実話!空き巣との遭遇という現実


お客様が自宅内で空き巣と遭遇したというお話を伺いました。(住人がいたので空き巣というより結果的には物盗りですが)

当店のお客様の中でも比較的多い空き巣被害。

空き巣とは無人の住居に不法侵入して物を盗る犯罪です。

そういった意味で空き巣は犯行時「住人がいない」事で成り立ちます。

なぜ空き巣被害に遭った方々が護身用品のKSPに興味を持つのか?

意外かもしれませんが空き巣に遭った方が口をそろえて言うのが

「家にいない時でよかった!」

なのです。

空き巣ですから当然ながら現金や貴重品を盗まれます。それに加えガラスや鍵を壊されてその修理など 相当な経済的な負担がかかります。

それはもう悔しいですよね。私も車上荒らしでカーナビ盗難に遭った事があるのでわかります。自分がせっかく頑張って買ったもの、稼いだお金や財産を泥棒に持っていかれる。とても納得できるものではありません。

でも被害者の方はほぼ全員が「家にいなくて良かった」というのです。

経済的損失はありますが、何かの間違えではち合わせしなくて良かったと。

空き巣犯は万が一に備え凶器を持っているかもしれません。殺意すら否定できません。口封じとして僅かなお金のために殺人が起こる世の中です。空き巣とバッタリ対面してしまったら強盗化する可能性は大いにあります。逆に対面したから無条件に降伏する空き巣なんているのでしょうか。

2階で就寝中に物音に気付き、1階で空き巣と遭遇、空き巣は居直り強盗となりロープやテープで縛られてキャッシュカードの暗証番号や金庫の番号まで 聞き出されるといった事件も起こっています。

空き巣が素顔を見られたら証拠隠滅のために目撃者を・・・ という可能性もゼロではありません。大いに起こりえます。

【お客様から聞いた被害例】

お客様の自宅はマンションでベランダが外階段と近かった。ベランダの窓のカギをかけずに就寝。ご家族(奥様と小さなお子様)全員でリビング横の和室で寝てたそうです。ご主人が深夜に気配で目覚めリビングに目をやると扉の開き方に違和感を感じた。不審に感じリビングに行くと突然物盗りと遭遇。激高したご主人が大声を出すと物盗りはベランダから逃走。追ったが取り逃がした。調べると就寝場所のそばの財布から現金が抜かれていた。

このお話を聞いて私の口から出た第一声も「ご無事でなにより・・・」でした。

そして被害に遭われたお客様の心配も「もし家が女房や子供だけだったら・・・」です。

お客様はセキュリティ会社の警報装置を付けたそうです。でも通報から駆けつけるまで10分以上かかると言われたそうです。

今回の担当刑事にイロイロ話を聞いたそうですが、そのベテラン刑事さんも 警察への通報から到着まで10分かかると言っているそうです。

警備会社も警察も通報から到着まで10分かかる

そして刑事さんはこうも言っていたそうです。

現場の事件のほとんどは発生から10分以内に犯行が終わっているのが現実です。

そう、警備会社も警察も危険なその時に間に合わないのです。

さらに刑事さんは

万が一の時にその場で自分を守る方法が必要です

とも言っていたそうです。

それらの事を総合してお客様は護身用品を考えるに至ったのです。

万が一の時に自分だけの力で自分の身を守る。それが護身用品です。

護身とは失敗の許されない一度きりの反撃。

もし不幸にも犯人とばったり合ってしまった時、自分や家族の身を守るのは 防犯カメラでも高性能なカギでも警備会社や警察でもありません。

唯一「信頼のおける本物の護身用品」だけが私たちを救ってくれるのです。

 

 

追記

よく護身用品を使用して犯人を捕まえてやるという過激な方がおられます。これは絶対にやめて下さい。護身用品は自分の身を守り、安全な場所に逃げる時間をかぜぐためのものです。

最大限の圧倒的な反撃を行い、すぐに逃げる。

この事を徹底して下さい。

逃げる事は恥でもなんでもありません。

先述の刑事さんも、

一人で犯人一人を捕まえる事なんて警察官であっても簡単な事ではない、ほとんど不可能に近い、 絶対に捕まえようなどと思わないように。

ときつく言われていたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です