防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)

0
ログイン 新規会員登録

KSP会員になるとポイントが貯まります

防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)
日本護身用品協会加盟

おかげさまで13周年・全品在庫・即日発送  公官庁/警察/自衛隊/学校/教育機関/各種団体納入店

[商品カテゴリ] スタンガン催涙スプレー特殊警棒防弾・防刃チョッキ防犯盾金属探知器セット商品商品一覧 [商品カテゴリ]

当店はフジテレビ特番「坂上ジュニアの日本アブナいいね!大賞」で大賞を受賞しました。 マスコミ実績

知って安心!ストーカーの危険性と対処法

知って安心!ストーカーの危険性と対処法

意外と多いストーカーの相談

女性の悩みで多いのが、ストーカー被害です。KSPへの相談の中でも、ストーカー被害に悩む女性の方は多く見受けられます。

女性へ脅威を与えるストーカーはほとんどが男性です(まれに女性の場合もありますが)。女性は男性に比べ体力的に劣るので、大きな危険に晒されます。

ストーカー行為とは

ストーカーとは簡単に言うと次の行為を指します。

ある特定の人に対してつきまといや嫌がらせを繰り返し行う行為

出展:警視庁(ストーカー規制法について)

でも、どれくらいのしつこさがつきまといなのか、はっきりしませんよね。

嫌がらせといっても警察沙汰にする程なのか?悩む方も多いと思います。

  • 警察に相談したらストーカーが逆上するのでは?
  • 仕返しや復讐が怖い
  • 警察があてになるのか?
  • 警察に相談したけど証拠がないと言って相手にされない

いくら法律や警察があっても悩みは尽きません。

ストーカーの通報については、特に被害の程度と証拠は重要なようです。同じ程度の被害でも個人によって受け止め方が違います。同様に同じ程度の被害を警察に相談しても警察官によって受け止め方は様々です。

警察は民事不介入が鉄則なので個人的な問題には一切関わりません。当然ですよね。あくまで刑法に沿って容疑者を逮捕したり、市民の安全を守るのが警察の役目だからです。

そこでストーカー規制法が出来たわけですが、被害相談があったからといってすぐに逮捕は出来ません。一人の人間を強制的に拘束し、自由を奪う行為は大変重い事なのです。

過去にストーカー行為がエスカレートして起こった殺人事件が何度もあっています。

警察はもちろんこういった事件を未然に防ぎたい考えますが、だからといって相談があるたびに迷わず全員逮捕する事は出来ません。まずは証拠を集め、繰り返しを立証し、逮捕状をとらなければ逮捕出来ないからです。警察が「証拠が必要」というのはきわめて自然な事なのです。

そしてもう一つ心配になるのがその後です。

  • 警察に相談したけど注意だけで逮捕しなかった。
  • または一時拘留したけど釈放された。
  • 逮捕され起訴されたけど執行猶予が付いた。

こうなるとストーカーは自由になります。

ストーカー問題の根本を解決せずに、ただ通報しただけでは、結果として自由になった「ストーカーの心境」がどう変化しているかわかりません(少なくもと良い心境ではないでしょう)。

こういった心配も警察への通報を躊躇する一因になっています。

ストーカーの原因(自己中心的な考えや勘違いなど)

当店に相談される方にはストーカーについて具体的に説明して下さる方もいます。

私が聞いた範囲で、ストーカー化するパターンの多くはこういった人たちです。

  • 元カレ
    一方的に別れた・相手が好意を持っている
  • 元夫
    一方的に別れた・相手が好意を持っている・こちらに財産がある
  • 友人
    交際をあいまいに断った
  • お客様
    スナックや携帯ショップなど・接客を個人的な好意と勘違い

こうして見ると相手の事を考えない自己中心的な男性が多いようです。

まずは相手の事を考えるという基本的な意識がない男性と、うまく(上手に)別れられない女性が関係をこじらせているように感じます。

相談を受ける上ではあくまで女性ははっきり意思表示したと聞きますが、それが一方的になってしまうと相手が納得できず関係がこじれます。

理想的なのはお互いに納得して穏やかに別れる事ですが、なかなか簡単じゃないですよね。

接客業に至っては、営業トークを理解しない男性が圧倒的に悪いと思います。仕事で接客されている女性は「仕事中」なのだと理解して欲しいものです。

よくあるパターン(ストーカー行為)

相談で多いストーカー被害はこのような行為です。

  • 待ち伏せ
  • つきまとい
  • 尾行
  • 電話や手紙での嫌がらせ

具体例を挙げると、

  • 毎日帰宅時に自宅前で待っていて、復縁を迫ってきたり、交際を迫る。
  • 駅やバス停にいつもいて、しつこく話しかけてくる。
  • 自宅ドアに、お菓子や日用品が入った袋をかけていく。(好意の押しつけ)
  • しつこく電話がかかってきたり、大量のメールを送ってくる。
  • 無言電話がかかってくる。

