10時間2分以内の注文で本日出荷します

護身用品専門店KSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒)
護身用品専門店

女性・初心者から業務用までフルカバー

当店は本当に使用できる護身用品を責任をもって販売しています

催涙スプレーの選び方

催涙スプレーは沢山の種類があります。

このページでは、目的に応じた最適な催涙スプレーの選び方をガイドします。

>>当店の催涙スプレーはこちらです

用途で選ぶ

催涙スプレーは万が一の時に身近になければ意味がありません。催涙スプレーを購入するときに真っ先に考えることは、その用途です。

以下の用途を考えると適切な催涙スプレーを選択できます。

  1. 持ち歩くのか
  2. 機能性重視か外観重視か

1.持ち歩くのか

購入する催涙スプレーを持ち歩くのか、それとも据置用とするのか。これが最初のポイントです。

どちらにするのかによって適した催涙スプレーは違ってきます。

持ち歩く場合

持ち歩き可能なサイズの中から選びます。

小さいほど携帯性に優れますが、容量や噴射時間、射程距離が短めになります。

中型コンパクトクラスは携帯できるサイズであり、容量や射程距離も十分です。可能な限り中型コンパクトクラスを選ぶことを推奨しています。

以下のページの「小型」または「中型コンパクト」から選んでください。

催涙スプレーをサイズで選ぶ

持ち歩かない場合

予算や人数に合わせて容量を決めます。

大きなほど使用回数が増えて撃退性が高まり、複数の相手にも対処可能になります。また、大きなほど容量当たりのコストが下がりお得です。

以下のページの「中型」または「大型」から選んでください。

催涙スプレーをサイズで選ぶ

2.機能性重視か外観重視か

機能性重視か、外観重視かによって選び方が変わります。

機能性重視の場合

素早く間違えなく使用できるのか、パニック状態でも迷わず操作できるのか、安全装置の確実性は高いか、射程距離は十分か、容量は十分か、といった性能面での様々なポイントが機能性となります。

中でも最も重視すべき点は操作性です。操作が単純で、確実な安全装置があり、噴射方向を絶対に間違えず狙いやすいという総合面で、フリップトップというタイプがお勧めです。

以下のページでは個別の操作方法を解説しています。

催涙スプレーを操作方法で選ぶ

 

外観重視の場合

外観面で見ると、催涙スプレーは無骨なスプレー缶の外観のものもあれば、ペン型や化粧品のような外観のものまであります。

外で身に付けたり持ち歩いたりする場合には、外観が重要な場合もあります。催涙スプレーはどのようなものであれ※1、常に身に付けることこそが最も大切です。機能や操作性が劣っていたとしても、命中すれば確実に効果があり身を守ることができます。

外観を重視する場合には、持ち歩いても問題のないと思う形状を選んでください。

※1 当店の催涙スプレーに限ります。

催涙スプレーを全て見る

性能で選ぶ

催涙スプレーが噴射する催涙液自体の強さに重点を置く場合、最も強力なのはポリスマグナムシリーズです。このシリーズが採用する催涙剤の実効SHUは18万SHUで、世界的に最も強い濃度です。

ポリスマグナムシリーズにも沢山の種類がありますが、それぞれの特徴からお勧めするのは次の3機種です。

機種

解説

催涙スプレー F-605
【F-605】OC、UV混合(ジェットミスト)50g 催涙スプレー 6,300円(税別)

当店が最もお勧めするジェットミスト噴射方式の催涙スプレー。有効射程は5mと長く、粒状の液体を噴射するため風にも強い特性があります。当店のテストでは約5m先の標的に直径30cm程の円内で命中します。横風や向かい風に対する強さも特筆もの。本体は直径3.5cm×長さ10.4cmととてもコンパクトで持ち歩きやすく、容量はたっぷり50gも入っており安心です。

別売りホルスターでベルトに装着することも

  • 別売りホルスター N-231 2,835円
  • ホルスター付セット F-605-CS 8,977円

容量がもっと欲しい方はこちら

  • 容量75g F-606 7,088円
  • 容量105g F-607 7,560円
  • 容量130g F-608 8,033円

催涙スプレー B-610
【B-610】OC(ジェット)250g 大容量強力催涙スプレー 15,300円(税別)

学校や施設、店舗、住居などの常備用や山岳部の熊など猛獣対策ならこれが最適。霧状ながら横風や向かい風もものともしない力強い噴射のジェット噴射方式で、驚くほど大量に勢いよく噴射します。複数人数相手でも瞬時に撃退可能で、相手がよける事は不可能です。ポリスマグナムシリーズ中、最も容量の大きな250gタイプです。

小型のタイプは携帯用ホルスターもあります

  • 容量105g B-609 8,033円
  • 別売りB-609用ホルスター N-4FM 3,780円
  • B-609ホルスターセット B-609-CS 11,222円

小型催涙スプレー B-101-BK
【B-101-BK】OC(リキッド) 12g スピントップ催涙スプレー 3,600円(税別)

キーホルダー感覚で持ち歩きたい方はこちら。水鉄砲のような液状噴射のリキッド噴射方式。射程は2.5mと近距離用で容量も12gと少ないですが非常用アイテムとしてその価値は十分です。キーリングが付いていて、キーホルダとして常に持ち歩けるため携帯性の良さが特徴です。

皮製ケースが良い方はこちら

もう少し容量が欲しいという方は

  • 容量18g B-604 4,253円

サイズで選ぶ

催涙スプレーは小型軽量なほど持ち歩き易いのは言うまでもありません。もし持ち歩きに負担を感じてしまうと日頃から携帯するのが面倒になり、いざという時に持ってなかったとう事態を招き兼ねません。無理なく持ち歩ける催涙スプレーを選ぶ事はとても大切です。

>>催涙スプレーのサイズの選び方はこちら

機種

解説

小型催涙スプレー B-101-BK
【B-101-BK】OC(リキッド) 12g スピントップ催涙スプレー 3,600円(税別)

強力催涙スプレー B-603
【B-603】OC(リキッド) 12g ハードケース付催涙スプレー 3,600円(税別)

この最も小型なポリスマグナムはキーホルダーとして持ち歩けるとはいえ、その催涙ガスの実力は第一級レベルの強力なものです。

有効射程2.5mと噴射回数約4回を意識していれば、十分に危険を回避できる性能を有しています。

重量わずか24gでほとんど負担を感じません。屋外など風のある状況でも十分に使用できる液状噴射タイプです。

操作方法で選ぶ

催涙スプレーの操作のし易さや確実性は護身の成功に直結します。以下のページでは催涙スプレーの操作方法別に特徴と機種を挙げ、どのように選んだら良いのかを解説しています。

>>催涙スプレーの操作方法の選び方はこちら

当店の催涙スプレーはこちら

催涙スプレーに関するコンテンツ

催涙スプレーに関する当店の人気コンテンツです。是非あわせてお読みください。

通販ガイド

LINEチャット問合せ対応を開始しました。お気軽にどうぞ。(ほぼ24時間対応)
LINEチャット問合せ

護身用品

注目

Twitter(店長)
2019.6.8
梅雨が明けたらいよいよアウトドアシーズン本番!皆さん熊・イノシシ対策は万全ですか?⁣

マスコミ実績

フジテレビ THEベストハウス123にKSPが登場
マスコミ掲載紹介

KSPイチオシ

護身用品特集・レビュー

TMMスタンガン完全保証

通販

オススメ

関連コンテンツ