防犯グッズ・護身用品専門店KSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒・他)

0
ログイン 新規会員登録

KSP会員になるとポイントが貯まります

防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)
日本護身用品協会加盟

おかげさまで13周年・全品在庫・即日発送  公官庁/警察/自衛隊/学校/教育機関/各種団体納入店

[商品カテゴリ] スタンガン催涙スプレー特殊警棒防弾・防刃チョッキ防犯盾金属探知器セット商品商品一覧 [商品カテゴリ]

当店はテレビ放送されました/フジテレビ「坂上ジュニアの日本アブナいいね!大賞」大賞受賞/フジテレビ「本当に使用できる護身用品の専門店」全国放送 >> 他出演多数

注目の最新型スタンガン S-315 S-314 S-170 S-171 S-365

熊撃退スプレー値下げ B-609 B-610

東京都三鷹市
高3女子刺殺 「クローゼット潜伏」容疑者、署の安否確認後襲う

2013年10月8日

 東京都三鷹市で高校3年の鈴木沙彩(さあや)さん(18)が刃物で切られて殺害された事件で、京都市右京区、無職、池永チャールストーマス容疑者(21)=殺人未遂容疑で逮捕=が「鈴木さん宅に侵入し、クローゼットの中で隠れて待ち伏せしていた」と供述していることが10日、捜査関係者への取材で分かった。

 鈴木さんからストーカー被害の相談を受けた警視庁三鷹署員が8日午後4時半前後に鈴木さんに安否確認の電話をしていたことも判明。池永容疑者は「鈴木さんが電話で話すのが聞こえた」と供述しており、捜査1課は電話の直後に鈴木さんを襲ったとみている。

 池永容疑者は8日午後、鈴木さん宅2階の無施錠の窓から侵入し、1階の鈴木さんの部屋にあるクローゼットに潜伏。「何度も遊びに来ていた」と話しているといい、事前に部屋の構造を知っていたとみられる。

 三鷹署員が同4時半前後に鈴木さんに電話をかけたところ、鈴木さんは「大丈夫です。家にいます」と返答。鈴木さんは9日にも三鷹署を訪れることになっており、その打ち合わせなどもしたという。

 鈴木さんは同4時55分ごろ、自宅前の路上で血まみれで倒れているのを発見。室内に血痕はなく、鈴木さんの肩から背中にかけて切られていることから、池永容疑者が自宅の外に逃げた鈴木さんを追いかけ、後ろから切りつけたとみられる。馬乗りになって、腹部を刺した疑いもある。

 池永容疑者は9月27日に京都市から夜行バスで上京。翌28日に鈴木さん宅に近い東京都武蔵野市の吉祥寺駅前の量販店で、凶器のナイフを購入したという。捜査1課は10日、容疑を殺人などに切り替えて送検。京都市内の自宅や大阪市内の親族宅を捜索し、パソコンなどを押収した。

女性の防犯に関するコンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加