防犯グッズ・護身用品専門店KSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒・他)

0
ログイン 新規会員登録

KSP会員になるとポイントが貯まります

防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)
日本護身用品協会加盟

おかげさまで13周年・全品在庫・即日発送  公官庁/警察/自衛隊/学校/教育機関/各種団体納入店

[商品カテゴリ] スタンガン催涙スプレー特殊警棒防弾・防刃チョッキ防犯盾金属探知器セット商品商品一覧 [商品カテゴリ]

当店はテレビ放送されました/フジテレビ「坂上ジュニアの日本アブナいいね!大賞」大賞受賞/フジテレビ「本当に使用できる護身用品の専門店」全国放送 >> 他出演多数

注目の最新型スタンガン S-315 S-314 S-170 S-171 S-365

熊撃退スプレー値下げ B-609 B-610

神奈川県横須賀市
ハサミで女性刺殺、傷は首に集中…強い殺意か

2014年6月30日

 神奈川県横須賀市で28日、同市公郷(くごう)町、飲食店従業員加藤美穂さん(22)がハサミで刺されて死亡した事件で、司法解剖の結果、刺し傷は加藤さんの下あごから喉にかけて集中し、死因は首の動脈や静脈の損傷による失血死だったことがわかった。

 横須賀署は、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した横浜市戸塚区戸塚町、塗装工大谷登志雄容疑者(43)に強い殺意があったとみて調べている。同署は29日、大谷容疑者の容疑を殺人に切り替えて横浜地検に送検した。

 同署幹部によると、大谷容疑者は「刺したことは間違いない」と供述しているが、動機については「今は話したくない」としているという。

 大谷容疑者は昨年8月、加藤さんに対する傷害罪で執行猶予の付いた有罪判決を受けている。加藤さんは昨年11月、住民票を他人に見られないようにする「閲覧制限」の手続きをしていた。横須賀市によると、手続き以降の住民票の取得・閲覧の記録は、加藤さん本人による1回だけだったが、市は、改めて全庁で確認する。同署は、大谷容疑者が今月中に少なくとも3回、加藤さんの勤める飲食店に来店していたことを確認しており、加藤さんは他の従業員らに、大谷容疑者を「以前の交際相手」と紹介していたという。

女性の防犯に関するコンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加