防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)

0
ログイン 新規会員登録

KSP会員になるとポイントが貯まります

防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)
日本護身用品協会加盟

おかげさまで13周年・全品在庫・即日発送  公官庁/警察/自衛隊/学校/教育機関/各種団体納入店

[商品カテゴリ] スタンガン催涙スプレー特殊警棒防弾・防刃チョッキ防犯盾金属探知器セット商品商品一覧 [商品カテゴリ]

当店はテレビ放送されました/フジテレビ「坂上ジュニアの日本アブナいいね!大賞」大賞受賞/フジテレビ「本当に使用できる護身用品の専門店」全国放送 >> 他出演多数

注目の最新型スタンガン S-315 S-314 S-170 S-171 S-365

催涙スプレーとは

世界中で支持されている護身用品の超定番アイテム

関連コンテンツ:催涙スプレー

誰が使っても「簡単・強力・確実・安全」に撃退
催涙スプレーは全てのユーザーに必須の基本アイテムです

催涙スプレー

たった一滴で十分。それが強力催涙スプレーの凄さです。

催涙(さいるい)スプレーは催涙液を噴射し、相手に激痛を与え、視界を奪い、瞬時に行動の自由を奪う護身用品です。特に「ポリスマグナムシリーズ」のように強力な催涙スプレーは、たった1滴目に入っただけで十分過ぎるほど強力に作用し、相手を長時間確実に行動不能にできます。

世界中であらゆる状況下において頼りにされている催涙スプレー

催涙スプレーは誰でも簡単に操作でき、確実かつ高い効果が期待できるため、世界中の人々に護身用品として使用されています。

中でもOCを使用した催涙スプレーは、人の行動や動作を強力に制限しつつ、後遺症などの重大な影響を与えない安全性を両立させています。

催涙スプレーは個人用途のみならず、暴動鎮圧や人質事件の突入、軍事用、警察機関などにおいても多用されています。例えばアメリカでは護身用としてほとんどの女性が催涙スプレーを携帯し、自分自身の安全を維持しています。

催涙スプレーの構造

催涙スプレーの構造には「圧力スプレー方式」と「ポンプ方式」の2種類があります。

「圧力スプレー方式」は本体ボンベの中に催涙液と窒素などの噴射用圧力ガスが封入されており、催涙スプレーの噴射ボタンを押すだけで必要なだけ催涙液を噴射できます。

「ポンプ方式」は本体容器に催涙ガス液だけが入っており、噴射キャップ部を押し下げる事によってポンプのように本体容器内に空気を送り込み、その圧力を利用して催涙液を噴射します。

圧力スプレー方式

圧力スプレー方式の催涙スプレーは、誰でもボタンを押せば、押している間だけ性能通りの噴射を続けます。この噴射は本体内の圧力ガスもしくは催涙液がなくなるまで続きます。どんな人でも市販のスプレー製品のように性能通りに使える方式です。

圧力スプレー方式の噴射の様子(代表機種:F-605

ポンプ方式

ポンプ方式では催涙スプレー本体は小型化が可能ですが、安定した噴射はほぼ不可能であり、噴射射程距離が極端に短く噴射する催涙ガス液の量が微量である事などから全く使い物になりません。このような催涙スプレーの携帯は逆に危険なので当店では取り扱っていません。よくホームセンターのレジ横にぶら下がっているのを目にしますが、製品自体オモチャであり完全にジョークグッズと考えてください。

催涙スプレーの効果と威力

催涙スプレーには使用する催涙液が数種類存在します。当店の催涙スプレーはOCガスです。当店の催涙スプレーもそうですが、市販の催涙スプレーはごく一部を除きほぼ全てにOCガスが使用されています。

OCガスは唐辛子の辛味成分を濃縮し、油状にしたような液体が主成分です。OCガスの噴射を受け、ごく一部でも目に入った場合の目の痛みは凄まじく、耐えられない程の激痛が走るとともに目が開けられなくなります。その効果は数時間にわたり持続するため、十分に逃げるなどの行動が可能です。

