防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)

0
ログイン 新規会員登録

KSP会員になるとポイントが貯まります

防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)
日本護身用品協会加盟

おかげさまで13周年・全品在庫・即日発送  公官庁/警察/自衛隊/学校/教育機関/各種団体納入店

[商品カテゴリ] スタンガン催涙スプレー特殊警棒防弾・防刃チョッキ防犯盾金属探知器セット商品商品一覧 [商品カテゴリ]

当店はテレビ放送されました/フジテレビ「坂上ジュニアの日本アブナいいね!大賞」大賞受賞/フジテレビ「本当に使用できる護身用品の専門店」全国放送 >> 他出演多数

注目の最新型スタンガン S-315 S-314 S-170 S-171 S-365

京都府宮津市
クマ出没、水族館休館 京都・宮津の丹後魚っ知館

クマ出没、水族館休館 京都・宮津の丹後魚っ知館

2014年7月4日

京都府宮津市小田宿野の水族館「丹後魚(うぉ)っ知(ち)館」一帯でクマが目撃され、休館を余儀なくされている。現在も敷地内にクマが出没しており、再開のめどは立っていない。

関西電力宮津エネルギー研究所の敷地内にある。6月28日と29日に相次いで、研究所の警備員が敷地内の道を歩くクマを目撃した。クマのふんが見つかり、実がなっているヤマモモの木が荒らされていた。

研究所は危険と判断し、28日から魚っ知館を臨時休館とした。関西電力の松下浩士エネルギー研究所課長は「捕獲されるなどクマが来る危険がなくなったと判断されるまで、再開できない」と話す。

今後、府丹後広域振興局や宮津市と相談し、クマの捕獲や、餌となるヤマモモの伐採、クマの嫌う音を出すスピーカーの設置など、対応策を検討する。  2005年にもクマの目撃情報があり、魚っ知館を2カ月間休館したことがある。


危険動物対策に関するコンテンツ

こちらもご覧ください>>危険動物対策ページ

クマ、イノシシ、サル、野犬を撃退 動物対応催涙スプレーB-609をリュックサックの肩ベルトに装着する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加