防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)

0
ログイン 新規会員登録

KSP会員になるとポイントが貯まります

防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)
日本護身用品協会加盟

おかげさまで13周年・全品在庫・即日発送  公官庁/警察/自衛隊/学校/教育機関/各種団体納入店

[商品カテゴリ] スタンガン催涙スプレー特殊警棒防弾・防刃チョッキ防犯盾金属探知器セット商品商品一覧 [商品カテゴリ]

【注目】最新型スタンガン新発売 S-315 S-170 S-171 S-314 S-365

当店はフジテレビ特番「坂上ジュニアの日本アブナいいね!大賞」で大賞を受賞しました。 マスコミ実績

全国防犯マップ

鳥取県鳥取市
<クマ>わなで捕獲 ミツバチ巣箱目当て? 鳥取

<クマ>わなで捕獲 ミツバチ巣箱目当て? 鳥取

2014年5月14日

 鳥取県は14日、鳥取市用瀬町川中の竹やぶで、わなにかかったツキノワグマを捕獲したと発表した。県内でクマの捕獲は今年初めて。民家から約200メートル、国道53号から十数メートルほどの位置で、県緑豊かな自然課は「冬眠明けで活動し始める時期に入っており、目撃情報も例年並みに入っている。山の近くに行くときは鈴を付けたりラジオを流したりするなど、対策を徹底してもらいたい」と注意を呼びかけている。

 捕獲されたクマは全長約1メートル、体重31キロの雄で、2〜4歳と見られる。同日朝、イノシシや鹿などの有害獣駆除のための「くくりわな」にかかっていたのを、仕掛けた猟師の原一(はじめ)さん(68)が発見した。

 原さんは「近くにあるミツバチの巣箱を目当てに下りてきたのかもしれない」と話した。クマは麻酔をされ、発信器や個体識別のためのタグなどを付けられた後、山に放された。

 県によると、ツキノワグマの県内の捕獲数は、2013年度22頭▽12年度33頭▽11年度11頭。10年度は133頭が捕獲され、8月に同市用瀬町内でクマに襲われた80代の男性が死亡している。

危険動物対策に関するコンテンツ

こちらもご覧ください>>危険動物対策ページ

クマ、イノシシ、サル、野犬を撃退 動物対応催涙スプレーB-609をリュックサックの肩ベルトに装着する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加