防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)

0
ログイン 新規会員登録

KSP会員になるとポイントが貯まります

防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)
日本護身用品協会加盟

おかげさまで13周年・全品在庫・即日発送  公官庁/警察/自衛隊/学校/教育機関/各種団体納入店

[商品カテゴリ] スタンガン催涙スプレー特殊警棒防弾・防刃チョッキ防犯盾金属探知器セット商品商品一覧 [商品カテゴリ]

当店はテレビ放送されました/フジテレビ「坂上ジュニアの日本アブナいいね!大賞」大賞受賞/フジテレビ「本当に使用できる護身用品の専門店」全国放送 >> 他出演多数

注目の最新型スタンガン S-315 S-314 S-170 S-171 S-365

クマよけスプレー期間限定大幅値下げ B-609 B-610 詳しく

岐阜県高山市
別のクマ目撃情報 高山の住宅街

別のクマ目撃情報 高山の住宅街

2017年4月26日

25日夜に岐阜県高山市石浦町の住宅街で男女3人が、クマに相次いで襲われ、重軽傷を負った被害から一夜明けた26日、現場付近では、朝から高山署員らがパトロールを行い、クマ出没への注意を呼び掛けた。3人を襲ったクマは同町の民家で猟友会員に射殺されたが、別のクマの目撃情報もあり、緊張は続いている。

署によると、射殺されたクマは雌のツキノワグマで、体長約110センチの成獣。

署は26日午前5時から同9時ごろまで、パトカー2台、4人態勢で付近の警戒に当たった。今後もしばらくは子どもの登下校時を中心にパトロールを行う。午前6時30分からは、地元の飛騨猟友会の会員7人も現場周辺をパトロールした。

同町内に住む主婦(38)は、「またいつ出てくるか分からないので怖い。4歳の息子もいるため、常に注意しないといけない」と不安そうな表情を浮かべていた。

25日夜に熊被害対策本部を設置した同市は、地元小中学校の保護者に注意喚起のメールを配信。26日の登校時には学校職員や保護者らが随行し、通学路を巡回した。午前中に同対策本部会議を開き、今後の対応を協議した。

   

危険動物対策に関するコンテンツ

こちらもご覧ください>>危険動物対策ページ

クマ、イノシシ、サル、野犬を撃退 動物対応催涙スプレーB-609をリュックサックの肩ベルトに装着する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加