効果絶大!身を守る道具としてスタンガンを選ぶメリット

2017年11月24日

スタンガン

一人で出歩くことが多い人、特に女性にとって何か危険な目に遭った時に自分の身を守ることはとても大切です。
自分の身を守る防犯グッズとしてスタンガンを思い浮かべる人は多いと思います。

しかし、日本ではスタンガンがあまり普及しておらず、実際に持っている人は少ないのではないのでしょうか?

そこで今回は、スタンガンについて詳しく知って、防犯対策としてスタンガンを持ち歩くメリットを知ってもらいたいと思います!

スタンガンの効果

スタンガンは高電圧を発生させて相手を威嚇・撃退できる携帯用の護身具です。
空中放電をすることによりスパークや光の音で高い威嚇効果を発揮します。

身体に直接に与える効果としては、人体に電極を押しつけて放電することで高電圧電流が相手の体内に流れ、激しい痛みをともなって体中の筋肉がこわばり、身体の自由が利かなくなります。

スタンガンのメリット

即効性が高い


しっかりとした性能のあるスタンガンなら、当てた瞬間から相手が身動き一つとれなくなります。瞬時に威力を発揮できるので、たとえば女性が強い力で後ろから抱き付かれたり、身体の一部を掴まれたりしたとしても、スタンガンを使うことで相手を振りほどくことができます。

相手が密着してきた場合は、相手の太ももやわき腹などどこでもよいのでスタンガンを接触させて放電すれば効果が得られるのです。

攻撃しなくても威嚇になる


スタンガンのメリットとして、高い威嚇力が挙げられます。
実際にスタンガンを相手に接触させて使わなくとも、相手の目の前でバチバチとスパークを発生させるだけで相手をひるませることができます。

実際に相手に攻撃する際には相手に近寄る必要がありますが、威嚇だけなら相手から離れていても大丈夫なので、襲われる前に不審者を撃退できるというメリットがあります。

人体にとって安全である

スタンガンは高電圧を発揮して相手に痛みを与えますが、後遺症が残るような怪我をさせることはないので、人体に安全であるといえます。これは店長自身が実験して証明済みです。
したがって、相手を怪我させずに自分の身を守れるという点でとても優れた護身具になります。

スタンガンのデメリット

今までスタンガンのメリットを紹介しましたが、スタンガンのデメリットについても触れておきます。

スタンガンは実際に直接的に攻撃するとなると相手に近づかなければならないというデメリットがあります。怖いと思っている相手に近づくのは少し大変かもしれません。

しかし、前述したようにスタンガンは持っていることを相手にアピールするだけでも十分に威嚇効果を発揮するので、相手から離れていても、威嚇で不審者を撃退することができます。

最後に

いかがでしたか?
自分の身を守る道具としてスタンガンを使用することのメリットをお分かりいただけたと思います。危険な目に遭いそうになった時のためにも、スタンガンを持ち歩くことを検討してみてくださいね。

当店のスタンガンはこちら