防犯ブログ

最近では物騒な事件が増えていますよね。
特に一人暮らしをしている女性であれば、夜に一人で帰るのが怖いという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
またおうちに入る瞬間に何者かの変質者に狙われてしまうというケースも多発しています。

では、そんな変質者から身を守るためにあなた何を心掛けていますか?
具体的に変質者対策として行っていることは何かあるでしょうか?

「まだ何も対策をしていなかった…」という方はここでちょっと気を引き締めてみませんか。
備えあれば憂いなしと言われているように、事件が起きる前に準備や対策をしっかりとしておくことが大切です。

そこで今回は、変質者対策として何から始めれば良いのかをご紹介します!

○外から見える位置に洗濯物を干さないこと

洗濯物からそこに住んでいる人がどういう人なのか判断できるということをご存知でしょうか?

例えば、女性ものの衣類と男性ものの衣類に加えて子供の服が干してある家があった場合、この家には小さな子供のいる家族が住んでいるのだなと思いますよね。

それと同じく、女性ものの衣類のみを干していると「この家には女性が一人で住んでいるのだな」と知られてしまうことになります。
変質者にとって一人暮らしの女性宅は狙いやすいと言われていますし、実際に被害に遭うのもほとんどが女性が一人暮らしをしているおうちです。

そのため、外から見える位置に洗濯物を干さないように気をつけましょう。
もしくは女性が一人で住んでいることを悟らせないために、フェイクで男性ものの衣類を一緒に干すようにしても良いでしょう。

○郵便ポストに必ず鍵をかけること

干してある洗濯物だけでなく、郵便物を確認することでも、この部屋に女性が住んでいるという情報を把握することができます。
変質者に郵便ポストを漁られないように、必ず鍵をかけておくようにしましょう。

また、読んだ手紙や書類などはそのまま捨てずにシュレッダーにかけるなどして跡を残さないように注意してくださいね。

○窓のカーテンは必ず閉めること

夜になり外が暗くなってきたら必ずカーテンを閉めることを忘れないようにしましょう。
お家の中で電気を付けているときは、外から家の中の様子が丸見えになってしまっています。

基本的なことではありますが、このような小さなことから気をつけるように心がけてくださいね。

○在宅時間を悟られないようにする

毎日定時に帰ってくる方の場合には、外から見たときに家の明かりが付く時刻が同じになるかと思います。
実は変質者はこのような些細なことも把握して、あなたに近づく機会を考えているといっても過言ではありません。

そのため相手に在宅時間や帰宅時間を悟らせないように注意が必要です。
具体的な方法としては、帰宅よりも早い時間から電気が付くようにオート予約をしておくことや、たまには電気を付けたまま出掛けることをオススメします。

それ以外にも、例えば雨の降った日に濡れた傘を玄関のドアのところにかけておくことも避けた方が無難です。
どうしても傘を外で乾かしたいという場合には、家の中に女性が一人でいることを悟られないように男性ものの傘も一緒にかけておくようにしましょう。

○最後は自分自身を守るための護身用品に頼る!

ここまで変質者の被害に遭わない対策をご紹介してきましたが、それでも家を特定されて玄関に入ろうとした瞬間に襲われるということも否定できません。

そうなった場合に自分自身のことを守れるのは自分しかいないことになります。

そんなときに絶対に持っておきたいのが護身用品です。
護身用品には、スタンガンや催涙スプレーそして特殊警棒などがあります。
これらの道具は相手に対して威圧感を与えるとともに、ダメージを与えることも可能です。
持っていることを相手に示すだけで相手を怯ませられるのはもちろんのこと、使用することで相手の身の動きを封じることもできます。

相手の身動きが取れなくなったら、速やかにその場から離れて警察に助けを求めましょう。

今回は、一人暮らしをしている女性の方に向けて変質者対策として何をするべきかをご紹介しました。
変質者はいつどこに現れるか予測不可能です。
そのため、日頃から洗濯物や郵便物に気を遣うなどといった努力が必要になります。

しかし、最後にはやはり自分の身を守ることができるように、しっかりとした備えを用意しておくことが大切です。
「具体的にはどんな備えをすればいいの?」という方や、「催涙スプレーと特殊警棒のどっちを持っていればいいの?」という疑問をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひKSP護身用品専門店のホームページをご覧くださいませ。

それぞれの護身用品の特徴や使い方を説明するだけでなく、実際にその護身用品にはどのくらいの威力があるかどうかを、KSP護身用品専門店の店長が身体を張って証明しております。
ぜひご覧になって見てくださいね。

また質問等ございましたら、お気軽にKSP護身用品専門店までご連絡くださいませ。

防犯ブログ

あなたは、万が一の場合に備えて護身グッズを持っていますか?
「万が一」と申しましたが、最近では女性が夜遅くに一人で歩いているところを狙われるという事件が多発しています。

いつ、あなた自身がこうした事件の被害者になってしまうか分からないご時世ですから、ぜひ護身グッズを一つは持っておくようにしたいものです。

護身グッズには催涙スプレーや特殊警棒など色々なものがありますが、今回はその中でも「特殊警棒」について、メンテナンス方法などを詳しくご紹介します。

〇そもそも特殊警棒とは何か?

