メールの件名に付いた”[Virus Error] “(ついでにウイルス感染予防の簡単な方法2つ)


KSPでは、ホームページからの注文をサーバーからメールで通知をうけてますが、今日の注文メールの中に、件名の先頭に[Virus Error]と挿入されたものがありました。Virus Errorとは直訳するとウイルスエラー。そうあの怖いウイルスでエラーだよってことみたい。

つい数日前まで新しいPC乗っ取り型ウイルスが世間を騒がせていたし、でもKSPのホームページのサーバーから自動送信されるメールにウイルスなんか付いているわけないし、とても不思議。

そこで、その理由を探してみたけどほぼ情報がない状態で、その中で唯一の情報は海外のページでした。

その内容を見てみると、どうやらappleのサポート系ページらしい。読み進めていくと、

  • 政府機関から来たメールの件名にも[Virus Error]が挿入されていた
  • amazonで買い物をしたらamazonから来たメールの件名に[Virus Error]が挿入されていた
  • [Virus Error]の件名への挿入はicloudメール(appleのメールサービス)の機能らしい
  • appleに問い合わせたが「心配し過ぎなくて良い」という回答だった

などなど・・多少の情報は得られました。

皆さんのメール、特にiPhoneやmacで使用しているドメインが「me.com」や「icloud.com」のメールはいかがですか?これらのメールはicloudメールサーバーを経由してるから、もしかしたらしばらくの間はappleのウイルス判定の誤動作で[Virus Error]という文字がメール件名に挿入されてくるかもです。

この[Virus Error]を消したり、このメールはウイルスではないと設定して今後は表示されないようにしたり、そういった手段は今のところ無いようです。少なくとも当店からのメールについては、ウイルスの心配は一切ありませんのでご安心くださいね。

ではではここで最後に、もはや常識ともいえるウイルスメールに感染しないとっておきの方法を。知っている人は「当たり前だろ(笑)」って笑わず優しい眼差しで読んでください。だって未だにウイルスに感染しては情報を漏らしてしまう官公庁や企業が多過ぎなので(苦笑)

 

メールウイルスに感染しないコツ

1、メールに添付されている添付ファイルは安全でない限り開かない

2、メール本文にある不審なURLは開かない

以上、この2つ。なんて簡単。これがなんで出来ないのか逆に不思議。

1の添付ファイルについて

拡張子が.exeのファイル(インストールなど単体で実行するwindows用のファイルは拡張子がexe)は十分に警戒してください。というか、今どきexeファイルを添付してくるなんて、自分がウイルスメールだってことを宣伝しているようなもの。ほぼ「開かない」の対処でOKです。なお、添付ファイルさえ開かなければメールを開いたところで問題はありません。さっさとゴミ箱にポイしましょう。

もう一つ注意なのは.xlsなどのExcelファイルですね。こちらは開こうとするとExcelが起動してファイルを開こうとしますが、問題なのはExcelファイルに仕込まれたマクロというプログラム機能。ただし、Excelもバカではないのでマクロを含むExcelファイルを開くときは「マクロを含んだファイルだけど本当に開いていい?」って聞いてくれるから、そこでOKを押さなければ大丈夫。なのでこちらもよほど安全が確認できないかぎりゴミ箱にポイしましょう。

2の不審なURLについて

そもそも身に覚えのないメールが送られてくる場合、そのメールには良くない意図が必ずあると思ってください。友達を装ったり(携帯無くしちゃってメアド変えたんだっ。連絡先登録してね♪みたいな怪しすぎるメール)、さも本物っぽい件名と本文(あなたの銀行口座から出金がありました、至急ご確認ください。などなど)で、銀行や大手企業に成りすます場合もあります。こういったメールの最大の目的は、悪意をもったサイトを開かせること。なので本文のどこかに必ずここをクリックしろみたいなリンクがあります。それを絶対に開かないこと。メール内のリンクURLはインターネット上のWEBページ内リンクのように誰かが責任を持って表示しているものではありません。そのことを忘れずに、開く必要があるときはURLをしっかりと読み、調べ、信頼できると確信できるまで開かないようにしましょう。特に、来る予定もないメールであり、差出人も記憶になく、リンクを促すような内容の場合は、詳しい知人に相談するかゴミ箱にポイしてください。

ウイルスは恐れず冷静に、そして基本はゴミ箱にポイ

ウイルスという言葉と怖さばかりが先行し、インターネットに不慣れな方にとっては神経質になってしまう世の中です。特にmacと違ってwindowsは攻撃するウイルスが桁違いに多く、大変だと思います。ウイルス対策ソフトなど自動的に守ってくれる対策も、windowsマシンには必須です。

でも、実際問題として一番多い感染経路は、ユーザーが自分の指でマウスのボタンを押し、何かを開き、自ら感染してしまうという行動です。そういったトラブルを避けるためには先ほどの2つの対策が効果てきめんです。

さあ皆さん、ウイルスを怖がりすぎず、世界一楽しく便利なインターネットを存分に活用しましょう。そして、「あれ?と思ったらゴミ箱にポイ」だけは決して忘れず記憶の隅に置いておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です