女性の暮らしの安全性を高める!防犯を重視した一人暮らしの家の選び方

2017年11月16日

女性の一人暮らしの安全対策

これから一人暮らしをしようと思っている女性にとって心配なのは防犯面のことでしょう。
女性は不審者にも狙われやすいため、初めて一人暮らしとなるとセキュリティがしっかりとした家でないと不安を感じますよね。

そこで今回は、これから一人暮らしを始める女性が防犯面を意識した家選びをする際に、注目すべきポイントをご紹介しようと思います。

ポイント1:ベランダや窓が死角になっていないか

ベランダの死角

上の階の部屋ほど、ベランダや窓が死角になりやすいので、高階層の部屋を選ぼうとしている人は注意してください。マンションの外から見上げてみて侵入者が来た場合に人目につきやすいか確認しましょう。

ポイント2:犯罪が起きやすい環境にないかどうか

マンションの環境

マンションの立地場所にも注目しましょう。
人気のない場所にあったり、何棟も同じような建物が立ち並び、物陰が多い場所にあったりする場合は要注意です。不審者に狙われやすくなってしまいます。

また、周囲に交番やスーパー、コンビニエンスストアなど万一のときに駆け込める安全な場所があるかどうかも確認します。

さらに、夜は昼間以上に危険が多いので、夜でもある程度人通りがあることや、マンションの周辺の道に街灯があること等もチェックしておきましょう。

ポイント3:セキュリティシステムはしっかりしているか

完璧ではないオートロック

オートロックや監視カメラが付いていれば必ず安心、というわけではありませんが、やはりマンションのセキュリティはある程度しっかりしている方が無難です。

また、モニター付きインターホンや、録画機能付きインターホンがあれば、ドアを開けなくても来訪者の確認がとれて便利です。

可能であれば、管理人が常駐しているマンションを選ぶとより安心して暮らすことができると思います。

ポイント4:鍵の防犯性にも注目

鍵の確認

部屋の鍵が、ピッキングに強いものであるかどうかも確認しましょう。
最も防犯性の高い鍵は表面にギザギザのないディンプルキーと呼ばれるもので、合い鍵を作るのにも他の鍵より高いお金がかかるので、防犯上適した鍵だといえます。

また、前の住人と同じ鍵を使うことがないように、鍵交換がしっかりと行われているかどうか入居時に確認することが大切です。

最後に

いかがでしたか。
初めての一人暮らしで不安を感じている女性は、上記のポイントで一人暮らしの家を選んでみることをおすすめします。

万が一のときの強い味方。当店の護身用品はこちらです。