規則的な生活はストーカーのきっかけに!ストーカーの防犯対策とは

2017年12月14日

規則正しい生活はストーカーのきっかけ

「毎朝、家の近所の公園でランニングするのが日課」
「会社帰りには、行きつけのコンビニに行く」
など、規則的な生活を送っている方は多くいらっしゃいます。

毎回、ランニングをするルートを変えたり、違うコンビニを通ったりするのは面倒なので、規則的な生活を送りがちですよね。

むしろ、規則的な生活を送ったほうが良いこともあるでしょう。しかし、いつも同じ時間に、同じ場所にいると、ストーカーに狙われやすくなります。では、なぜ規則性のある生活を送っている方は、ストーカーの被害に遭いやすくなるのでしょうか。

今回は、ストーカー被害の原因と防犯の対処方法についてお話ししたいと思います。

そもそもストーカーとは?

そもそも、ストーカーというのは、特定の者に対する恋愛感情やそれが満たされなかったことに対する怨念の感情を充足する目的で行う行為のことです。具体的には、以下のような行為を繰り返し行うことを指します。

  1. つきまとい・待ち伏せ・押し掛け
  2. 面会・交際の要求
  3. 無言電話・連続した電話、ファックス
  4. 名誉を傷つける
  5. 監視していると告げる行為
  6. 乱暴な言動
  7. 汚物など不快な物の送付、性的羞恥心の侵害

ストーカー被害の原因と対処方法

ストーカーの対処法

結論から言えば、ストーカーの被害に遭わないためには、ターゲットにならないことが重要です。ストーカーは、狙いやすいかどうかを判断して、ターゲットを選定します。ですから、「こいつは狙いにくい」と判断されれば、ターゲットにされる可能性は下がるのです。

規則的な生活を少し変えてみる

では、ストーカーに狙いやすいと判断されるのは、どのようなときなのかでしょうか。それは行動が読みやすいときです。つまり、冒頭で触れた通り、規則的な生活を送っている方がターゲットにされやすくなります。

「毎朝ランニング」「会社帰りにコンビニ」など、ターゲットの行動が分かれば、狙いやすいのは当然です。ですから、規則的な生活を送りすぎると、ストーカーの被害に遭う確率が高くなると言えます。

逆に言えば、行動パターンを読まれなかったら、ターゲットになりにくくなります。ですから、ランニングするときでも、「今日は、ここのルートを走ってみようか」、コンビニに寄る際にも、「あっちのコンビニのデザートはどうだろう」など少し規則性のある生活を変えてみることが重要になります。

最後に

いかがでしたか。規則的な生活を送っている方は、ストーカーに行動を読まれていないか注意することが必要になります。

一度、気分転換に、いつも同じ時間やルートではなく、ルートを変えてみたり、時間を早めたり遅らせたりするとよいでしょう。

そして、万が一に備えて防犯対策グッズを携帯しておきましょう。

当店の護身用品はこちら