防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)

0
ログイン 新規会員登録

KSP会員になるとポイントが貯まります

防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)
日本護身用品協会加盟

おかげさまで13周年・全品在庫・即日発送  公官庁/警察/自衛隊/学校/教育機関/各種団体納入店

[商品カテゴリ] スタンガン催涙スプレー特殊警棒防弾・防刃チョッキ防犯盾金属探知器セット商品商品一覧 [商品カテゴリ]

当店はテレビ放送されました/フジテレビ「坂上ジュニアの日本アブナいいね!大賞」大賞受賞/フジテレビ「本当に使用できる護身用品の専門店」全国放送 >> 他出演多数

注目の最新型スタンガン S-315 S-314 S-170 S-171 S-365

福井県あわら市
小学校近くの畑に熊、男性が負傷 あわら、登下校の見守り強化

小学校近くの畑に熊、男性が負傷 あわら、登下校の見守り強化

2014年9月21日

 21日午後8時10分ごろ、福井県あわら市波松の畑で、農作業をしていた近くの海岸孫善さん(67)がクマに後頭部右側や右ほほなどを引っかかれ大けがをした。市によると海岸さんは病院で治療を受け、意識もあり命に別条はないという。

 現場は波松小から約500メートル南側で、一帯は畑や雑木林が広がる。海岸さんは1人でサツマイモの収穫作業をしていて、推定体長1〜1・5メートルのクマに背後から襲われた。海岸さんはトラクターで約400メートル先の市道まで逃げ、通りがかった近くの住民が119番通報した。

 被害を受け午前11時半ごろから、猟友会メンバーや消防団、地区住民ら約50人が周辺の雑木林でクマの捜索とパトロールを行った。市は波松小、北潟小校区での防災無線や市ホームページなどで注意を呼び掛けた。

 また波松小では22日に、児童の登校は保護者の車、下校は教員が付き添うことを決め、保護者を通じてむやみに外を出歩かないよう注意を呼び掛けた。

 県の9月18日までのまとめによると、あわら市内では本年度、足跡などクマの痕跡が5件報告されている。

 東根嘉昭波松区長は「3、4年前には区内で目撃情報もあり、気を付けていただけに残念。市や県には今後徹底した対策をお願いしたい」と話している。

過去最多、4〜6月に県内101件

 福井県のまとめによると、クマ目撃などの情報は2014年4〜6月(6月25日現在)101件と、2004年度の調査開始以来、過去最多となった。近年、ドングリなどが豊富に実り、出産による個体数が増えたことが要因とみられる。集落が近い山際での目撃情報が多くあった。

危険動物対策に関するコンテンツ

こちらもご覧ください>>危険動物対策ページ

クマ、イノシシ、サル、野犬を撃退 動物対応催涙スプレーB-609をリュックサックの肩ベルトに装着する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加