防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)

0
ログイン 新規会員登録

KSP会員になるとポイントが貯まります

防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)
日本護身用品協会加盟

おかげさまで13周年・全品在庫・即日発送  公官庁/警察/自衛隊/学校/教育機関/各種団体納入店

[商品カテゴリ] スタンガン催涙スプレー特殊警棒防弾・防刃チョッキ防犯盾金属探知器セット商品商品一覧 [商品カテゴリ]

当店はテレビ放送されました/フジテレビ「坂上ジュニアの日本アブナいいね!大賞」大賞受賞/フジテレビ「本当に使用できる護身用品の専門店」全国放送 >> 他出演多数

注目の最新型スタンガン S-315 S-314 S-170 S-171 S-365

スタンガンの選び方

用途や目的などから考えるスタンガン選びの基本的な考え方

関連コンテンツ:スタンガン

スタンガンはどのように選んだらいいのでしょう

スタンガンには、その種類に応じていろいろな違いがあります。

慣れない方にとっては、どの部分を重視してどう選んだら良いのかさっぱりわからないと思います。

例えば、スタンガンの注目すべき仕様として以下のようなものがあります。

スタンガンの主な仕様

  • 電圧
  • 威力
  • 大きさ
  • 形状
  • 規格
  • 価格

これだけでも6項目。そして実際に護身用スタンガンの機種は30種類近くに及びます。

ややこしいし、よくわからない、というのが正直なところですよね。

そこで、ここではそのバリエーションの中から、あなたに最適な一台を選ぶ目安を解説しましょう。

まずは主な仕様の解説

ますは先ほどの「スタンガンの主な仕様」6項目を説明します。これらは今後スタンガンを選んでいく際にとても大切なことなので、ぜひ覚えておいてください。

電圧(威力に直結するが怪しい側面も)

スタンガンが出力する電圧のことで、威力に直結します。

電圧は、表示するとわかりやすいことから「スタンガンの電圧=性能」とPRするショップも多々みかけます。しかし、この電圧というのは簡単に計測できるものではないので、言わば「ショップやメーカーの言ったほうが勝ち」状態というのが現実です。よほどメーカーやショップが信用できない限り、表示電圧が本当かどうかは怪しいと考えましょう。

そして、もうひとつ大切な点は「スタンガンの威力は電圧だけで決まるものではない」ということです。

スタンガンの電気ショックによる人体への影響は、電圧と電流の相乗効果によるものです。なので、スタンガンの威力を重視する場合、電圧だけで選ぶことはできません。

当店が取り扱う護身用スタンガンは、50万V以上で相手を倒れ込ませる性能があります。痛みを与えるだけなのか、相手を倒れ込ませるのかの境界が50万Vだということだけ覚えておきましょう。

威力(スタンガンの強さそのもの)

威力とは、スタンガンの2つの特徴である「スパークによる威嚇」と「相手に与える電気ショック」の強さを指します。威力は電圧だけで決まるものではありません。威力こそが、スタンガンの強さを基準に選ぶときに最も重要です。

スタンガンの威力は、実験による電気ショックの体感と電気スパークの大きさでランク付けできます。

当店では実際に店長が様々なスタンガンを体験実験し、すべてのスタンガンのスパークを確認し、当店独自の「電撃レベル」として数値化しています。当店が数値化した電撃レベルこそが、スタンガンの威力を数字で判断できる唯一の基準です。

スタンガンの威力を重視して選ぶときは、当店の電撃レベル表示を確認しながら、威力の強いスタンガンを選べば確実です。

大きさ(普段のストレスに直結)

スタンガンは手に持って使用しますが、本体の大きさは様々です。

強力なスタンガンは電池を2個使用する関係上、どうしもレギュラーサイズになります。コンパクトスタンガンは威力は若干落ちますが、携帯性がよく持ち歩きやすくなります。

スタンガンを常に身につけておこうと考えたとき、その大きさはストレスに直結します。つまり、大きさを気にしないでよい運用であればレギュラースタンガンが良く、普段持ち歩くようであればコンパクトスタンガンのほうが適しているといえます。

当店では、既に危険が迫っているような方には多少無理をしてでも強力なレギュラースタンガンをお勧めしています。逆に、差し迫った具体的危機はないが万一に備えておきたいという方にはコンパクトスタンガンを勧める場合もあります。危険が迫ってないのに無理なサイズのスタンガンを購入すると、つい面倒で持ち歩かなくなる可能性があるし、それでは万一の時に持っていないという最悪の結果を招く恐れがあるからです。

スタンガンは万が一のときに手元にないと意味がありません。スタンガンの大きさは今後のご自身の安全に深く関わってきます。ご自身のライフスタイルに負担にならないサイズのスタンガンを選ぶことがとても大切です。

形状(想定するシーンに応じて様々)

スタンガンの形状には次のようなものがあります。

  • レギュラーハンディ
  • コンパクト
  • ペン
  • ロングバトン
  • ショートバトン

レギュラーハンディ

一般的なハンディサイズであり、威力が強力です。男性がホルスターを利用して腰に装備するには問題ありませんが、女性がカバンに入れるには少し大きめです。十分な威力があるので、携帯用と自宅や店舗の防犯用を兼ねるケースも多くみられます。

コンパクト

タバコの箱サイズであり、持ち歩きやすさが最大の特徴で女性に人気があります。レギュラータイプより威力は若干下がりますが、それでも100万V以上では十分以上に強力で、性能に心配は不要です。持ち歩きやすさと性能のバランスがもっとも良いスタンガンです。

