7時間15分以内の注文で本日出荷します

護身用品専門店KSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒)
護身用品専門店

女性・初心者から業務用までフルカバー

当店は本当に使用できる護身用品を責任をもって販売しています

催涙スプレー噴射タイプ
バーストタイプ(半液状・大量噴射)

圧倒的な飛距離と噴射特性によって催涙スプレー業界の中で定番モデルとなったジェットミスト噴射の大量噴射モデルです。

噴射の様子と特徴

催涙液を大きめの液体粒状として若干広がりながら飛んでいく理想的な噴射方式を維持しつつ、時間単位の噴射量はジェットミストの約3倍に高められました。どのようなシーンでも瞬時に大量の噴射を浴びせ、相手を撃退します。対凶器を前提に過酷な条件下で訓練を行う警備・警護のプロからも、その強力な撃退力が認められ、従来のジェットミストに次ぐ次期主力催涙スプレーとして認められました。

バーストタイプ催涙スプレーの噴射イメージ

催涙スプレー C-607 ← 代表的なバーストタイプ催涙スプレーC-607

催涙スプレーC-605の噴射 催涙スプレーF-605の噴射

上の動画がバースト噴射、下の動画がジェットミスト噴射です。

両方ともターゲットまでの距離は3mです。

見比べると噴射量の違いが明確です。

バースト噴射はジェットミストと同じ感覚で使用でき、噴射量はケタ違いに多くなっていますので、それだけ瞬時に相手を撃退できます。

スプレーの構造

催涙スプレーは圧力缶とノズルで構成されています。圧力缶には催涙成分と溶剤、そして代替フロンのような高圧ガスが封入されており、ノズル部を押す事で内容物を噴射します。

催涙スプレーには誤噴射防止のために安全ロックが用意されていますので、それぞれのロック方式に従ってロックを解除した上で噴射ボタンを押します。

噴射は缶の中が空になるまで連続して噴射可能ですが、連続での噴射は圧力缶の内部圧力を急激に低下させるため缶本体が冷たくなり、噴射力が低下する可能性があります。催涙スプレーの缶部を手の平でしっかり握っていればある程度の温度低下は防げるため、噴射力の低下を軽減できます。

バーストタイプ(半液状・大量噴射)の長所

バーストタイプの長所は風に強い、有効射程距離が長い、大量噴射です。

バーストタイプは催涙成分を粒状の液体として噴射しますので、ミストタイプに比べると風の影響を受けにくくなっています。また、液体自体が霧状に比べて重いため、飛距離が長くなり、広がりながら飛んでいくためリキッドタイプに比べ狙いやすく相手に容易に命中させる事ができます。さらに狭い空間(部屋や車内など)で使用しても大気中に充満充しにくく、噴射した人自身が受ける催涙スプレーの影響を最小限に抑える事ができます。(実際にはごく一部の催涙成分が霧状となって大気中に漂うため、室内への充満が全くゼロではありません)

相手の顔に当たった時はミストのような霧状でなく液体そのものが直接目などに入るため、高い撃退効果が期待できます。

バーストタイプ(半液状・大量噴射)の短所

噴射量が多いため、その分噴射時間が短くなります。

従来主流だったF-605(ジェットミスト)は携帯性の良いサイズ(長さ約10cm)も人気の一因でした。携帯しやすい大きさで、噴射距離も十分あり、約6秒も噴射出来ました。

ところがバーストタイプで同じサイズのC-605では、噴射量が3倍になったため、噴射時間が1/3になりました。F-605は6秒間使用出来ましたが、C-605は2秒でカラになります。バースト噴射タイプの催涙スプレーで6秒間の容量を求めると、2倍の容量の製品(C-607)となり、その分大きくなるので携帯性については不利になります。

バーストタイプの催涙スプレー

当店の催涙スプレーはこちら

催涙スプレーに関するコンテンツ

催涙スプレーに関する当店の人気コンテンツです。是非あわせてお読みください。

通販ガイド

LINEチャット問合せ対応を開始しました。お気軽にどうぞ。(ほぼ24時間対応)
LINEチャット問合せ

護身用品

注目

Twitter(店長)
2019.6.8
梅雨が明けたらいよいよアウトドアシーズン本番!皆さん熊・イノシシ対策は万全ですか?⁣

マスコミ実績

フジテレビ THEベストハウス123にKSPが登場
マスコミ掲載紹介

KSPイチオシ

護身用品特集・レビュー

TMMスタンガン完全保証

通販

オススメ

関連コンテンツ