21時間47分以内の注文で明日出荷します

護身用品専門店KSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒)
護身用品専門店

女性・初心者から業務用までフルカバー

当店は本当に使用できる護身用品を責任をもって販売しています

★お知らせ GWのため佐川急便に配達遅延が生じています。ご了承ください。

埼玉県さいたま市大宮区
女性が首切りつけられ死亡 25歳の男を殺人容疑で逮捕 さいたま

女性が首切りつけられ死亡 25歳の男を殺人容疑で逮捕 さいたま

2019年1月23日

23日午後5時55分ごろ、さいたま市大宮区宮町2のビル5階の通路で、埼玉県春日部市、会社員、金井貴美香さん(22)が男に包丁で首などを切りつけられた。金井さんは病院に搬送されたが約1時間後に死亡が確認された。県警大宮署は前橋市、自称同市職員、鳥山裕哉容疑者(25)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、容疑を殺人に切り替えて調べる。

同署によると、鳥山容疑者は「首を刃物で刺したことは間違いない」と容疑を認めている。金井さんは、このビルに入る会社の従業員で、2人は顔見知りとみられる。春日部署には金井さん側から鳥山容疑者についての相談が寄せられており、同署は「女性やご家族の意向を踏まえ、状況に応じて対応していた」と話している。

現場付近を通りかかった50代の女性は「午後6時半ごろ、ビルの前にパトカーと救急車が来て物々しい雰囲気だった。誰かが担架で運ばれた後、ジャケット姿のサラリーマン風の男性が警察官に連れられていった」と話した。現場はJR大宮駅北東約300メートルの繁華街。

出典:毎日新聞

店長コメント

恐らくはストーカー事件か、それに類する事件なのではと思います。

好意でも、執着心でも、憎悪や恨みでも、つきまとったり嫌がらせを繰り返せばストーカーです。

被害者の方は事前に警察に相談したいたという事なので、何らかの被害もしくは恐怖を感じていたのだろうと思います。

警察に相談したことで安心したのでしょうか。しかし日常生活には仕事や学校、家事の買い物などで出歩くことは避けられませんし、警察は相談したところで24時間ずっと一緒にいて守ってくれるわけでもありません。

確かに今回のように、相談を受けていたにも関わらず事件を防げなかった警察には大きな責任があります。しかし誰にどのような責任や役割があろうとも、それを論じる前に事件を防げなかったことをよく考えなければなりません。

もしも危険な目に遭った時には110番で通報する。それは当然ですが、それで安心ではありません。まずは目の前にいる暴漢から自分を守ることが最優先であり、それが出来るのは自分だけです。

今回の被害者がもし催涙スプレーを持っていたら、そして職場や自宅から出る時は常に周囲に気を配り、警戒し、いつでも催涙スプレーを使える準備をしていたなら、事件の結果は違ったものになったかもしれません。

あくまで可能性の話になってしまいますが、安全とは危険を防ぐ可能性の積み重ねであることも事実です。特にストーカーの被害を感じている方は、警察に相談したから解決したなどと油断せず、現実的な安全対策もよく考えるようにしてください。

女性の防犯に関するコンテンツ

女性の防犯に関する当店のオリジナルコンテンツです。あわせてご覧ください。