発送ガイド 1日と9時間38分以内の注文で明日出荷します

護身用品大型専門店 創業14周年 全国通販 電話24時間対応 TV全国放送多数出演 公官庁/警察/自衛隊納入店 カードOK

防犯グッズ・護身用品のKSP(スタンガン・催涙スプレー・特殊警棒他)
日本護身用品協会加盟

おかげさまで14周年・全品在庫・即日発送・公官庁/警察/自衛隊/学校/教育機関/各種団体納入店

★TV全国放送 「坂上ジュニアの日本アブナいいね!大賞」大賞受賞 「ベストハウス123」本当に使える護身用品の専門店として選ばれました その他TV多数出演

西日本豪雨災害で配達遅延の可能性があります。予めご了承ください。

防犯・護身用語 - 軽犯罪法

用語

軽犯罪法

解説

軽犯罪法とは、護身用品と密接に関わる法律です。
この法律で、一般的にどのような物を持ち歩いたらいけないのかを定義しています。

軽犯罪法の中で護身用品の携帯に関する部分を抜粋すると、以下のように定義されています。

軽犯罪法 第1条
 左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は料に処する。

 正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、
又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を
隠して携帯していた者

護身用品の携帯と軽犯罪法の関係は微妙です。
その場所の状況(空港など)での携帯はやはり問題となりますが、暗い夜道を通るからと携帯していても、それを咎められる事はまずありません。

関連する項目