一人暮らしの女性必見!変質者への対策で考えたいポイント

一人暮らしの女性、もしくはこれから一人暮らしをされる予定の女性のみなさん、「変質者への対策」というものをされていますか?
もし「全くしていない」、「したいけどどうしたらいいのか分からない」という方がいらっしゃるのなら、この記事を最後まで読んでいただきたいです。

ということで今回の記事は、「一人暮らしの女性のための変質者対策」についてお話いたします。

1. 女性の一人暮らしは危険!?

基本的に女性の一人暮らしは危険です。犯罪に遭う危険性が高くなります。もしかしたら変質者対策が必要でないと考えている方の中で、

「変質者の犯罪…?私は関係ないよ。だって周りの友人でそんな被害に遭っている人は見たことがないもん」
と思っている方がいらっしゃるかもしれません。

しかしこの考え方は非常に危険です。
あなたの友人が100人いたとしても、全国の何十万といる一人暮らし女性のうちの100人が被害に遭っていないだけだからです。割合でいえば1%に満たないわけです。

私の友人が次のような体験をしました。その女性は学生時代の時に「友達は被害に遭っていないから、自分も変質者とは関係ない」という考えを持っていました。

しかしその女性はある飲み会で、一緒に飲んでいた男性に家まで送ってもらった時に無理やり家に侵入されそうになりました。
幸い途中で近くの人に助けてもらったそうですが、それからは「私は関係ない」という考えを捨てたそうです。

しかもその男性は飲み会でも非常に「いい人」で、無理やり侵入してくるような人には見えなかったそうです。
つまり見た目、言動が普通でも一人暮らしの女性を狙っている人はたくさんいるということです。

2. どうやって対策したらいいの?「環境づくり」

ではここからはどのように対応したらいいのかというポイントを、「環境づくり」と「個人の対策」という観点からお伝えいたします。

まず、「環境づくり」という観点では「賃貸選び」が重要になります。
というのも防犯対策というのは個人の意識や対策ももちろん必要ですが、「周囲の環境」つまり「住む部屋」というものが非常に重要になってくるからです。ポイントは3つです。

1つ目のポイントは「セキュリティーが万全か」という点です。これは当たり前ですよね。
「セキュリティー」とは具体的には、「防犯カメラの設置」「オートロック」「二重施錠」「管理人常駐」などのことを指します。これらの「セキュリティー」が万全のマンションを選ぶことをお勧めいたします。

2つ目のポイントは「周囲の治安が良いか」という点です。
いくらセキュリティーの良いマンションだったとしても歓楽街の近くなどの治安の悪い場所でしたら、犯罪の被害に遭う可能性が大きくなります。
マンションや部屋の防犯設備だけでなく、その周辺「環境」にも目を向けましょう。

3. どうやって対策したらいいの?「個人の対策」

ここでは「個人の対策」ついてご紹介いたします。いくら立派なマンションに住んでいても、犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあります。

有名な事件でいうと「江東マンション神隠し事件」というものがあります。マンションの最上階に住んでいた女性が拉致、監禁、殺害された事件です。
一見安全そうな家を選んでも、この事件のようなことが起こる可能性があるので「個人の対策」も確実に行っていきましょう。

「個人の対策」のポイントは大きく分けて2つあります。

1つ目が「普段の行動を改める」ということです。
犯罪者の多くは女性の普段の行動を見てターゲットにするかしないのかを決めています。普段の行動の中で隙のある女性は狙われやすくなり、隙のない女性は狙われる可能性が大きく減少します。

「隙のある女性」とは具体的に、「いつもスマホやタブレットを操作しながら歩いている」、「音楽を聴いている」、「部屋にカギをかけない」などの行動をしている女性が挙げられます。
その他にも露出の多い服装を好んで着用していると狙われる危険性が高くなります。

2つ目は「防犯グッズをもつ」ということです。
いくら普段の行動を改めたり、防犯の意識をもっていたりしても、狙われる人もいます。そのような時に頼るべきものは自分しかありません。「自分の身は自分で守る」です。

しかしいざ犯罪に遭うと怖くて落ち着いて対処できないケースが非常に多いです。
このような時に「防犯グッズ」を持っていると非常に役に立ちます。ボタンを押すだけで人を呼ぶことができたり、相手に見せるだけで威嚇することができたりするからです。

簡単な動作で自分の身を守ることができる「防犯グッズ」は、落ち着いて対処できない状況で非常に大きな効果を発揮します。

4. 終わりに

少しでも女性の一人暮らしの危険性と防犯対策のポイントについてご理解いただけたのなら幸いです。
いくら一人暮らしが危険だからといって、一人暮らしを辞めるわけにはいかないという方が多いと思います。
そのように方は最低限の「対策」を行われることをお勧めいたします。