催涙スプレーの最大の利点は、相手の動きを封じ込める事ができる点です。その結果、確実に逃げる事ができます。この点が他の防犯グッズにはない催涙スプレー最大の特徴です。

店長による催涙スプレー体験実験の様子

催涙スプレー"ポリスマグナム"の効果実証テスト

催涙スプレーの運用

催涙スプレーは小型のもの(口紅程度の大きさ)から中型のものまで持ち歩きが可能です。外出時に携帯する催涙スプレーは常に身につけ、いざという時にはすぐ使える準備をしておいてください。

普段から所持している催涙スプレーのテスト噴射を行い、その噴射の具合や飛距離、勢いなどを経験しておくことも、万が一の時に確実に対処するために大切です。

催涙スプレーを噴射するときは、それぞれの製品に合った方法で安全スイッチを解除し、相手の顔面に噴射して下さい。効果は瞬時に表れます。

大型の催涙スプレーは持ち歩きには不向きです。皆への周知を徹底した上で定位置に常備しましょう。大型催涙スプレーは噴射の距離や勢いが特徴的です。使用する可能性のある人を集め、訓練を兼ねたデモンストレーションを行うと催涙スプレーに対する共通認識が持て、万が一の時に確実に対処できます。

催涙スプレーの使用

使用時は有効射程距離に注意しながら相手の顔面めがけて噴射します。

催涙スプレーには必ず反動がありますので、噴射方向は狙った位置よりも上に向く傾向があります。そのため噴射の基本操作として、まずは相手の胸元からアゴ辺りを狙い噴射します。噴射を続けながら噴射方向を上に修正し、相手の顔を縦断するイメージで胸元から頭頂部まで一気に吹きかけると確実に顔に命中します。噴射時間は1秒ほどで十分です。

催涙液が目に入ると強烈な激痛に見舞われ、とても目を開けていられなくなります。さらにその効果は数時間にわたり持続します。その間に逃げる、助けを呼ぶなどの対応をとってください。

催涙スプレーは目以外の顔面皮膚に付着した場合でも立っていられないほどの激しい痛みを与えます。また、催涙ガスを吸い込むと鼻やノドの激しい痛みとともに咳が止まらなくなります。

ダメージ・後遺症は一切ありません

催涙スプレーによる激痛は通常2〜3時間以内にはほぼ回復します。

催涙スプレーによる後遺症などは一切ありません。

痛みがひくまでの間、冷水で洗い冷やすと症状が緩和されます。催涙液はすぐに皮膚に吸収されますので体内で分解されるまで耐えるしかありません。激辛料理を食べたあと、辛さがひくまで水を飲むのと同じように、冷やし続けるのが一番苦痛が和らぐ方法です。洗い流そうとして洗剤を使用したり、軟膏クリームなどは使用しないでください。

催涙液の強さは千差万別。選ぶ時に注意が必要。

催涙スプレーの刺激効果はどのメーカーでも同じではありません。これは非常に重要です。催涙液の成分濃度を表す単位にSHUがありますが、専門の検査機関を使えばそれぞれの催涙液のSHU値を調べられます。

正確な検査の結果、最も濃度の高い(効果のある)催涙スプレーはTMM社のポリスマグナムの18万1千SHUでした。18万1千SHUという値は業界ダントツの性能です。逆に最も弱かったのはドイツのカールホーネックで1万5千SHUでした。ポリスマグナムとカールホーネックの性能差は実に10倍以上となります。

(追記)2012年時点でカールホーネックは日本市場から撤退しました

万が一の時、いかに少量でも高い効果を発揮するのかを考えるとSHU値が高いほうが望ましい事は言うまでもありません。

催涙スプレーは特別な理由がない限りポリスマグナムを選んでください。

催涙スプレーに関するコンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加