ストーカー行為は、相手の行為が被害者にとって「しつこい(不快)」と感じれば成立します。事実、毎日このような不快な思いをされている方々が大勢おられます。

ストーカー行為そのものは、女性にとって特別危険なわけではありません。しかし、ストーカー行為は、犯罪の段階として「凶悪犯罪に発展する危険性をはらんだ初期段階」である可能性を、決して忘れてはなりません。

もともとはゆき過ぎた好意

ストーカー行為はほとんどが、元はゆき過ぎた好意です。(一部では金銭目的や純粋な嫌がらせもありますが)

  • 別れを告げられたけど好きでたまらないから復縁したい。
  • 交際を断られたけどどうしても交際したい。
  • もっと自分の事をわかってもらえれば好きになってくれるはず。

これらの考え方は、自分勝手で自己中心的ですが、ストーカーにとっては切実です。まさか自分がストーカーと思われているなんて想像もしていないでしょう。好意をわかって欲しい、好きになって欲しい、ただそれだけの純粋な気持ちを、常識を逸したゆき過ぎた行為で表現してしまっているのです。

様々な目的から、結果的にストーカー行為をする人は、言い替えれば異常者といえます。

相手の事を考えない、自分勝手、自己中心的、わがまま、なんとでも言えそうですが、共通しているのは「常識と自制心がない異常者」という点でしょう。

相手の迷惑を全くを考えず、自分の欲求だけを満たそうとするのですから。

好意がやがて憎悪に

ストーカーとなってしまうような人への接し方には、特別な注意が必要です。そもそも常識がなく、異常な行動をとるような人ですから当然です。

ストーカーには、人間としての適切な対応方法が重要です。

  • 別れ際でもきちんとした礼儀を忘れずに接する。
  • 未練を断ち切らせるために思わせぶりな態度や行動は慎む。
  • 別れることに納得させるため丁寧に対処する。

逆に、面倒くささや恐怖感、気まずさなどからとってしまいがちな、悪い対応例を見てみましょう。

  • 突然連絡を絶つ。
  • メールや電話を完全に無視する。
  • 知人を通して(又は同席させ)別れ話をする。
  • 相手が納得できるような話し合いを持たず、一方的に関係を解消する。

このような、まるで自らストーカーを作っているような良くない対応は意外と多いものです。心当たりのある方は、もう一度対処方法について考えてみましょう。

例えば、安易に知人の男性などによって力づくで解決をしてもらったとしても、ストーカーが納得しなければ逆に復讐や仕返しといった憎悪の気持ちを持つかもしれません。警察への通報も同じです。ストーカーに警告や罰を与える事は出来ますが、ストーカー自身が「自分には悪意はない」と信じている場合は、理不尽に感じるでしょうし、復讐心を持たないとも限りません。

メールや電話を無視し続ければ、好意に対しての仕打ちにカッとなる可能性は、皆さんも想像に難くないと思います。

ストーカー問題の解決方法

好意によって行動しているストーカーにとって、力づくでの解決や警察への通報は、とても納得できるものではないでしょう。その行動が、女性にとってはつきまといや迷惑そのものであり、明らかにストーカー被害だとしても、ストーカー自身に悪意がない場合です。

そういった時にストーカーが受ける理不尽な仕打ちは、納得してあきらめるどころか正反対に作用します。

ストーカー問題を解決する理想的な方法は話し合いです。

相手が元カレであれ友人であれ、相手の話を真剣に聞き、自分の気持ちを伝え、誤解なく納得して普通の関係に落ち着く事が理想のストーカー対策です。

その場で自分の身を守る必要性

ストーカーがその行為をやめない限り、いつ自分の身に危険が及ぶかわかりません。過去にもストーカー行為がエスカレートし、殺人に及んだ事件は複数あります。事態が悪化してきている場合は、出来るだけ一人にならず、知人や警察に助けを求めるほうが良いでしょう。先述の解決方法は、まだストーカーが決定的な悪意を持つ前の話なので注意してください。

ストーカーは、一度気持ちが切り替わってしまうと何をするのかわからない危険があります。

その場合には、常に知人や家族に一緒にいてもらう、警察に周辺をパトロールしてもらうなど緊急の対策が必要です。しかし、それでも生活の中で、やむを得ず一人になる時間があります。

  • 一人になる瞬間は、ストーカーにとっては襲うための絶好の機会となります。
  • 最悪の場合、一対一でストーカーと向き合っても自分を守る方法が必要です。

すでにストーカーで悩んでいる方は、既に事態が悪化していると思われます。何か起こってからでは手遅れです。万が一の時に自分を守る方法があるか、撃退する方法があるのかを、真剣に考えておきましょう。

実際の事件・ニュース

女性の防犯に関するコンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加