1日と22時間14分以内の注文で5月27日に出荷します

護身用品専門店KSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒)
護身用品専門店

女性・初心者から業務用までフルカバー

当店は本当に使用できる護身用品を責任をもって販売しています

2018/03/02更新

スタンガンの歴史と護身用品

スタンガンの歴史と護身用品

スタンガンはいつどのようにこの世界に登場し、護身用品として適用されてきたのでしょうか。

ここでは、スタンガンの歴史について紹介します。

スタンガンの歴史をたどる上で重要な事は、電気を使った攻撃理論の始まりです。

スタンガンは人体に電流を流して攻撃する事が目的ですが、違った視点で見ると処刑時に使用される電気椅子や、救急病院で心肺蘇生のために用いられる電気ショック装置などもまた、同じ部類と言えます。しかしスタンガンの歴史を辿るとき、電気椅子を含めた拷問や処刑の歴史は避けて通れません。

スタンガンの歴史(収容所)

電気的な拷問に関する歴史の始まりは、第二次世界大戦のナチスドイツにまでさかのぼります。

電気的な拷問器具は、第二次世界大戦中のナチスドイツのゲシュタポ(秘密警察)によって、恒常的に使用されたという記録が最古の記録です。電気的な拷問は、まさに大戦中に特別な状況下で特別な人達が使い始めたのです。

そしてこれが大戦終結後に、当時の同盟国を経由して世界的に拡散していったのです。

その背景と歴史を考える時に、3つの要点が考えられます。

その要点とは以下の内容です。

1.電気による人体への影響に関する知識はどのように蓄積されたのか
2.拷問と自白にどのように関連付けられ適用されたのか
3.どのような経緯で攻撃する武器としてのスタンガンが生まれたのか

感電によって人が死んでしまえば拷問は成功しません。また、感電によって人が死ななければ処刑は完結しません。電気による人体への影響についての知識を蓄積する事は、通電量と人体の生命維持能力の限界との境目を理解する事でした。

電気は人体に必要な必須元素です。人間は電気信号を使って体の各部をコントロールし、触感や痛みなど様々な情報を脳に伝えます。

古来、エジプトなどでも電気ウナギを頭に巻いて頭痛の治療をした記録があります。

こういった少量の電気による人体への魅力的な適用は、古くから世界のあちこちで利用されていました。

この電気を多量に適用する、いわゆる「攻撃」のための用途。人体への過度の電化としての多量電化は1880年代にアメリカで始まったと言われています。

アメリカは世界で唯一、電気による犯罪者の処刑を容認している国です。

刑務所

人にダメージを与え、死に至らしめる条件は電流の量です。

アメリカにおける電気処刑(電気椅子)の使用が、まさに人体が生存可能な電流の限界点を知るための情報源となったのです。

電気による尋問は1920年代に始まったと言われています。そして1890年代には既に死刑への適用が実施されています。人体への電気の適用量の経験的把握はその間に行われたと考えるべきでしょう。

しかし、拷問に適用するための問題は、いかに人を殺さずにダメージを与えるかです。
この目的において、私たちは人体に適用する電流の最大における限界点を知る必要があり、その限界点が一番拷問に対して効果的なのです。

人体に電流を適用する最も初期の装置はアルゼンチンで使用が始まったと言われています。アルゼンチンで最も最初に発明された電気ショックを使った装置、それは「牛追い棒」です。この牛追い棒で台車を牽引する牛に衝撃を与え、コントロールしていました。

この電気牛追い棒が当時のアメリカでの牛肉輸入の増加とともにアメリカに渡ったと考えられています。

拷問目的での感電用装置発明は1930年代にアルゼンチンにおいて記録されています。そして最初の人間への適用は1940年代に囚人に対して適用されたようです。しかし、これはアルゼンチンに対するフランス警察局の要請があったのではとする見方もあります。

1948年にはアルゼンチンの警察において明確に使用された記録が残っています。この頃を期に普及が始まったようですが、それ以降30年間もの間は電気的な衝撃による具体的な影響と根拠が不明確として、南米チリ警察を含めて世界各国の警察が電撃について気に留める事はありませんでした。