特殊警棒とは、とても強い打撃力を誇りかつ相手に威圧感を与えてくれる伸縮式の警棒のことを指します。
この伸縮式というのがポイントで、コンパクトに折りたたむことができるため持ち運びの邪魔にならず、また警棒を伸ばした時の威圧感により相手を驚かせることができます。

この特殊警棒は世界中のガードマンや警察の標準装備として使用されています。
特殊警棒の種類は、警棒を伸ばしたときのロック構造によってメカニカルロックと振出式の2種類に分けることができます。

また素材を基準にして種類分けをすると、アルミ合金・4135カーボンスチール・一般スチールの3種類に分けることができます。

特殊警棒が世界の警察などの標準装備であると言いましたが、彼らが使っているのはメカニカルロックで、素材はアルミ合金の特殊警棒です。
メカニカルロックは簡単に、そして確実にロックをかけることができる点で人気が高く、またアルミ合金は軽量で持ち運びやすい点で人気があります。

〇特殊警棒のメンテナンス方法

このように護身の観点から人気のある特殊警棒ですが、その素材が鉄でできていることもあり、放っておくと「サビ」が生じてしまう原因となります。
そのため特殊警棒には定期的なメンテナンスをすることが必要不可欠です。
以下ではそのメンテナンス方法をご紹介します。

1) まず初めに、警棒についているグリップを外します。
このあと再びグリップを付けるときに警棒のどちら側にはめるのか忘れてしまったということのないように、その向きはきちんと把握しておくようにしてくださいね。

2) グリップが外せたら、次はシャフト内についてしまったサビを落とす作業に入ります。
割りばしなどの細長い棒にガーゼやタオルを巻きつけてください。
その棒にオイルスプレーを吹きたら、シャフト内に棒を入れて内面についているサビを落とすようによく拭き取りましょう。

この際、グリップ部分にオイルが付いてしまわないように注意してくださいね。
シャフトにオイルを付けるとサビを落とすことができますが、グリップに付いてしまうとグリップの劣化に繋がってしまいます。

3) シャフトの内側のサビを拭き取ることができれば、次にシャフトの外側のサビの拭き取りを行いましょう。
この際、必ずしもサビが付着していないことがあります。
その場合であっても、このオイルでサビを拭き取るという作業を行うことで、次にサビが付くのを防ぐという効果を発揮してくれます。

そのためサビが付いているか付いていないかという事実にかかわらず、この工程は内側においても外側においても丁寧に行うようにしてくださいね。

また、あまりに強くオイルのついた棒でシャフトをこすってしまうと、シャフト自体の色が褪せてしまうことがありますので注意が必要です。

4) 最初に外したグリップエンドを元に戻せば、特殊警棒のメンテナンスは完了です。

このメンテンナンスを行うことによって、特殊警棒のサビを完全に取り除くことができるというわけではありませんし、サビの付着を完全に防ぐことができるというわけでもありません。

そうではなく、このメンテンナンスを定期的に行うことで特警棒を良い状態のまま長い期間保持することができるようになるのです。

★注意点)このメンテナンスを行う上で注意していただきたいことは、オイルをつけすぎないということです。
オイルをつけすぎてしまうと、シャフトを掃除しているうちにオイルが垂れてきてしまって、グリップ部分に付着してしまうという事態も想定されます。

そうならないように、事前にオイルの量を調節することはもちろん、拭き取りの作業中にオイルが垂れてくることが確認できる場合には、多すぎて溢れてしまっているオイルを適宜拭き取ってあげるようにしてみてくださいね。

〇メンテナンスの頻度

基本的に何も手入れの施されていない鉄がサビるのには、1年程かかるとされています。
そのためメンテンナンスを行う頻度として、最低でも1年に一回は行うようにしましょう。
特殊警棒を長持ちさせたい場合には、半年に一回の頻度でメンテンナスをすることをオススメします。

今回は護身グッズの一つである特殊警棒について、そのメンテナンス方法と頻度を詳しくご紹介しました。
特殊警棒の購入をお考えの際には、ぜひKSP護身用品専門店のホームぺージをご覧になってみてくださいね。

防犯ブログ

最近ニュースをつけると、夜道でストーカーだった不審者に声をかけられたという方や実際に被害に遭われたという方の話を見ることが多いですよね。
そんな世の中ですから、次はいつあなたがストーカーの被害者になるか分かりません。

