護身用品大型専門店・創業14周年・全国通販・即日発送・TEL24時間受付・テレビ全国放送多数出演・公官庁/警察/自衛隊納入店

防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)
日本護身用品協会加盟

おかげさまで14周年・全品在庫・即日発送・公官庁/警察/自衛隊/学校/教育機関/各種団体納入店

TV全国放送 「坂上ジュニアの日本アブナいいね!大賞」大賞受賞 「ベストハウス123」本当に使用できる護身用品の専門店 ほかTV多数出演

岩手県奥州市
ストーカー男が女性殺害か 以前交際、無理心中図る? 岩手のホテル

2014年9月7日

 5日午後9時15分ごろ、岩手県奥州市前沢区のホテルの一室で、一関市山目のアルバイト店員、松本瑞希さん(23)が死亡しているのを一関署員が発見した。室内には、20代の男が両手首から血を流して倒れており、病院に搬送された。命に別条はないという。一関署では、男が無理心中を図った疑いがあるとみて、回復を待って殺人容疑で事情を聴くことにしている。

 調べでは、松本さんはベッドの上でうつぶせになり、首をタオルで絞められていた。男は両手首を刃物のようなもので切っていた。

 男は松本さんの元交際相手で、8月中旬から、自分の手首を切って血が流れる写真をメールで送りつけるなどの行為をしていたという。このため松本さんは9月1日に同署に相談。同署は「メールはストーカーまがいの行為に当たる」と男に電話で警告していた。

 松本さんは5日、勤務先で昼休みに外出したまま戻らず、母親が同署に「娘がいなくなった」と届け出た。同署は男が連れ回している可能性もあるとみて捜査。男の車をホテルで見つけ、室内で2人を発見した。

女性の防犯に関するコンテンツ

女性の防犯に関する当店のオリジナルコンテンツです。あわせてご覧ください。