これらの技術はその後、牛や豚を精肉すると殺場でいくつかの偶然を経験し、動物に対して致死的な要素となりうる事が発見されました。

この時点で電気は痛みによる拷問的要素と致死的要素の両面がある事が判明したのです。

その後、感電は医学的に治療目的でさらに技術が向上しました。ECTと呼ばれるその装置は主に感電ショックによって精神分裂症の患者を治療する事を目的として開発されました。それが1960〜1970年代にかけて、麻酔なしで囚人に適用されたのが死刑の始まりのようです。またベトナムでは囚人となっていたベトコンの囚人に対して数週間の間に数千の電気ショックを与える実験が行われました。この結果、ベトコンの囚人は全て死亡しています。

しかし、ETCが警察に普及するには非常に高価であり、また一般的にETCは人体を殺傷するに値する程の十分な出力を持っていないため、ETCは完全な医療用の装置でした。

電気の人体に対する殺傷技術は、牛追い棒からと殺用器具への発展とETCによる医療技術から人体実験に関するものとが密に連携していると言われています。

ナチのゲシュタポはETCを持っていませんでした。しかし、ETC技術は第二次世界大戦よりも先に開発されています。こういった点で、ゲシュタポは技術としては未熟であるが、歴史的な意味で、大量の人間に電気を適用したと言う事ができます。

しかし、20世紀後半には記録のない時期も多く存在し、ゲシュタポが恒常的に電気拷問を使用したという記録は残念ながら残っていません。しかし周辺国ではそれは当然のように把握されていました。

電気による人体への適用は、精肉業界と精神医学者、戦争、それから人体への適量の適用に興味のある各国の警察機関、刑務所。これらが現実として育ててきたのです。

20世紀後半から21世紀にかけての数々の技術革新を経て、十分にコンパクトでパワフルな動力源(アルカリ乾電池)、柔軟な操作性(誰でも取り扱い可能)、安定した電圧と電流(変圧器のコンパクト化と高性能化)、発信回路(電気パルス発生のクロック)などのそれぞれの実用化が伴い、初めてハンドタイプのスタンガンが登場しました。

スタンガン

そして、その目的は・・・・

やはり私たち現代社会の中での自衛と安全確保です。

様々な偶然と多くの犠牲や過ちの上開発されたスタンガン。

私たちはそれを、良い目的で使う義務があるのではないでしょうか。

スタンガンに関するコンテンツ

スタンガンスタンガンスタンガン

最もお勧めするスタンガンS-315最もお勧めするスタンガンS-315スタンガン

充電式スタンガンスタンガンの充電式電池使用のご案内スタンガン

KSPのスタンガンが特別な理由KSPのスタンガンが特別な理由スタンガン

スタンガン豚皮貫通テストのトリックスタンガン豚皮貫通テストのトリックにご用心スタンガン

スタンガンの特徴と使い方護身用スタンガンの特徴と使い方スタンガン

スタンガンに最適なシーンとメリットスタンガンに最適なシーンとメリットスタンガン

スタンガンを買ったらスタンガンを買ったらスタンガン

スタンガンの選びかたスタンガンの選びかたスタンガン

護身用スタンガンとは護身用スタンガンとはスタンガン

スタンガンはなぜ安全なのかスタンガンはなぜ安全なのかスタンガン

スタンガンの適用時間と効果の目安スタンガンの適用時間と効果の目安スタンガン

スタンガンの常識を覆す!スタンガン3年間完全保証サービススタンガンの常識を覆す!スタンガン3年間完全保証サービススタンガン

知らないと損をする!護身用スタンガンの真実知らないと損をする!護身用スタンガンの真実スタンガン 店長ブログ

間違いだらけ!スタンガンの威力の正しい判断方法間違いだらけ!スタンガンの威力の正しい判断方法スタンガン 店長ブログ

どっちがいいの? スタンガン vs 催涙スプレー徹底比較どっちがいいの? スタンガン vs 催涙スプレー徹底比較スタンガン 店長ブログ

護身用品の購入はスタートライン|トータルで実現する完全な護身の方法護身用品の購入はスタートライン|トータルで実現する完全な護身の方法スタンガン 店長ブログ

もっと詳しく知りたい(スタンガン情報一覧)

通販ガイド

LINEチャット問合せ対応を開始しました。お気軽にどうぞ。(ほぼ24時間対応)
LINEチャット問合せ

護身用品

注目

Twitter(店長)
2018.12.24
催涙スプレーは空になるまで何度でも使用できます

マスコミ実績

フジテレビ THEベストハウス123にKSPが登場
マスコミ掲載紹介

KSPイチオシ

護身用品特集・レビュー

TMMスタンガン完全保証

通販

オススメ

関連コンテンツ