しかし、そんな危険に遭ってしまいそうな場合でも、護身グッズさえ持っていれば身の安全を守ることができるのです!
そこで今回は様々な護身グッズの有効性をご紹介します。

〇スタンガン

スタンガンとは、触れた相手に電気ショックを与えることによって相手を威嚇する、もしくは相手の力を損なわせることのできる護身用グッズです。

スタンガンの有効性は、スタンガンを相手に見せるだけでも威嚇することができる点にあります。
電源を入れるとスパークが発生する仕組みになっており、その電気スパークを見せられただけでも通常はあなたに対して近づきたくないと思うはずです。

この「護身グッズを見せつけるだけ」で相手を退散させてしまうほどの威力を持つ護身グッズはスタンガンだけであると考えても良いでしょう。

またこのスタンガンのすごい点は、ストーカーが仮に日本人ではない場合であったとしても、相手を威嚇し退散させることができるところです。
電流に触れると感電するという恐怖は全世界共通なのですね。

さらに、スタンガンのもう一つの有効性は、相手がどこから襲い掛かってきても対応することができることです。

これからご紹介する催涙スプレーなどは、相手が後ろを向いている場合に効果を発揮してくれないことが考えられます。

その点スタンガンであれば、相手の身体に当てることができれば良いわけですから、その効果は全ての護身用グッズの中で一番高いと言うことができるでしょう。

〇催涙スプレー

催涙スプレーは、その噴射を浴びた相手の涙を誘発し、相手の身体の動きを封じ込める威力を備えている護身用グッズのことを指します。
この噴射については、たった一滴であっても目に入っただけで相手の身体の動きを数時間は止めることが可能です。

そのため相手に正しく噴射することができれば、十分に相手から逃げることが可能になります。

催涙スプレーには主に唐辛子の辛味成分を濃縮して液状にしたものが使用されています。
そのためこのスプレーの噴射を浴びた人間は、目にすさまじい痛みが走り、しばらくの間は目を開けることさえ困難な状況に陥ります。
ですので、相手の身動きを封じることが可能です。

また、催涙スプレーは絶大な威力を発揮してくれるものの相手に対して人的被害を与えない成分でできていますので、安心してお使いいただけます。

KSP護身用品専門店では持ち運びに便利な小さいサイズの催涙スプレーから、サイズも大きく威力も絶大な催涙スプレーまで取り揃えております。

〇特殊警棒

特殊警棒はその姿を相手に見せるだけで相手を威嚇することができるだけでなく、同時にすさまじいパワーをも備えている優秀な護身グッズの一つです。
その破壊力は数ある護身用グッズの中で一番強いとされています。

特殊警棒は、伸縮性のある棒になっていますので、普段の持ち運びの際には棒を縮めていただくだけで簡単に持ち運ぶことができます。
そしていざというときにはその棒を伸ばしていただくだけで、相手に対して圧倒的な威圧感を与えることが可能です。

持ち運びに際して邪魔にならないという点では、いつどんなときに相手が襲い掛かってきても対応することができるので、魅力的ではないでしょうか。

またこの特殊警棒は、打撃力があるにもかかわらず、重さが「軽い」のが特徴です。
いくら伸縮性があってコンパクトに折りたたむことができるといっても、毎日重たい特殊警棒を持ち歩くのは困難ですよね。

KSP護身用品専門店では様々な種類の特殊警棒を取り揃えておりますので、あなたの使い方に一番合っている特殊警棒を選んでみてくださいね。

〇まとめ

今回はスタンガン、催涙スプレーそして特殊警棒の3つをご紹介しました。
KSP護身用品専門店ではその他にも様々な商品の取り扱いがございますが、相手を撃退するための護身用品は以上の3点が主になります。

あなたは普段から、このうちのいずれかの護身用品を持ち歩いていますか?
最近は物騒な世の中ですから、いつどこで誰があなたのことを狙っているか分かりません。
そんなときにあなたが何も持っていないとすれば、自力で対処するしかありません。

「私には力があるから大丈夫」と思っている女性の方がいらっしゃるかもしれませんが、相手が襲い掛かってきてパニックになっている、そんな緊急事態のときにあなたが普段の力を発揮することができるかどうかはまた別の話です。

いざというときのために護身用品を一つでも身に付けておきませんか?
今回ご紹介した3つの商品はいずれも持ち運びの際に邪魔にならないとてもコンパクトな商品です。
それでいて強力な威力を発揮してくれる優れ物ですよ。

防犯ブログ

女性の皆さんの中には、「一戸建て」に憧れを持っている方も多いと思います。そしてその憧れを実現して「一戸建て」に引っ越した方もいらっしゃるでしょう。

一戸建ては確かに広々としていて、隣の人を気にする必要もなく便利ですが、マンションなどにはない特有の「問題」というものも存在します。
その問題とは、一戸建てにおいて、犯罪が発生しやすいということです。

