない

泥酔しない

お酒を飲んで帰るときは、注意力がかなり下がります。極力、酔いを覚ましてから帰るか、信頼できる友人に送ってもらいましょう。

防犯対策グッズを活用する

防犯カメラやツーロック用の補助鍵以外にも様々な防犯グッズが売られています。

ダミーカメラ

ダミーカメラ

監視カメラはその存在だけで、犯罪の進行を抑止できます。高価な監視カメラまで導入できなくても、ダミーカメラは安価に購入できます。

スマートロック

スマートロック

IoTの進む昨今、スマホのアプリで施錠状況を確認したり、鍵の開閉を操作できるアイテムも登場しています。

まとめ

いかかでしたか?「私は大丈夫」といった思い込みを持った方は、防犯の意識が低く、注意や対策が疎かになりがちで、そういう人から犯罪に巻き込まれます。被害に遭ってからでは遅いので、ご自身の防犯意識を今一度見直して、可能な限りの対策を施しましょう!

万が一住居内に侵入されたとき、自分の身を守ることができるのは護身用品しかありません。
安全のため、護身用品で万一に備えましょう。

当店の護身用品はこちら