防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)

0
ログイン 新規会員登録

KSP会員になるとポイントが貯まります

防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)
日本護身用品協会加盟

おかげさまで13周年・全品在庫・即日発送  公官庁/警察/自衛隊/学校/教育機関/各種団体納入店

[商品カテゴリ] スタンガン催涙スプレー特殊警棒防弾・防刃チョッキ防犯盾金属探知器セット商品商品一覧 [商品カテゴリ]

当店はテレビ放送されました/フジテレビ「坂上ジュニアの日本アブナいいね!大賞」大賞受賞/フジテレビ「本当に使用できる護身用品の専門店」全国放送 >> 他出演多数

注目の最新型スタンガン S-315 S-314 S-170 S-171 S-365

特殊警棒の素材と4140鋼(4140スチール)

よく耳にする特殊警棒の素材、4140鋼について解説。

関連コンテンツ:特殊警棒

4140スチールは固すぎて粘りがなく、打撃用途には向いていない素材です。「折れた」「ヒビが入った」という報告を複数受けていますのでご注意ください。

特殊警棒の材質と性能

特殊警棒

特殊警棒の素材は特殊警棒の強度(性能)を決定づける大切な要素です。

一般的な特殊警棒は「スチール製」や「鉄製」と呼ばれています。それに対して強度の高い特殊警棒には新素材の「4135鋼(4135カーボンスチール)」や、「4140鋼(4140スチール)」と呼ばれる材質のものがあります。

本ページでは、その中の「4140鋼」について詳しく解説します。

新素材4135カーボンスチールについてはこちらをご覧ください。

4140鋼とは

4140鋼とは正式には Alloy Steel AISI 4140 の事を指します。

AISIとはAmerican Iron and Steel Instituteの略で、米鉄鋼協会の事です。

AISI4140はアメリカ鉄鋼協会の規格に準じた鋼材材質の呼び名であり、鋼材はこれらの番号によって構成元となる元素の種類や量に違いがあり、鋼材の特性(曲げ強度や粘り、しなやかさなど)を決定付けます。

アメリカ鉄鋼協会番号のAISI4140は、JIS(日本工業規格)ではSCM440に該当します。

(JIS規格 クロムモリブデン鋼鋼材 JIS G4105 (1979))

鋼について

鉄の事をスチールと呼びますが、これらは鉄と炭素の合金です。炭素の含有量によって性質が変わるのを利用して、様々な用途に使用されています。

さらに必要に応じてニッケル、クロム、モリブデン、マンガン、などを添加し、性質を変えて利用しています。

SCM440(4140鋼)について

クロムモリブデン鋼であるSCM440(4140鋼)は、C(炭素)0.40%とCr(クロム)0.95%で構成された合金です。

C:炭素

炭素はカートネーションして巨大分子を作ります。この炭素同士の結合力が炭素繊維などに応用されます。

Cr:クロム

単体は黒っぽい金属。クロムを含む鋼は耐食性がよく、ステンレス鋼として使います。

SCM440(4140鋼)は強靭鋼で、特に引っ張り強さがあります。焼きいれ性が良く焼き戻しに対する抵抗も大きなため、強靭性が得られるという特性を持つ合金です。強度が必要な建物の骨組みなどに使用されます。

「あまりの硬さに切削できず、なげだした」という逸話があるほど固い素材です。

SCM440(4140鋼)と特殊警棒

これらの事からSCM440(4140鋼)は硬度が高い金属材料であると言えます。

【注意】4140鋼は固過ぎて破損に繋がるケースもあり注意が必要

特殊警棒の素材として重要視されるのは素材の強度だけではありません。固すぎる素材は弾力性を失うため、割れや折れが発生する確率が高くなります。4140鋼はこういった固すぎるために壊れる代表的な素材です。結果的に特殊警棒には向いてないと言えます。

4140鋼は実例として「叩いたら曲がらなかったがヒビが入った」「折れてしまった」という報告が極端に多い素材です。

そもそも叩くといった衝撃に弱い特性が強いので避けた方が良いでしょう。

特殊警棒に最も適している素材は4135カーボンスチール

瞬間的に大きな力がかかる特殊警棒には、耐衝撃性も考慮した素材が必要です。瞬間的な衝撃を弾力で吸収し、折れや曲がりを防ぐ素材です。この条件を最も高い次元で達成しているのが当店が推奨している4135カーボンスチールです。

4135カーボンスチールについて詳しくはこちらをご覧ください。

特殊警棒に関するコンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加