そこで今回は、「一戸建てに住む女性の防犯対策」というテーマでお話させていただきます。

1. 一戸建ての「問題」

一戸建ての購入を検討されている方、もしくはもう既に住んでいる方は、防犯対策を行う必要があります。
なぜなら、一戸建てにおける「窃盗侵入件数」は、マンションなどに比べて格段に跳ね上がるからです。

平成27年の統計によれば一戸建て住宅の侵入窃盗発生認知件数は、マンションの17.5%と比べて3倍近く多い「41.5%」という驚異的な数字になっています。
つまり、一戸建てはマンションと比べて3倍「侵入されやすい」ということです。ですので、一戸建ての場合は、「侵入」に対する対策を意識的に行う必要があります。

2. 「侵入」されやすい原因

家に関する犯罪の大半は「犯罪者の侵入」から始まっています。家における物品や金銭の盗難から暴行、殺人に至るまで犯罪者に家への侵入を許してしまったことが原因です。
つまり「侵入」さえ防ぐことができれば、巻き込まれる可能性のある多くの犯罪を未然に防ぐことができるというわけです。

ですが、一戸建ての場合、マンションの3倍近く「侵入されやすい」という統計は先ほど見ていただいた通りです。ですので、一戸建ての場合は重点的に「侵入」への防犯対策を行う必要があるのです。

特に女性の方は「女性」というだけで狙われる可能性が男性より高くなるので、必ず対策を行ってください。

ここで、対策方法を見ていく前に「一戸建てが侵入されやすい原因」について考えたいと思います。原因は大きく分けて2つあります。

1つ目は「セキュリティー未完備」の点です。マンションなどには普通に付いている「防犯カメラ」「オートロック」「管理人」ですが、一戸建てになるとこれらのセキュリティーがついているケースが非常に少ないです。

2つ目の原因は「侵入経路の豊富さ」です。一戸建ての場合は他の住居に比べて圧倒的に「侵入に使える経路」が豊富です。マンションを例に出してみると、侵入経路は正面玄関と部屋の窓の「二か所」だけです。
しかも正面の玄関から入るには、「オートロック」を通り、「防犯カメラ」を潜り抜けて、「玄関の二重ロック」を突破しなければなりません。

部屋の窓も基本的に数が少ないので閉め忘れるということもなく、部屋が2階以上の場合たどり着くことすら困難です。

しかし一戸建ての場合、侵入経路は数多く存在します。玄関、裏口、無数の窓…。裏口が複数あるということも珍しくありません。
しかも玄関、裏口から入るためには塀を乗り越えて扉の鍵を突破するだけで済みますし、1階にもたくさんの窓があります。このように「侵入経路の豊富さ」が原因だと考えられます。

3. 侵入への対策

では、どのように一戸建てで防犯対策を行えば良いのでしょうか?2通りの方法がございます。

1つ目は「業者に頼る」というやり方です。有名な業者でいうとセコムさんやアルソックさんなどが挙げられます。この方法ですと、犯罪者を侵入前から威嚇することができます。

というのも、犯罪者は侵入前に必ず情報収集を行います。この情報収集の時に狙いやすい家かそうでない家かを見分けているのです。
この時にセキュリティー会社と契約していることは、大きな威嚇になるでしょう。

もしこの威嚇に怯まずに侵入しようとしてきたら、その際はセンサーが感知して光や音で警告を出し、その後警備員や家の人に報告して処理します。このように業者に頼るという方法は非常に安心な方法と言えるでしょう。

ただ、ネックになってくるのがその料金ですよね。「業者に頼るお金がない」という方は次の方法をご覧ください。

2つ目の方法は「防犯グッズなどで対策を行う」です。防犯グッズは個人で所有して用いるという認識が強いのですが、家などに備え付けるタイプの防犯グッズも存在します。
その他にも「ばったり犯人と家の中で出くわしてしまった」「ストーカーが家の中まで侵入してきた」というような、一刻を争う事態でも防犯グッズは非常に役に立ちます。

なぜならこのような事態では、セキュリティー業者が駆けつけてくれるのを待っている時間はなく、素早く犯人を撃退しなければならないからです。

「セキュリティー業者に頼るお金がない」という方は、「犯人を感知する」タイプのセンサーなどの防犯グッズと「犯人を撃退する」スタンガンのような防犯グッズを、「セキュリティー業者とすでに契約している」という方は「犯人を撃退する防犯グッズ」だけでもお持ちになることをお勧めいたします。

4. 終わりに

以上で今回のお話はおしまいです。ぜひとも防犯対策を万全にして夢の一戸建て生活をお過ごしください!