防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)

0
ログイン 新規会員登録

KSP会員になるとポイントが貯まります

防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)
日本護身用品協会加盟

おかげさまで13周年・全品在庫・即日発送  公官庁/警察/自衛隊/学校/教育機関/各種団体納入店

[商品カテゴリ] スタンガン催涙スプレー特殊警棒防弾・防刃チョッキ防犯盾金属探知器セット商品商品一覧 [商品カテゴリ]

当店はフジテレビ特番「坂上ジュニアの日本アブナいいね!大賞」で大賞を受賞しました。 マスコミ実績

注目の最新型スタンガン S-315 S-314 S-170 S-171 S-365

世界最強の威力と性能を誇るTMMスタンガン

関連コンテンツ:スタンガン

TMM社のスタンガンの特徴

TMMスタンガン マグナム-Xセダン[S-312]

TMM社のスタンガンはスパーク音(空中放電の音)が一般的なスタンガンとは全く違います。特にTMM社スタンガンのハンディクラス最高スペック品(130万V)であるマグナム-Xセダン[S-313]や世界最強130万Vスタンガンのマグナム-Xバトン[S-168S-169]は、世界中のどのようなスタンガンのスパークと比較してもスパークの大きさや眩しさ、スパーク音の大きさ(重さ)が段違いに大きく、スパークの音が振動として手元に伝わってくるスタンガンは他にはありません。

これは別の電圧のスタンガンにしても共通して言えますが、同じ電圧仕様のスタンガンを比較しても明らかに差が出るのは、TMMスタンガンが質の高い(電気的に余裕のある)内部回路を搭載しているからです。製品の個々の性能面でのバラつきも小さく、一般的なスタンガンに比べると非常に均一な仕上がりを見せます。

また、製品の初期不良の少なさは特筆モノで、当店でもTMMスタンガンは既に数千台の販売実績がありますが、出荷前動作テストでの不良発生数はほぼゼロです。これは驚異的な数字です。

一般的なスタンガンの内部回路は意外と雑な面もあり(部品製造国の国柄などが影響?)、こういった事が製品のバラつきや初期不良発生率を高めてしまうわけですが、1販売店レベルで製造メーカーに抗議しても限界があります(実際に抗議した事も何度もあります)。従って、通常国内の一般的なスタンガンは、大量に輸入し、不良品を間引いた良品だけを選んで販売するしか方法がありませんでした。

しかし、TMM社はこれら品質の問題解決に取り組み、内部回路に至るまで詳細を海外メーカーに指示し、品質を高めました。こういった日本で使用する護身用品には日本人が満足する品質を、といった姿勢が製品にもよく現れています。製品の品質のみではなく実際の威力についても厳しい追求がなされており、こういった様々な対策が安定した動作と威力を維持し、高品質な製品を生む結果に繋がっています。

この確かな作動と高い威力、安定した品質は、特に業務運用(プロ向け)には欠かせない要素です。TMM社が国内の業務用としても圧倒的なシェアを占めているのは不思議な事ではありません。

スタンガン全製品に3年間の完全保証を付けている事からも、TMM社の自社製品への自信が現れています。

スタンガンは万が一の時に、自分の命を守る武器です。大きな責任のある護身用品なだけに、当店としてはやはり高品質で確かな威力のTMMスタンガンのみを取り扱っております。

危険!並行輸入品(コピー品)に注意

国内流通のスタンガンの実情やTMMスタンガンの特徴、設計思想、品質への取り組み
(TMM公式サイト日本一の性能最強のスタンガンより抜粋)

● もちろん、世界No.1のスタンガンです。(当社の調べによる。)
● 次世代の最新鋭技術で9Vアルカリ電池1個使用で90万ボルト出力のスタンガンを新発売しました。(S-306、S-308)9Vアルカリ電池2個使用の90万ボルト(S-307)も同時新発売です。
● 先進の技術で9Vアルカリ電池2個使用で安全、かつ安定した50万ボルトの出力を可能にした定番スタンガン(S-301、S-302、S-164、S-165)もロングセラー・スタンガンです。
さらにアンペア(A)のアップにより、さらに強烈な電気ショックを与えます。
● 9Vアルカリ電池3個使用の台湾製の20〜60万台のボルトや韓国製90〜110万ボルトのスタンガンよりも群を抜いてハイ・パワーです。
● 特に韓国製の90〜110万ボルトという超高電圧(ボルト)の表記(表現)で販売されているスタンガンは、スタンガンの威力(接触させた時の実際のショックの強度)を説明(保証)するものではなく単なる商品名の一部として表面上で商品価値を引上げるため、または販売価格を引上げるためと思われます。オモチャ(玩具・TOY)の延長線上のような商品と思われます。
● 実際のスタンガンのショック度を決定する重要な電気回路の仕様でボルト(電圧・V)、アンペア(電流・A)、ワット(消費電力・W)がありますが特にショック度を決めるのに最も重要なのがアンペア(電流・A)です。電圧(V)は特にスタンガンのスパーク(放電)のスパーク音量、力強さを作ります。そしてアンペア(A)が接触させた時のショックの強度を作ります。ワット(W)はボルト(V)とアンペア(A)との相関関係で作られます。
● ですからスタンガンの性能や威力を表示するボルト(V)、アンペア(A)、ワット(W)が公表されずに販売されていること自体が、そのスタンガンが玩具(オモチャ)であることの証明なのです。実際の威力を公表しない護身器具など有り得ません。スタンガン購入者(お客様)にとって一番大切な情報を公表せずに、エアーガンやモデルガン等の玩具販売の延長線上で「護身器具のような(〜に似ている)商品」として販売しているのです。
● 事実、TMM社以外のすべての業者が販売しているスタンガンは電圧(V)、電流(A)、消費電力(W)のすべてを全く公表していません。犯人に接触させた時のショック度のレベルなどを具体的で詳しい説明をしていませんので、お客様は何を基準にして買うのでしょうか。それは前述の商品名の一部のように表示している90万ボルトとか110万ボルトで、そのスタンガンの性能や威力のレベルを「お客様に想像させて」販売しているのです。実際のこれらの90万ボルト、110万ボルトはTMM社のスタンガン50万ボルトと比較すると同等かそれ以下の威力しかありません。(当社の調べによる。)

