1日と17時間42分以内の注文で3月25日に出荷します

護身用品専門店KSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒)
護身用品専門店

女性・初心者から業務用までフルカバー

当店は本当に使用できる護身用品を責任をもって販売しています

東京都江東区
事件前に金があるか聞く電話 東京・江東区 女性殺害

事件前に金があるか聞く電話 東京・江東区 女性殺害

2019年3月1日

東京・江東区のマンションで2月28日、80歳の女性が体を縛られ死亡した強盗致死事件で、2019年、渋谷区内で相次いだ強盗事件と同じく、事件前に金の所在を尋ねる電話がかかってきたとみられ、警視庁は同一グループの犯行の可能性があるとみて調べている。

江東区東陽のマンションで2月28日午後、加藤邦子さん(80)が、両手両足や口元を粘着テープやラップのようなもので巻かれ、死亡しているのが見つかり、室内は物色されていた。

その後の調べで、事件の2週間ほど前に、加藤さんが、知人に「家にお金はありますかという不審な電話がかかってきた」と話していたことが新たにわかった。

「今、車を調べていると、シルバーの」

マンションの防犯カメラには、3人組がマンションに入り、およそ30分後に軽自動車で逃走する様子が映っていた。

軽自動車は所沢ナンバーで、通行記録などから、2019年1月と2月に渋谷区で相次いだ緊縛強盗の犯人グループが、2月28日の事件にも関与した可能性があることがわかった。

いずれの事件も高齢者を狙って体を縛り、現金を奪うなどしていて、事件前には、被害者に「アポ電」といわれる、資産状況を確認する不審な電話があったという。

警視庁は、一連の事件の関連を調べている。

出典:FNN PRIME

店長コメント

80歳という高齢の方が体を縛られ死亡するという大変痛ましい事件です。どうやら今年1月から連続している緊縛強盗グループの犯行ではないかという見方が濃厚のようです。

オレオレ詐欺のような迷惑電話が、とうとう凶悪な犯罪に利用されるようになりました。高齢者を中心に被害が多いオレオレ詐欺ですが、現金をだまし取られるだけでなく、実際に襲われ金品を奪われるというように、犯行はさらに凶悪になっています。

高齢者だけでなく全ての皆さんは、資金を聞かれるような電話にはくれぐれも気を付けてください。また、電話では相手の本人確認が何よりも大切です。声や話しぶりだけで判断せず、どんなに身近な人だろうとも一度疑ってみることが必要です。

電話である以上、相手の顔は見えません。身近な人だという思い込みで間違えることだってあり得ます。電話では資産、住所、名前などの個人情報は基本的に言わないくらいの徹底をしたほうが無難です。

詐欺電話は子どもを名乗る、窮地に陥ったようなふりをする、風邪などの口実で声が違うなどと言う、などなど、工夫を凝らして騙してきます。また、子どもや親戚を名乗るだけでなく、役所の職員や警察官を名乗ったり、弁護士、銀行員、宅配便などあらゆる身分を名乗り、複数が役割を演じて計画的に騙してきます。絶対に騙されないように、そしてこちらからは絶対に個人情報を伝えないように気を付けてください。

家は必ずドアも窓も施錠するようにして、ドアには同時にドアチェーンもかけるようにしてください。そしてもし訪問者があった場合には、安全が確認できるまで絶対にドアチェーンを外さないこと。とにかく絶対に家へ侵入させないように気を付けてください。さらに万一の時にはすぐに通報できるように普段からよく考えてイメージしておくようにしてください。

自宅・強盗対策に関するコンテンツ

自宅の防犯に関する当店のオリジナルコンテンツです。あわせてご覧ください。

保育施設に関するコンテンツ