11時間59分以内の注文で本日出荷します

護身用品専門店KSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒)
護身用品専門店

女性・初心者から業務用までフルカバー

当店は本当に使用できる護身用品を責任をもって販売しています

大阪府吹田市
警察官が男に刺され重傷「拳銃を奪われた」 大阪・吹田

警察官が男に刺され重傷「拳銃を奪われた」 大阪・吹田

2019年6月16日

16日午前5時40分ごろ、大阪府吹田市千里山霧が丘の吹田警察署千里山交番前の路上で、通りかかった男性から「警察官が血を流して倒れている」と110番通報があった。

吹田署によると、血を流して倒れていたのは交番に勤務する男性巡査(26)。病院に搬送されたが重傷という。巡査は搬送前、「男に刺され、拳銃を奪われた」と話したといい、強盗殺人未遂容疑で捜査している。

出典:朝日新聞デジタル

大阪・吹田市の警察官襲撃、33歳の男を逮捕

2019年6月17日

大阪府吹田市で警察官が刺され拳銃が奪われた事件で、警察は33歳の男を強盗殺人未遂の疑いで逮捕しました。

大阪府警によりますと、全国に指名手配していた住所不定、職業不詳の飯森裕次郎容疑者(33)を午前6時34分に逮捕したということです。

警察によりますと、飯森容疑者は16日午前5時半すぎ、吹田市の千里山交番の前で古瀬鈴之佑巡査(26)の胸などを包丁で刺して殺害しようとし、実弾5発が入った拳銃を奪った疑いが持たれています。古瀬巡査は意識不明の重体です。

交番の防犯カメラには事件のおよそ1時間以上前から飯森容疑者が周辺を徘徊する様子が映っていました。警察は飯森容疑者を強盗殺人未遂の疑いで逮捕したということです。

出典:TBS NEWS

店長コメント

またもや発生した交番襲撃事件です。ただ、今回は交番の外で行われた犯行であり、交番自体を襲撃していない点からも単純な交番襲撃とは違う可能性もあります。そして犯人は防刃ベストを装備していた警官の、防刃ベストでカバーできていない部位を包丁で切りつけたという情報もあります。警察官の装備と、それを回避する攻撃方法まで考慮しての犯行ならば、本当に恐ろしい事件です。

犯人は犯行後、拳銃を強奪して逃走しました。一晩経ち、だれも被害を受けぬまま逮捕されたことだけは朗報と言えます。刃物を持ち、拳銃を所持したまま通り魔のような事件に発展せず幸いでした。

それにしても警察官の拳銃は、所持するのであれば奪われ防止対策をもっと徹底して欲しいものです。何かしらの認証機能で、警官の本人しか使えないようにするとか、良い方法はないものでしょうか。このように襲撃され、拳銃が犯人の手に渡ると非常に危険な武器となるのは明白です。今回被害に遭われた警官の方には落ち度はありません。もっと根本的な問題として、警官の拳銃は奪われることを前提として運用の安全性を見直すことを希望します。


関連するコンテンツ