防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)

0
ログイン 新規会員登録

KSP会員になるとポイントが貯まります

防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)
日本護身用品協会加盟

おかげさまで13周年・全品在庫・即日発送  公官庁/警察/自衛隊/学校/教育機関/各種団体納入店

[商品カテゴリ] スタンガン催涙スプレー特殊警棒防弾・防刃チョッキ防犯盾金属探知器セット商品商品一覧 [商品カテゴリ]

【注目】最新型スタンガン新発売 S-315 S-170 S-171 S-314 S-365

当店はフジテレビ特番「坂上ジュニアの日本アブナいいね!大賞」で大賞を受賞しました。 マスコミ実績

全国防犯マップ

宮城県大崎市
「クマ出没」通報相次ぐ 大崎で1頭射殺

「クマ出没」通報相次ぐ 大崎で1頭射殺

2015年7月12日

宮城県内で11日、クマの目撃が相次いだ。3度の目撃情報が警察に寄せられた大崎市松山地区では、発見された1頭が地元猟友会によって射殺された。

【過去10年で最多】仙台市内でクマ目撃相次ぐ

撃たれたのは、同市松山千石の道祖神社内にいたクマ。午後4時40分ごろ、木に登っているのを近所の女性が見つけて通報。夜間に周辺の住宅地を動き回ると危険だと判断され、午後6時半ごろに射殺された。古川署によると、体長約70センチだった。

道祖神社から5キロ以上離れた松山下伊場野で午前8時10分ごろ、2キロほど離れた松山次橋で午後2時50分ごろ、それぞれ水田で小さなクマが目撃されていた。

同日は仙台市太白区茂庭台2丁目、大衡村大瓜でも道路上でクマが目撃された。

危険動物対策に関するコンテンツ

こちらもご覧ください>>危険動物対策ページ

クマ、イノシシ、サル、野犬を撃退 動物対応催涙スプレーB-609をリュックサックの肩ベルトに装着する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加