● TMM社のスタンガンはこれらの重要な情報である電気回路の仕様をすべて公表して、個々のスタンガンの性能・威力を理論的に説明しています。日本国内では唯一TMM社だけです。

KSPがTMMスタンガンのみを扱う理由

KSPは創業以来、実に多種多様なスタンガンを手にし、目の当たりにしてきました。そういった経緯の中で、ごく当然なのですがTMMスタンガンと出会いました。

TMMスタンガンはこれまでのどんなスタンガンとも一線を画す優れたスタンガンでした。安定した動作、高い完成度、段違いの威力などそれをとっても満足のできる高いレベルの製品だったのです。

スタンガン特有の帯電圧一つとっても、TMMスタンガンの他のスタンガンとの違いを実感できます。スタンガンは内部回路で電圧のチャージと放電を繰り返すのですので、スパーク後にはどうしても内部チャージ部分にチャージ電圧が残ります。これを、スタンガン放電後に電極を金属片などに当てて放電しなければならないのですが、他社のスタンガンが放電時に小さく「パチリ」と火花が出たり、小さなスタンガンに至ってはほとんど火花が出ないのに対し、TMMスタンガンは「バチン」と大きな放電をするのです。この状況を見ても、TMMスタンガンが内部回路にチャージする電力の大きさを実感できるのです。

KSPはTMMと出会ってから暫くして正規代理店となり、その後数年間は他社スタンガンと平行販売を続けてきました。

しかし販売を続ければ続ける程、果たしてこの状態が正しいのかというジレンマが膨らんできました。TMMスタンガンがあまりにも優れているため、他社のスタンガンを販売する時に罪悪感を感じ始めたのです。

こういった事からKSPでは2008年9月をもって、取扱いスタンガンをTMMスタンガンのみに絞る決意をしました。

通常は商品バリエーションを増やしてゆくのが常識とされているショップ運営の中において、バリエーションの縮小は勇気のいる決断でしたが、護身用品専門店として利益よりも守らなければならない大切ものがある、護身用品はお客様の命に関わる重要なものなのだという信念に従い、決断をした次第です。

KSPはこれからも護身用品の重要性を決して忘れず、お客様の立場になって護身用品を提供して参ります。

TMM社が考える護身用品として信頼のおける真のスタンガンについて
(TMM公式サイト販売店になった後の安心より抜粋)

■ 本物の護身器具です。
■ 確かな品質(性能・威力)でお客様から信頼されています。
● TMM社が定義する「本物のスタンガン」は下記の通りです。

(A)実際に犯人に接触させた時の威力・ショック度を実際の人体実験のデータに基づき詳しく説明している取扱い説明書が添付されているもの。
(B)最低1年間以上の無料の無制限・新品保証交換制度(保証書を発行する。)があるもの。
(C)メーカー名、販売店名(輸入業者名)などを明確に表示しているもの。
(D)特にスタンガンのボルト(V)表示は、そのスタンガンの商品名として、また高価格で販売するため意図的に表示した偽り・騙しのボルト(V)数値ではなく、真にそのスタンガンの威力(ショック度)の強度を正確に表示した信頼できるスタンガンであること。
(E)スタンガンの電気回路仕様のボルト(V)・アンペア(A)・ワット(W)など特に放電時(スパーク時)のボルト(V)とアンペア(A)数値を公表しているもの。
(F)実際に犯人にスタンガンを接触させたときに本当に犯人を撃退するだけの性能・威力(電気ショック)があるもの。
(G)メーカー及び販売者が取扱い説明書に添った正しい方法で犯人に接触させたときに確かな効果があると保証しているもの。
以上(A)〜(G)が護身用(本物の)スタンガンの基本条件です。

・特に業務用スタンガンでは必須条件となります。ですからこれらの必須条件を満たしていないスタンガンは偽物(にせもの)・擬い物(まがいもの)とTMM社では考えています。護身用スタンガンとしては使用できません。

・またこれらの偽物・擬い物スタンガンを販売する業者は消費者を欺く(騙す。)悪質な業者であるとTMM社では考えています。


護身用品は非殺傷武器です。基本的な必須知識の理解が必要です。

特定商取引法に基づく表示

護身用品カテゴリ

注目

マスコミ実績

フジテレビ THEベストハウス123にKSPが登場
マスコミ掲載紹介

KSPイチオシ

護身用品特集・レビュー

TMMスタンガン完全保証

通販

オススメ

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加