ペン

スティックタイプなのでちょっとしたカバンのポケットや、洋服の内ポケットでも違和感なく収まります。単4電池を使用しますので威力は弱めです。電車内の痴漢対策など人が密集した場所でも使用しやすい特徴があります。本格的な護身目的の場合にはペンタイプよりコンパクトタイプをお勧めしています。

ロングバトン

棒のような形状で、スタンガンの中で最も大きく長いタイプで、携帯には不向きです。護身用品は手に持っているだけで威圧感があるのかどうかも大切な要素ですが、ロングバトンタイプは圧倒的な存在感があります。また、長さがあるので、他のスタンガンと比べると相手から距離をおいて使用できます。ロングバトンタイプは施設や店舗などで最も使用されているモデルです。

ショートバトン

ロングバトンの短いモデルですが、それでも大きさがありますので携帯には不向きです。ロングバトンを使用するには狭いような場所に適しています。ショートバトンもロングバトンと同様に、施設や店舗などの防犯に使用されます。

スタンガンは、それぞれの形状に応じた特徴をよく理解し、ご自身の使用を想定されるシーンに適した形状を選びましょう。なお、どのような用途も無難に対応できるのはレギュラータイプです。

規格(地味だけどとっても大事)

スタンガンにも規格があるって知ってましたか?そして、市販のスタンガンには規格適合のスタンガンと、規格外のスタンガンがあることも。

スタンガンは命を守る大切なものです。その性能や信頼性の証明として、当店のスタンガンは全て日本護身用品協会(JSDPA)が定める規格をクリアしています。そして、規格を何も表示していない規格外スタンガンも世の中には無数に存在します。もちろん規格外のスタンガンなど怖くて護身用に使用できないのは当然です。

スタンガンで真剣に身を守りたいときは、スタンガンにも相応の性能や品質が必要です。購入するときは当店のような信頼のおけるショップで、購入する製品はJSDPA規格合格品が安心です。

価格

スタンガンの価格はそれぞれですが、ほぼ威力に応じています。しかし、世の中のスタンガンを全体的に見ると、 格安品から相応の価格品まで様々です。格安品に至っては、威力相応どころか完全にオモチャの部類に入るものまで存在するからやっかいです。

まずはしっかりと目的を達成できる威力を持ったスタンガンという条件を最低条件として、それから価格を下げるために威力を選んでいくという方法もあります。いずれにしても格安品にはおもちゃ以上の期待をしないことも大切です。

命はお金に代えられないとお考えの方は、当店が推奨するようなスタンガンを選んでください。当店はおもちゃのような粗悪なスタンガンは扱っておりません。

実際にスタンガンを選ぶ手順

それでは実際にスタンガンを選ぶときにはどうしらいいのか。

スタンガンの選ぶときには以下の手順に選びましょう。

1.形状や大きさを選ぶ

2.威力を選ぶ

3.価格を検討する

1.形状や大きさを選ぶ

あなたはスタンガンを持ち歩きますか?自宅や店舗に置いておきますか?持ち歩くときはバッグに入れますか?バッグには十分なスペースの余裕がありますか?

スタンガンは万が一のときに手元になければ意味がありません。どのような形状や大きさならいつも手元におけるのか、まずはそれを重視して形状と大きさを選びましょう。

当店のスタンガンのページでは、スタンガンを大きさと形状別に分けて表示していますので、簡単にタイプを選ぶことができます。

2.威力を選ぶ

形状と大きさが決まれば、次は威力を選びます。

本格的な護身が目的なら、まず最低限として50万V以上のスタンガンを選びましょう。さらに50万V以上でも複数のモデルが存在する場合、可能な限り威力の強いスタンガンを選びます。威力の比較は、スタンガンと同時に表示している電撃レベルを参考にしてください。

万が一スタンガンを使用するときは、目の前に危険が迫っている状態です。スタンガンは少しでも威力が強いほうが、より確実に相手を撃退できます。そういう意味で、スタンガンを選ぶときは可能な限り強いスタンガンを選びましょう。

(強い護身用品は怖いですか?そんな方は護身用品は怖くて当たり前。だから少しだけ勇気を持って!をご覧ください。)

3.価格を検討する

もし少しでも安いスタンガンが良いとお考えなら、最低50万V以上のスタンガンを選ぶという条件を閑雅ながら、価格の安いスタンガンを選んでも問題ありません。(もちろんおもちゃスタンガンは論外です)

しかし、スタンガンを始めとした護身用品は自分の命を守るもの。しっかりした性能や威力を求めると、価格も相応のものになります。最高の護身性能を求めれば、最強のスタンガンを選ぶことになります。しかし、価格に問題があるのなら50万V以上のスタンガンの中から好みのスタンガンを選んでも問題ありません。

最後に

ここまで長くなりましたが、スタンガン選びの基本について説明しました。

長いし、項目多いし、わからないという方は、どうぞお気軽に当店へお問い合わせください。そのような客様にアドバイスするための専門店なので遠慮は無用です。疑問などもどんどんぶつけてきてください。お問い合わせをうけながら、専門家の視点で最適なスタンガンをご案内します。

KSP(年中無休24時間・深夜除く)→ 0940-42-9042

その他の問い合わせ方法はこちら

Q&Aコーナーのスタンガンに関するQ&Aでも選びかたについて解説しています。

> スタンガンはどう選んだらいいですか?

スタンガンに関するコンテンツ

こちらもご覧ください>>スタンガン情報ページ

スタンガンに充電式電池を使用できます


護身用品は非殺傷武器です。基本的な必須知識の理解が必要です。

特定商取引法に基づく表示

護身用品カテゴリ

注目

マスコミ実績

フジテレビ THEベストハウス123にKSPが登場
マスコミ掲載紹介

KSPイチオシ

護身用品特集・レビュー

TMMスタンガン完全保証

通販

オススメ

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加