未分類

規則正しい生活はストーカーのきっかけ

「毎朝、家の近所の公園でランニングするのが日課」
「会社帰りには、行きつけのコンビニに行く」
など、規則的な生活を送っている方は多くいらっしゃいます。

毎回、ランニングをするルートを変えたり、違うコンビニを通ったりするのは面倒なので、規則的な生活を送りがちですよね。

むしろ、規則的な生活を送ったほうが良いこともあるでしょう。しかし、いつも同じ時間に、同じ場所にいると、ストーカーに狙われやすくなります。では、なぜ規則性のある生活を送っている方は、ストーカーの被害に遭いやすくなるのでしょうか。

今回は、ストーカー被害の原因と防犯の対処方法についてお話ししたいと思います。

未分類

なくならない強盗と防犯対策

いつの時代に成っても、強盗は後を絶ちませんよね。
IT化や技術が進んだ現代においても、人の手による犯罪は行われています。
彼らは一体、時代の変化に合わせて、どのような手段で迫ってくるのでしょうか。

そのやり方を把握して、それに負けない防犯を行いましょう。
今回は、強盗が行う最新の手口をお伝えします。

未分類

一人暮らしの家の安全対策

一人暮らしだと、あなたの生活習慣が不審者にわかりやすくなってしまいます。
「この時間帯はいない」
これがわかるだけでも、不審者に家を狙われる可能性は高いでしょう。

その上、身近で何か起きても、周囲の人に助けを求めることができず、押し込み強盗に遭ってしまうこともあるのです。
「そんなに高いモノは家に置いてないし大丈夫でしょ」
このような慢心が家に隙を作ってしまっているのです。

この記事を参考に、家に潜んだ隙を一つ一つ失くしていきましょう。
今回は、一人暮らしの家に潜んだ隙をお伝えします。

未分類

空き巣と強盗の対策はドアと窓から

「近所で強盗事件が発生したって…」
このような話を耳にしたら、誰もが不安に思います。
「自分の家は狙われていないだろうか」
「強盗対策はできているのか」
強盗対策を行っても、事件は起こり続けていますよね。
そのため、強盗を防げる完璧な方法は未だ存在しないと言えるでしょう。

しかし、強盗に狙われにくくする方法は多数存在します。
強盗も侵入しづらい家よりも、簡単に侵入できる家を狙うのです。
強盗に狙われにくい家にして、少しでも事件に巻き込まれる可能性を減らしましょう。

今回は、強盗から家が狙われないようになる防犯対策についてお伝えします。

未分類

ストーカーから身を守る防犯方法

「最近、誰かにつきまとわれている気がする…」
このような事はありませんでしたか?
女性に限らず、男性でも誰かからストーカーされるというのは、怖いですよね。
もしもの時に備えて、警察に相談された方もいらっしゃるでしょう。

しかし、彼らもあなたを24時間見守ってくれるわけではありません。
そのため、自分でストーカー対策をしておくことが大きな手立てとなるのです。
この記事を参考に、被害に遭う可能性を減らしませんか。
今回は、ストーカーの危険から身を守るための方法についてお伝えします。

未分類

護身用品で身を守る2つの武器

耳を疑うような事件は何時に成っても絶えませんよね。
「自分に関係ない事だ」と思って、何も備えなければ、明日はその被害者に成ってしまうかもしれませんよ。
それを避けるために、セキュリティサービスに加入したり、防犯意識を高められたりされることでしょう。

しかし、それでも不安は残ってしまいますよね。
それを完全に解消する方法はありません。
そのためにも、できることをしっかりと行いましょう。

今回は、できることの一つである、備えて頂きたい護身用具を2つお伝えします。

未分類

通学路の防犯対策

近所に不審者が出たという噂を耳にしませんでしたか?
きっと小さなお子様の親御さんは、心配で仕方がないでしょう。
子供の周りは様々な危険が溢れています。

その中でも、特に気になるのが通学路ではないでしょうか。
大人の目が離れた道を、お子様だけで歩かせたくはないですよね。

これを機に、お子様の通学路について見直してみませんか。
今回は、お子様の通学路に潜む危険とお子様の安全を守る方法をお伝えします。

未分類

学校の防犯

「学校に不審者が入り込む」という事件は毎年ニュースで耳にしますよね。
そのような事件が起こる理由としては、多くの人が「学校は安全な場所」として思い込んでしまっていることが挙げられるでしょう。
親は子供の通学路についてばかり気になってしまいますが、子供が長い時間過ごす学校にも危険は潜んでいます。

では、どのような所に危険が潜んでいるのでしょうか。
今回は、お子さんの通っている学校が防犯対策を行っているかどうかを確認する方法をお伝えします。

未分類

夜道の女性の防犯と安全対策

最近、近所に不審者が居るという話を耳にしませんでしたか?
そのような通報があれば、警察も目撃証言のあった所を捜査してくれます。
だからと言って、あなたの安全が保障されたわけではありません。
自分の体は自分で守るしかないのです。

しかし、誰もが護身術など、自分の身を守る手段を持っているわけではありませんよね。
特に、被害に遭いやすい女性には、護身術を学んでいても、力で押し込まれてしまうかもしれません。
「じゃあ、一体どうすれば…」

その答えは、防犯グッズを携帯することです。
今回は、女性を対象に、人通りが少ない夜道において重宝する防犯グッズをご紹介します。