防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)

0
ログイン 新規会員登録

KSP会員になるとポイントが貯まります

防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)
日本護身用品協会加盟

おかげさまで13周年・全品在庫・即日発送  公官庁/警察/自衛隊/学校/教育機関/各種団体納入店

[商品カテゴリ] スタンガン催涙スプレー特殊警棒防弾・防刃チョッキ防犯盾金属探知器セット商品商品一覧 [商品カテゴリ]

当店はテレビ放送されました/フジテレビ「坂上ジュニアの日本アブナいいね!大賞」大賞受賞/フジテレビ「本当に使用できる護身用品の専門店」全国放送 >> 他出演多数

注目の最新型スタンガン S-315 S-314 S-170 S-171 S-365

兵庫県洲本市
<淡路島5人刺殺>早朝の凶刃、静かな山里動揺

<淡路島5人刺殺>早朝の凶刃、静かな山里動揺

2015年3月9日

兵庫県淡路島の洲本市の山間部で9日早朝、5人の男女が刺殺される事件が起きた。田畑が広がる山あいに住宅が点在する静かな地域で凶行は突然起きた。「こんな事件が起きるような場所じゃない」。付近の住民たちは動揺を隠せない。

「お父さんが刺された」。この日朝、死亡したとみられる平野浩之さんの家族が、近くの女性宅に興奮した様子で駆け込んだ。「すぐに来て」との110番通報を受け、県警洲本署員が駆けつけると、浩之さん宅の玄関先に男性が血まみれで倒れていた。室内には女性2人も倒れていた。近くにいた無職、平野達彦容疑者(40)が刺したことを署員に認めたため現行犯逮捕された。衣服には血痕が付いていたが、淡々とした様子だったという。また、すぐ近くの別の民家で80歳代ぐらいの男女が死亡しているのも見つかった。

近所の人によると平野容疑者は中学校を卒業後、自宅に引きこもりがちだったという。

浩之さん宅の周囲に規制線が張られ、玄関先にはブルーシートが敷かれた。数人の捜査員が周辺を調べるなど、現場はものものしい雰囲気に包まれた。

近所の住民によると、浩之さんは母親と妻娘との4人暮らしで、家族は仲が良かったという。浩之さんを知る自営業の男性(72)は「(浩之さんは)頭が良く、町内の世話をしてくれる優しい人だ。何があったか分からないが、心配で仕方がない」と話す。浩之さんは町内会の役員も務めており、昨年11月には田畑をイノシシから守る柵を作った。別の農業の男性は「トラブルとは無縁の人で、事件に巻き込まれたなんて信じられない」と不安そうだった。

現場から約1キロ離れた市立中川原小では授業を中断して児童38人を一時音楽室に集めて待機させた。森田恵子校長(53)は、「下校時に親に付き添ってもらうことにした。子供たちが不安にならないように対応したい」と話した。同小近くの市立中川原保育所の所長(60)は「事件の知らせを聞き、保育所に鍵をかけて子供91人を待機させた。のどかな田舎町で複数の人が刺されるような事件が起きて驚いている」と話していた。

自宅・強盗対策に関するコンテンツ

保育施設に関するコンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加