11時間5分以内の注文で本日出荷します

護身用品専門店KSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒)
護身用品専門店

女性・初心者から業務用までフルカバー

当店は本当に使用できる護身用品を責任をもって販売しています

★当店はカード払い5%ポイント還元に対応しています。

京都府宇治市
京都アニメ放火、33人死亡 41歳男「ガソリンまく」

京都アニメ放火、33人死亡 41歳男「ガソリンまく」

2019年7月19日

18日午前10時半ごろ、アニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市)の京都市伏見区桃山町因幡にあるスタジオから出火、3階建ての建物が燃えた。京都市消防局によると、33人の死亡を確認した。府警は顔や胸の付近にやけどを負い病院に搬送された男の身柄を確保。運転免許証などから関東在住の41歳で「ガソリンのような液体をまき、火を付けた」という趣旨の話をしており、放火殺人事件として調べている。警察庁によると、放火事件の犠牲者数としては平成以降、最悪という。

男は「死ね」と叫びながら放火したとの目撃情報があり、府警は現場からハンマーと包丁数本を発見。ガソリンを運んだとみられる携行缶も見つかった。

出火時、スタジオには従業員ら約70人がいたとみられる。確保された男を含め負傷者36人が搬送され、うち重傷は10人。死者は音声収録室がある1階で2人、2階で11人、3階と屋上への階段で20人が見つかった。3階建て約690平方メートルが燃え、出火から約5時間後に鎮圧状態になった。

府警によると、現場近くのガソリンスタンドに18日午前、携行缶を持ってガソリンを買いに来た男がいたとの情報があり、関連を調べている。男が逃げ込んだ住宅の女性によると「多目的ライターを使った」と警察官に説明したという。

現場は京阪宇治線六地蔵駅のすぐ北の住宅街。京都アニメーションによると、燃えたのはアニメ制作現場の第1スタジオ。八田英明社長は本社前で取材に応じ「断腸の思い。(確保された男に対し)暴力に訴えて何になるのか」と話した。

出典:CHUNICHI WEB

店長コメント

平成以降最悪の犠牲者数を出した今回の事件、第一報では耳を疑いました。放火は重い無差別殺人です。どのような理由があっても決して正当化されることはありません。多くの人がいる建物の1階でガソリンを撒き火を点けるなど言語道断です。

容疑者は何らかの逆恨み、又は精神疾患ではないかと推測されています。今回のような事件を防ぐ手立てはあったのでしょうか。

ガソリンにしても、包丁にしても、自動車にしても、殺人に使用される凶器は普段私たちの生活の一部になっているごくありふれたものです。異常者が凶器として使用を考えたとしても、入手はたやすいと言えます。特別なものではない、ありふれた物を凶器にされることこそ最も防ぐのが困難な事例です。

少なくとも、今回の事件では容疑者は容易に建物内へ侵入しています。正面玄関からそのまま入って行ったとみられ、そこに障壁は何もなかったのではなかと思われます。

あらゆる危険を完璧に防ぐ対策は現実的ではありません。しかし建物の入り口に警備を置き、人の出入りをチェックする体制を敷くだけでも今回の事件は、もしかしたら別の結果になっていたかもしれません。警備に人員を割かずとも、出入り口の入退室にカードや番号が必要なドアにするだけで、自由に出入りできるドアと比べると格段に安全性が高まることは事実です。

起きた事件の時間を巻き戻すことはできません。しかし事件を教訓とすることは出来ます。建物の防犯としてはまず、人の出入りの部分で一歩進んだ安全対策を行うことも大切なのではないでしょうか。

店舗・強盗対策に関するコンテンツ